大幅な購入者不足や地価下落により経営破たんした城南町中央土地区画整理組合

倒産速報です。熊本県下益城郡城南町で区画整理事業を行っていた城南町中央土地区画整理組合が破綻しました。

会社について
当区画整理事業は、熊本市のベッドタウンとして町の中心部を整備するため、同町が計画。城南町の中央部宮地、今吉野両地区29・7ヘクタールを整備する組合。当初計画の総事業費は49億24百万円。町は直接、町の事業とすれば約20億円の財政負担となるが、組合事業にすれば約10億円で済むことなどから、組合事業として開発した経緯がある。
当区画整理事業は、熊本市外の城南町宮地・今吉野地区を整備して売り出すものであった。

倒産の経緯
ところが、地権者の同意も、開発後の所有地が減ることから3割が未同意など、計画は当初から難航。コネ得で補償費なども膨らみ、総事業費は計画より多くなる計算となっている。
開発が唯一地元の活性化との首長の発想がこうした問題を背負ってしまう。これまでの開発で恩恵を受けた土木屋はいるだろうが、よほど社会的なニーズが無い限り、お役人が進んで行うような仕事ではない。

しかし、大幅な購入者不足や地価下落により開発負担を吸収できない状況に追い込まれた。既に城南町が組合に対して運転資金として貸し付けた7億65百万円のうち、6億37百万円が焦げ付いており、返済の目途も立っていない。
そうしたなか、4億50百万円の追加支援の話が持ち上がっていたが、2日に始まった町議会に対して、町長が追加支援の議案書を提出しておらず(反対派議員が多いため)、事実上同組合は破綻状態に陥った。
当然城南町が貸し付けた金額も焦げ付くことになる。(城南町は借金の形に早く当地の不動産を取り上げることである)。

編集後記
これから自分の力で生きていこうと決意した人へ会社を
「夢や目標を持ち、その実現に向かって行動している人」「好きな仕事と『ほどほどの』収入を確保したい人」「自分のスタイルで仕事をしたい人」そんな“ひとり仕事人”は必見の本書。「営業術」から「お金の管理」「健康管理」まで、ひとり仕事人の知恵が満載邇(は)

自分の仕事の進め方、準備の仕方などを見つめなおしたり反省したりできる本です。自営・会社員に限らず、どんな職種に限らずとも一度は読んでおきたい本です。

ひとり仕事術
1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料

この本では、主に個人で仕事をする人(=ひとり仕事人)にとっての「仕事の創り方」「キャリアプランニング」「時間とお金の管理術」「働く環境」などについての具体的な知恵を、現場での生の声をもとにまとめています。もちろん、これらの知恵はいわゆる個人事業主のためだけのものではありません。「組織に頼らず」仕事をしたいと考えている全ての人に応用可能なものです。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。