性格診断よりも、改善策を与える。

世の中には、いろいろな人がいます。
もちろん性格の明るい人もいれば、性格の暗い人もいます。
明るい人間がよく、暗い人間がだめということはありません。
暗い人間は、その人なりの価値観で生きているのです。
リーダーは暗い人に向かって「君、暗いね」と言ってはいけません。
「暗いね」なんて言ってしまうと、余計に部下を暗くさせてしまうだけです。
そして、自分の性格を否定されたと思い、部下は落ち込んでしまいます。
部下を落ち込ませては、リーダー失格です。

リーダーの仕事は、部下に元気を与えることです。
そのためにリーダーは、性格の「改善策」を話すのです。
例えば「君、暗いね」と言うところを、しっかりしたリーダーなら「もっと明るく話そうよ。元気よく電話に出ようよ。大きな声でハイと返事しようよ」と言います。
リーダー自身が元気よく「元気になろうよ」と言います。
それでだめであれば、リーダー自身が元気の手本になって、仕事や人付き合いのやり取りの具体例を見せます。
こうした具体例を、部下は求めているのです。

自分の性格がどうであるかなんて、部下は聞きたくありません。
リーダーの仕事は、部下の性格診断ではないのです。
リーダーは、性格改善の具体例を出す人なのです。

編集後記
「松下電器は人をつくる会社である」「完璧主義では会社も人も成長しない」-松下幸之助の経営哲学、人づくりの秘訣をつかみとれ。できるビシネスマンをめざす人必読の、ひとまわり大きな自分に出会うための書。

【送料無料】松下幸之助の人の動かし方


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。