チャンスは日常にあふれている。気がつけない自分がいるだけ。

チャンスは、誰にでもやってくるわけではありません。
いえ、正確に言えば、誰にでもやってきてはいるのですが、努力をしていない人は、ほとんどのチャンスに気がつかず通りすぎてしまいます。
ひとつのことに集中している人は、定まった焦点で物事を考えるため、それしか見えてこないようになります。
普通の人が見えない気がつかないチャンスに、気がつけるようになります。
ひとつのことに集中しているため、センスが敏感になり、今までチャンスとは見えなかったチャンスがチャンスとして見えてくるようになるからです。

私は以前、漢字検定の勉強をしていたとき、今までチャンスとして見えてなかったことがチャンスとして見えてくるようになったという不思議な体験をしたことがあります。
漢字検定合格のため、毎日漢字ばかりに集中していると、1日中いつも頭のどこかに漢字のことがあります。
そうすると、レストランでメニューを見たときに「ああ、こんなところにこんな漢字が使われている」と考えてしまうようになります。

駅のポスターで使われている漢字、電車の中の張り紙の漢字、本の中で使われる漢字など、ありとあらゆる漢字に敏感に反応してしまっていた時期がありました。
今まではこんなことありませんでした。

レストランでメニューを見ても、漢字に気を向けたことなどありませんでした。
駅のポスターや電車の張り紙を見ても、使われている漢字に対して深く考えたことはありませんでした。
当然であれば当然です。
しかし、当時は毎日漢字の勉強ばかりしていたため、いつも漢字のことばかり考えており、日常で目にするすべての漢字に対して、敏感に反応してしまうようになっていたのです。
あるとき、気がつきました。
「なんだ。漢字勉強のチャンスは、日常にあふれているではないか!自分はただそれに気がつけなかっただけなんだ!」
ひとつに集中したとき、日常のすべてが、漢字を勉強するチャンスに変わっているのでした。
「ああ、こんなところにも漢字が使われている」
「こんな漢字は見たことないぞ」
「この漢字はなんて読むのだろう」
生活全体が漢字勉強の教科書になります。
今までは何気に通りすぎていた漢字に対して敏感に反応してしまうようになり、ごく当たり前の日常が、すべて勉強のチャンスへと変わっていたのでした。

なにかひとつに集中したとき、センサーが敏感になり、今まで見えなくて気がつかなかったことに気がつけるようになります。
あなたには、そんな体験ありませんか。
好きなミュージシャンがいると、その人が出ているCMや雑誌、テレビ番組には、敏感になって反応してしまうようになりますよね。
好きな人がいると、その人の行動や発言言まで、敏感に反応したり考えたりするようになりますね。
ひとつのことに集中していると、そのことで頭がいっぱいになります。
日常すべてが、そのフィルターを通して考えてしまうようになるため、今まで見えなかったチャンスに気がつけるようになるのです。

編集後記
改善ゴコロは幸せゴコロ。豊かな人生を築くための「改善」を自分基点で実践し、自分も周りもハッピーな日々を実現できます。

【送料無料選択可!】仕事が楽しくなる!イキイキ「事務改善」 悩んだときこそ改善のチャンス! (...

どんな仕事でも「やらされ仕事」はつまらないし、やりがいも感じないと思います。
それとは反対に主体的にやる仕事は、いろんな発見もあるし、工夫する余地もあるので、面白さが感じられるはずです。
どんな仕事でも「やらされ仕事」はつまらないし、やりがいも感じないと思います。
それとは反対に主体的にやる仕事は、いろんな発見もあるし、工夫する余地もあるので、面白さが感じられるはずです。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。