富山県富山市で土木工事の轄津組が倒産

倒産速報です。富山県富山市で土木工事の轄津組(代表者:平野専作)が倒産しました。7月20日に事後処理を弁護士に一任して、民事再生法申請の準備に入っています。負債総額は7億円です。

会社と倒産の経緯
昭和29年1月に創業の轄津組は、官庁工事やゼネコンの下請け工事で、以前は20億円近い売上高を計上していたが、官庁工事の減少などで平成23年3月期には8億円台まで漸落していた。
また、受注競争も激しくなり低採算に苛まれ、赤字が続き、今回の事態に至った。

編集後記
借金の底なし沼で知った
生きることへの「夢」とか「希望」とか、そんな言葉が別世界の事柄に感じられるくらい、「人並みのしあわせ」を求める可能性をすべて奪い去ってしまう、膨れ続ける借金という巨大な壁…。自己破産すらできない本当の地獄の底からどう這い上がるか。

【送料無料】お金の味

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。