女性従業員の使い込みで倒産に追い込まれた青森県弘前市の弘南バス生活協同組合

倒産速報です。青森県弘前市で生協の弘南バス生活協同組合(代表者:小山内芳親)が倒産しました。7月20日に破産手続き申請の準備に入っています。負債総額は調査中です。

会社と倒産の経緯
弘南バス生活協同組合では1億数千万円に上る使途不明金により、同生協は7月15日から、組合員から預かった積立金などの払い戻しを停止している。これまでの内部調査で、使途不明金の大半は女性従業員が横領したとみられ、同生協は刑事告訴などを検討している。
 
小山内理事長の説明によると、組合員は弘南バスグループ8社の従業員約800人。食品や灯油などの購買業務のほか、組合員から積立金を預かる貯蓄会業務を行っている。
 
女性従業員は40代後半の経理担当者で、90年から勤務。財務状況が悪化していたため同生協が精査した結果、6月中旬に使途不明金が発覚した。
女性従業員は横領したことを、大筋で認めているという。
組合員に積立金を返還する際、返還請求額より伝票上で水増ししたうえで返還。
水増し分を横領していたとみられ、少なくとも98年ごろから続いていたらしい。
 
同生協は近く組合員向けの説明会を開き、事情を説明する。小山内理事長は「このような事態となり、組合員の方々に大変申し訳なく思っている。
弁護士と相談のうえ破産申し立てを行う」と話している。

編集後記
食品偽装告発の先駆けとなり、このことで返り討ちに遭い壊滅的打撃を受けた西宮冷蔵と、その代表・水谷洋一の壮絶な人間ドラマが遂にNHKテレビドラマになった。その復活への過程をリアルタイムに追ったドキュメント。

【送料無料】西宮冷蔵たったひとりの反乱

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。