不良債権に押しつぶされた東京都千代田区で不動産賃貸・事務受託の中小企業管理機構

倒産速報です。東京都千代田区で不動産賃貸・事務受託の中小企業管理機構梶i代表者:間渕裕喜)が倒産しました。9月14日に自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けています。負債総額は124億円です。

会社について
中小企業管理機構鰍ヘ、2007年(平成19年)3月設立の不動産賃貸・管理会社。「九段下フィナンシャルビル」「市ヶ谷フィナンシャルビル」「日本橋フィナンシャルビル」を所有し、同所の日本振興銀行鰍ェ主宰する「中小企業振興ネットワーク」傘下の企業などに賃貸していたほか、日本振興銀行から業務委託も受けていた。

倒産の経緯
しかし、2010年9月10日に日本振興銀行鰍ェ民事再生法の適用を申請し、同行に約2500万円、さらに潟堰Eパルレ(2010年10月、民事再生法)にも約240万円の不良債権が発生。債務超過が続いていたため、自力再建を断念、今回の措置となった。

なお、日本振興銀行関連では、潟堰Eパルレ(2010年10月、民事再生法)、中小企業保証機構梶i2010年10月、民事再生法)、カーフートライテック梶i2011年1月、破産)、中小企業信用機構梶i2011年1月、民事再生法)、ターンアラウンド債権回収梶i2011年6月、破産)の倒産に続き6社目となる。

編集後記
アスリート、音楽家、美術家、写真家、落語家、社会活動家、職人、企業家…国内外から様々なジャンルの人が寄稿、自分が変わる99の人生ストーリー。

【送料無料選択可!】100番目のメッセージ 私たちを元気にする先輩からのコトバ (単行本・ムッ...

Allen Miner―親日ベンチャーキャピタリスト
アニャンゴ―世界初女性ニャティティ奏者
秋元祥治―岐阜を元気にする男
雨谷麻世―クリスタル・ヴォイス・ソプラノ歌手
池坊由紀―華道家池坊次期家元
池間哲郎―アジアの子供たちを支える活動家
石山伊佐夫―高校中退でも天性の経営者
市川覺峯―千二百日修行を成し遂げた経営指導者
井上高志―初めてなったリーダーが社長
入住壽彦―ゴールドマン・サックスから起業家に〔ほか〕

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。