福岡県福岡市が出資する第三セクターの不動産開発会社の鞄s市未来ふくおかが倒産

倒産速報です。福岡県福岡市が出資する第三セクターの不動産開発会社の鞄s市未来ふくおか(代表者:小田哲也)が倒産しました。特別清算を申請を予定しています。負債総額は80億円です。

会社について
鞄s市未来ふくおかは、1988年(昭和63年)10月に福岡市の都市再開発事業を目的に設立された、地元企業や大手ゼネコン35社のほか、福岡市も現在1.8%出資している第三セクターの不動産開発会社。福岡都心部の再開発事業の調整役として、土地を先行取得して区画整理して販売する手法をとり、博多区下川端にある複合商業施設「博多リバレイン」の中核施設「スーパーブランドシティ」を運営する(株)エスビーシー(福岡市)の筆頭株主でもあった。

第三セクターと公益事業

倒産の経緯
しかし、バブル期に仕込んだ土地の評価額が大幅に下落して売却損が発生する一方、(株)エスビーシーが2002年12月に特別清算開始決定を受け、債務保証していた同社の借入金約63億円を当社が負担することになった。さらに中央区渡辺通周辺で進めていた土地区画整理事業でも売却損が発生、2009年3月末で約44億8400万円の債務超過に陥ったうえ、年売上高も約1億4800万円にとどまっていた。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。