東京都中央区で不動産開発等の特定目的会社ゴールドは破産

倒産速報です。東京都中央区で不動産開発等の特定目的会社ゴールド(代表者:須貝信)が倒産しました。6月29日に破産手続開始決定を受けています。負債総額は11億3000万円です。

会社と倒産の経緯
特定目的会社ゴールドは平成19年2月に設立された特定目的会社で、東証2部に上場していた潟mエルの出資を得て不動産開発・流動化等の事業を行っていた。
しかし、20年10月30日には潟mエルが破産手続開始を申請。以降も物件売却を進めて全ての保有不動産を売却したが、債務超過となったこと等から今回の措置を取るに至る。

編集後記
固定観念を外せば、見えてくる!
当たり前に売上が半減するような経営環境でも、びくともしない、元気な中小企業はどんな経営をしているか?不景気で、どこの会社もいかに売上を上げるか、最低限の利益を確保するか、資金繰りをつけるかに汲々としている。当座のこの状況をいかに勝ち抜いていくか、そしてどのように体力をつけていくか?

【送料無料】売上が50%ダウンしてもお金が残る経営


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。