複合商業施設:弘前のジョッパル、経済界有志が新会社 13年春、複合施設に /青森

運営する第三セクターの経営破綻(はたん)で09年10月に閉鎖された弘前市駅前町の複合商業施設「ジョッパル」を巡り、同市内の経済界有志が30日、営業再開を目指す新会社を設立し、施設の再生計画を発表した。今後、債権回収会社と交渉を進めて施設を取得し、映画館などが入った複合商業施設として13年春にオープンさせたいという。
 
新会社は「マイタウンひろさき」と命名され、弘前商工会議所と市内の企業経営者ら十数人が出資して同日設立された。社長には、出資者の一人で弘果弘前中央青果の大中忠社長が就任した。
 
同日会見して計画を発表。映画館のほか、ゲームセンターやスーパーなどのテナントを誘致し、幅広い世代が楽しめる施設を目指すという。総事業費は約20億円で、国の補助金などの活用を検討している。また、市にも何らかの形での支援を打診している。
 
施設は、地上7階、地下1階の弘前駅前地区再開発ビル。テナントの中核だったダイエーが05年に撤退して経営が悪化し、運営する第三セクター「弘前再開発ビル」が経営破綻して09年10月に閉鎖された。昨年、競売が行われたが不調に終わっていた。

編集後記
グローバル化とIT革命で進む世界経済の統合と国内経済の分断。経済の性格は根本的に変わった!!従来理論では政策、景気観測など全てを間違える。

【送料無料】虚構の景気回復


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。