著者に無断で電子書籍化200点 三一書房が販売委託

創業60年を超す東京の出版社、三一書房の前経営者が、著者の許可を得ぬまま、200点以上の作品を電子書籍向けに提供していたことがわかった。大手の電子書籍販売サイトで半年以上にわたり販売されていた。書籍の電子化でコンテンツ獲得競争が熱を帯びるなか、出版業界の古い体質のほころびが露呈した。

三一書房の関係者らによると、同社の岡部清・前代表は昨年9月、凸版印刷子会社のデジブックジャパン(東京)に対し、三一から出版された本を電子書籍化し、販売を委託する覚書を交わした。

だが、その約230点の書籍の大半で、著者の承諾が得られていなかったという。シャープなどが運営していた「ツタヤ・ガラパゴス」(現「ガラパゴス・ストア」)では昨年12月から、ソニー運営の「リーダーストア」では今年春ごろから、これらの未承諾の電子書籍が販売されており、9月に停止されるまで約80万円の売り上げがあったという。

編集後記
社長と社員全員が一緒に考える
経営者の仕事は未来を、戦略を考えることだ。しかし「高級路線で差別化」などお題目のような戦略を唱えている会社は多い。
これでは現場がどう動けばいいかわからない。
本書は経営戦略立案の実践で使える戦略ツールを、社長、事業部長、そして将来、経営を担っていくべき人のために体系的にまとめたものである。
今まで、なんだか経営戦略のことがわからなかったという人にもしっかり「腹に落ちる」一冊。

【送料無料】経営戦略立案シナリオ

経営者の仕事は、営業、マーケティング、開発、生産、人事などを俯瞰し、全体最適を考えること。著者が体系化し、現場での実験を重ね、実践で使えるようにした経営戦略の5つの道具「戦略BASiCS」の使い方を解説する。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。