埼玉県川越市で不動産管理会社の潟Gスケービーと潟Gーエスケーが倒産

倒産速報です。埼玉県川越市で不動産管理会社の潟Gスケービー(代表清算人:木所勝邦)と潟Gーエスケー(代表清算人:木所惠子)が倒産しました。特別清算の開始決定を受けていたことが判明した。負債総額は2社で12億円です。

会社と倒産の経緯について
健康ランドやホテル経営をしていたが、既に行き詰まり事業は譲渡されており、両社は残務整理会社として存在していた。しかしその役目も終わったことから今回の措置となったもの。

編集後記
『現代の経営』などを著し、「マネジメントの父」と称されるP.F.ドラッカーと、「カイゼン」の本家トヨタ自動車。両者の共通項から、成功する企業の基本原則を浮き彫りにする。「環境に適応するのではなく、お客様を創造し続けよ」「仕事をスキルに合わせるのではなく、スキルを仕事に合わせる」など、ドラッカーの理論とトヨタの経営手法は随所に重なる。50年以上前に倒産の危機にひんしたトヨタに、立ち直りのヒントを与えたのが実はドラッカーだったという奇縁のくだりも面白い。

ドラッカーとトヨタ式経営

成功する企業には変わらぬ基本原則がある
マネジメントの父ドラッカーが五〇年前に伝えた「経営の処方箋」と同じことを愚直に続ける企業があった。それがトヨタである。いまや世界一の自動車メーカーに成長したトヨタの経営手法をうまく吸収するには、ドラッカーのマネジメント理論を併せて理解する必要がある。そこからは、成功する企業の基本条件を見出すことができる。


借金問題バッサリ解決

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。