「失敗しないように」という指示は、禁句。

リーダーが、部下に指示をするときに、言ってはいけない指示があります。
「失敗しないように」というひと言です。
失敗しないようにというひと言は、失敗を引きおこす魔法のおまじないです。
失敗しないようにという言葉ほど、本人を緊張させる言葉はありません。
失敗しないようにと言われることで、部下は余計に失敗のことばかりを考えてしまいます。

「失敗しないように、失敗しないように」と自分で自分に暗示をかけてしまうことによって「失敗」という文字が頭いっぱいに広がります。
失敗のことばかり考えてしまい、余計に失敗を引きおこしてしまうことになるのです。

そもそも「失敗しないように」という言葉は、成功することを前提にしていません。
リーダーは、失敗しない組織をつくっているのではありません。
成功を前提にした組織をつくっていくのが、リーダーの仕事です。
にもかかわらず「失敗しないように」と指示をするリーダーは、成功ではなく、失敗を前提に考えているリーダーなのです。

では、こういうときにはどのように部下に声をかければいいのでしょう。
「失敗しないように」のかわりに「きっとうまくいく」という言葉をかければいいのです。
「きっとうまくいく」は、成功を前提とした言葉です。
「失敗しないように」の言葉とは違い、うまくいくことを前提にしているため、部下の頭の中では成功のイメージができるのです。
成功したイメージが、部下の行動をより成功へと導いてくれるのです。

部下にうまく仕事をしてもらうための指示は「失敗しないように」ではなく「きっとうまくいく」にすればいいのです。

編集後記
規模の大小を問わず、経営の全責任を負う社長を頂点に、企業は幾つかの部や課などの組織によって構成され、それはさらに社員一人ひとりによって構成されている。
企業の一員として、さらには部の一員、課の一員として組織に生きる社員には如何なる心がまえが必要なのか。
経験浅い新入社員から中堅、幹部社員まで、社員として働く喜びや生きがいをより豊かに味わい、自己の能力を高めるための心得を説く自己啓発書。

【送料無料】社員心得帖


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。