秋田市に本拠を置く屋根工事の「株式会社カナモリ」が倒産

倒産速報です。秋田市に本拠を置く屋根工事の「株式会社カナモリ」は、6月7日付で事業を停止し、近日中にも自己破産を申し立て倒産する見通しが明らかになりました。2009年12月期末時点の負債総額は約6億1800万円。

会社について
1956年に創業の同社は、ビル・店舗・工場・公共施設など大型建築物の金属屋根工事を主力に事業を展開。同業では県内有数の業者として知られ、2007年12月期には約15億円の年間売上を計上するなど業績は順調に推移していました。

失敗しない事業計画の作り方、進め方

倒産の経緯
しかし、景気低迷による建設需要の落ち込みで受注が減少すると、直近の決算では債務超過に転落。設備投資の借入金負担も重荷となり、遂に今回の措置となったようです。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。