京都市伏見区の分譲住宅販売・不動産仲介「ハウスプラザ京都」が倒産

倒産速報です。京都市伏見区の分譲住宅販売・不動産仲介「ハウスプラザ京都」は、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。2009年4月期末時点の負債総額は約10億1100万円。

会社について
1994年に創業の同社は、新築分譲住宅の自社ブランド「フェリス」シリーズの販売を展開するほか、不動産の売買および仲介業にも進出し事業を拡大していました。

倒産の経緯
しかし、不動産市況の低迷で住宅販売が落ち込むと、土地取得代金や外注建設費用による借入金が資金繰りを逼迫。昨年12月までに事業を停止し、今回の措置に至ったようです。

倒産に直面したときに、悪化した経営状況を誰にも話すことが出来ない場合があります。そんなときに任意整理等の無料相談を思い出していただけると嬉しいですね。
本来であれば倒産に直面しないほうが良いのですが、もしもと言う場合はあるかも知れません。借金問題等の夜間相談も行っていますので、決して一人で悩まずに新しい展開が開ける解決方法を見つけ出す方法があることを覚えておいて損はないと思いますよ。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。