経営に勝利の方程式を持ち込めなかった潟宴Cフコートの倒産

倒産速報です。東京都千代田区で不動産業を行っていた潟宴Cフコート(代表者:篠原美香経津)が倒産しました。破産手続開始決定を受けていたことが判明した。負債総額は230億円です。

会社について
潟宴Cフコートは、平成8年11月設立、14年7月実質的にスタートした不動産業者。リノベーション、アセットマネジメント等に特色を有し、市況の活性化を背景に商社、金融機関、ベンチャーキャピタル等の出資を受け業況を拡大、平成19年8月期には約157億1,000万円の年売上高を計上していた。

倒産の経緯
同期までは増収増益を続けてきたものの、以降の金融収縮、不動産市況悪化の影響を避け得ず業況は暗転。多忙な繰り回しを強いられる中、ビル管理会社から破産手続を申し立てられるに至っていた。

編集後記
景気の悪化によって倒産するのは当たり前のことだともいえますが、そんな中で頑張るのが経営者の仕事なのですよね。良い刺激を貰える1冊があります。
島田紳助さんの仕事・ビジネスに対する考え方が、色濃く出ていて非常に参考になりました。今までの紳助さんの行動が、著書の中で言われているように行動されているならば、戦略的で戦術にも長けた方だと心底思いました。活躍されていることをみると、内容にも信憑性があるかと思います。

自己プロデュース力
838円 (税込 880 円) 送料無料

初めて明かす成功の秘訣。本当は教えたくない勝利の方程式。
同期には華のある天才・明石家さんま、正統派漫才の第一人者・オール阪神・巨人。僕の人生、「あいつには敵わない」の連続だった。
誰もが驚嘆した死に物狂いの「努力」、あらゆる分野に共通する緻密な「分析」の方法。この世の中はすべて才能。
しかし、努力の仕方さえしればトップに立つことができる。
「あんまり言いたくない『極秘の話』がひとつだけあるんです。…僕もそんなに先が長いわけじゃないし。教えようか」
数々の事業を成功させ、自らのプロデュースで“羞恥心”など、社会現象を巻き起こした島田紳助が、これまでの人生を、勝利の方程式を、惜しまず語り尽した、すべての人たちに贈る、人生論の決定版、遂に刊行!!
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。