どんなことがあっても首を切らないことで「団結力」が生まれてくる。

松下電器産業の松下幸之助氏は、社員の首は切らないことで有名です。
一度入った社員はとことん教育し、技術とノウハウとスピリッツを惜しみなく与えます。
松下電器産業のために働いてくれる社員を大いに愛し、人を育てるリーダーとして人望を集めます。
そのため幸之助氏は経営者として素質だけでなく、部下を育てる哲学者としてもとても有名です。
幸之助氏の人望は、どんなことがあっても部下の首を切らないことで人望を得てきました。

もし社員ができない人間だからといってすぐに首にしてしまうようでは、ほかの社員はいつもおびえながら仕事をしてしまうことになります。
そうではなくて、できないならできないなりに「なんとかしよう」という姿勢が部下を安心させ、さらにやる気をかきたてます。
そして、首を切らず、みんなで協力してやるからこそ「団結力」が生まれてきます。
この団結力は、首を切ってしまうようでは生まれてこないのです。

失敗しても切り捨てないことで、上司と部下との連帯感が生まれ、信頼できる関係になっていくのです。
たしかに、いらない部下を切り捨て、仕事のできる新しい人と入れかえたいという気持ちもわからないでもありません。
しかし、そんなことをしていると個々の戦力は強くなっても、チーム全体としての戦力や団結力は強くなりません。

リーダーの仕事は「個々の戦力アップ」だけでなく「チームの戦力アップ」を図ることです。
チーム全体の戦力を上げるためには、上司への忠誠心よりも、チーム全体の「団結力」のほうが物を言うのです。

編集後記
ものをつくる前に人をつくる-。松下電器(現パナソニック)の創業者、松下幸之助の経営の神髄とは何か?戦略論、組織論に精通した経営学の第一人者が、様々なエピソードを交えて、松下経営の本質を解明する。

【送料無料】松下幸之助に学ぶ経営学


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。