九州・沖縄8県 2010年度上半期の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。九州・沖縄8県 2010年度上半期の倒産状況です。

九州・沖縄の倒産件数 37年ぶり低水準 金融円滑化法など効果
九州・沖縄8県の平成22年度上半期の企業倒産は、430件(負債総額773億8600万円)で、件数は昭和48年上半期(410件)以来の低水準となったことが7日、東京商工リサーチ福岡支社のまとめで分かった。同支社では「昨年12月に施行された金融円滑化法などの効果」と分析している。

前年度上半期との比較では、件数で23・6%、負債総額は52・0%、それぞれ減少した。負債50億円以上の倒産はなかった。

県別にみると、福岡が185件で最多、次いで熊本の48件だった。宮崎、鹿児島は3年連続、他の6県は2年連続で減少した。

業種別では、建設業が162件で、全体の4割近くを占めたが、2年連続で前年同期を下回った。同支社では「公共工事の前倒し発注の恩恵を受けて減少した」とみている。

倒産原因では、販売不振や売掛金が回収できなかった「不況型倒産」が342件と目立つ。全体に占める構成比79・5%は過去最高だった。

今後の見通しについて同支社は、「一層の公共工事減少など、建設業の経営環境は厳しさを増す。倒産件数が上昇に転じる可能性もある」としている。

編集後記
昔、お年寄りが大切にされていた頃は
お年寄りが少なかったんだよ。

大切にされるものというのは
少ないものなんだよ。
多いものは大切にされないんだよ。

 小俣貫太著『時代を読んで「ひとり勝ち」』170頁

斎藤一人さんの言葉ですが、これは斎藤一人さんの弟子小俣和美さんの息子さん小俣貫太さんが書かれた『時代を読んで「ひとり勝ち」』に書かれていた言葉です。

小俣貫太さんは私の想像ですが、小学校の低学年の頃から斎藤一人さんと交流があり、子供のなりに利益などを全く考えずに斎藤一人さんを素直に見たり、話を聞いていたと思います。

小俣貫太さんから見た斎藤一人というのは本当に貴重な感想ではないかと思っているのです。そんな小俣貫太さんが書かれた言葉には、斎藤一人さんの思いと小俣貫太さんが選んで書かれた気持ちが入り交ざっているはずです。

「大切にされるものは少ないものである。」には本当に私の胸にはグザッときましたね。私は商売をやっていますが、どこにでもあるような商品をただ漠然と売っているようない今までだったような気持ちになっています。

たとえ、どこでも売っているような商品であったとしても、付加価値をつけて希少価値のある商品に高めたいと思っているのですね。

たとえば、バナナがありますよね。それほど価値のある商品ではなくなっていますが、バナナの叩き売りの口上を聞きながら購入するとそれなりの付加価値が出てくると思いませんか。

また、バナナを使って見た目にも、食べても美味しい東京バナナというネーミングで売ることによって、爆発的に売れたお菓子もありますよね。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。