再建・再起に大きな期待ができる岩手県一関市でコンクリ二次製品製造の利根ジオテック

倒産速報です。岩手県一関市でコンクリ二次製品製造の利根ジオテック梶i代表者:前田光春)が倒産しました。7月20日に民事再生法の適用を申請、保全命令を受けています。負債総額は12億円です。

会社と倒産の経緯
利根ジオテック鰍ヘ、昭和29年8月創業の旧名 岩手ヒューム管工業梶Bヒューム管・パイル・アーチカルバート・道路用コンクリート製品・マンホール・バイコン製品ほか各種コンクリート二次製品の製造販売を行っていた。
しかしながら、同社製品は道路・下水道などのインフラ整備事業にその殆どが使用されるため、国の財政難から官庁工事の大幅減少が続き、その影響を大きく受けてきた。最近では原料高も採算を悪化させていた。
同社の平成22年3月期の売上高は12億4500万円、経常利益は1000万円と僅少、自己資本3億3300万円(内資本金1億7500万円)、自己資本率22.1%。
今回の東日本大震災により、被害の大きな岩手・宮城・福島の各県などは、予定されていた官庁工事の発注が現実できなくなり、同社へは大きなダメージとなった。
コンクリ二次製品会社は敷地広く、設備も必要であり、同社は売上高の減少に伴い、借入過多による負担も大きくなり、今回の事態に至った。
今回の民事再生の申請により、同社は肩の荷が下りたものと思われ、今後急拡大するインフラ整備の震災復興需要により、同社はその受け皿になることから、向こう5年間は安泰であろう。それまでに、利益を溜め込むこと。
なお、同社のメイン銀行の岩手銀行は、同社に対して7億1700万円の不良債権が発生した。但し、同行は全額担保等により保全しているとしている。

編集後記
五輪柔道史上、前人未到の3連覇を成し遂げた野村忠宏。
奔放な発言と、ここぞという場面の勝負強さから「天才」「神技」と呼ばれる野村は、実は臆病で、だから自分自身を追い詰めてきた。
右膝前十字靱帯断裂という柔道家生命の危機を越え、35歳の現在もなお世界の頂を目指す野村が明かす闘い続けられる理由と、折れない心の作り方。
「天才」が「ひとりの正直な男」として努力と涙、生身の自分をさらけ出した初の著作。

【送料無料】折れない心

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。