テレビ・ラジオ通販などで著名な鰍ヘなまる生活が破産

倒産速報です。大阪府大阪市西区でテレビ・ラジオ通販などで著名な鰍ヘなまる生活(代表者:田中敏貴)が倒産しました。近日中に破産する予定です。負債総額は7億3,946万円です。

会社について
鰍ヘなまる生活はテレビ・ラジオ・新聞・インターネット等を広告媒体とした一般個人向けの通信販売を手掛けるほか、同業他社や雑貨類の販売業者への商材卸を手掛け、業容を年々拡大。当初は新聞紙上での広告掲載による顧客獲得が主体であったが、近時は蟹や鯨ベーコンの扱いを主力としてテレビやラジオでの広告宣伝にも積極的に展開。平成20年10月期に年商25億9706万円を計上していたのに続き、21年10月期では年商34億8934万円にまで業績を伸長させていた。

倒産の経緯
ところが、急拡大する一方で社内の管理体制の不備もあり、22年3月30日に資金ショートが発生。その後も事業を継続し、関係先と業務提携など協議を進めていた模様ながら、7月には仕入先への支払遅延なども発生する中でここへ来て資金繰りも限界に達し、今回の事態となった。

編集後記
「必勝」より「不敗」の構えで会社を存続させろ!
「社員の給料を保証することから始める」「会社を倒産させないことが最大の使命」を土台に、お金・商品・人のリスクマネジメントを大胆に分析・提言します。また、専門のマーケティングを駆使した考え方・ノウハウは、中小企業の社長にとって変化に対応するための有効な方策になります。

何があっても倒産させない社長力
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。