東京都文京区で医薬品開発受託の東京CRO鰍ェ倒産

倒産速報です。東京都文京区で医薬品開発受託の東京CRO梶i代表清算人:長谷川僚三)が倒産しました。3月17日付で特別清算の開始決定を受けていたことが分かりました負債総額は19億9700万円です。

会社について
東京CROは1996年10月に設立され、医薬品の受託開発や臨床治験、医療コンサルティング事業などを手掛けていた。東商リサーチによると、ピーク時には年商47億2200万円(2008年6月期)を計上していた。

倒産の経緯
しかしその後は、大型受注の減少などで売り上げが急速に落ち込む一方、損益面でも特別損失の計上などで、10年6月期の決算では5億3200万円の債務超過に陥った。その結果、同社は同年9月に株主の日揮へ売却され、12月31日の株主総会の決議により解散した。

編集後記
ダートマス大学の経営学の俊英が、経営者、企業への膨大な聞き取り調査をもとに、「なぜ名経営者がいたのにあの企業は失敗したのか?」という大命題の解を明かす、目からウロコの本格的経営学の書。

【送料無料】名経営者が、なぜ失敗するのか?

アップルコンピュータ、モトローラ、サムソン自動車、イリジウム、ジョンソン&ジョンソン、リーバイ・ストラウス、ボーイング、ダイムラー・クライスラー、RJレイノルズ、マテル、大リーグのボストン・レッドソックス、ソニーそして雪印。
日米欧韓の一流企業が、「名経営者」が指揮していたのに犯してしまった「失敗のケーススタディ」を、当事者に徹底的にインタビュー調査。
緻密な分析で、「名経営者だからこそ」犯しやすい「失敗の原因」を明かす。
ポイントは、名経営者は、名経営者であるがゆえにその時点その時点でパーフェクトな答えを作り出し、そのため急激な環境変化や新規市場参入の際には、結果として「間違った答え」を出してしまうこと。
トップダウン経営によって中間管理職層の弱体化し、企業の機動力や柔軟性が失われがちになること。
具体事例と、明晰な分析、そして鮮やかな処方箋をセットにした「経営者、失敗の研究」の集大成。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。