消費不況による販売の落ち込みと価格競争の激化で倒産した都倉インターナショナル

倒産速報です。神奈川県横浜市に本拠を置く輸入家具販売の「都倉インターナショナル」は、5月20日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

会社について
1989年に設立の同社は、インテリア専門店や大手雑貨店を取引先として北欧モダン家具・雑貨の輸入販売を手掛けるほか、テレビショッピングやインターネット販売にも進出し事業を拡大していました。

倒産の経緯
しかし、消費不況による販売の落ち込みに加え、価格競争の激化により収益が悪化。今後も業績回復が見込めないことから、やむなく今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は債権者約137名に対して約1億9100万円。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。