借入金に依存しすぎて倒産した不動産業の渇。浜ライフ

倒産速報です。神奈川県横浜市都筑区で不動産業などを行っていた渇。浜ライフ(代表者: 青山正規)が倒産しました。破産手続開始決定を受けています。負債総額は9億円です。

会社について
渇。浜ライフは、平成9年11月に設立された不動産業者。分譲住宅販売、仲介及び付帯する大工、とび・土工工事等を手がけ、平成19年7月期には約7億2,000万円の年売上高を計上していた。
 
倒産の経緯
財務は発展途上にあり借入金と販売用資産が見合いで高止まりとなるなど低調に推移。不動産市況悪化の影響を受ける中、経営体制の変更等も重なるなど多忙な運営となっていた。

倒産から教えられること
借入金に依存した経営は絶対にしないで欲しいですね。中小企業の基本は無借金経営なのです。そこで「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルールがあります。
常に上を目指して目標を高くもって邁進する。それが生きる意味の様に思ってしまったのはいつごろからだろう。でも身体も心も疲弊してしまったら何にもならない。良いんだよそのままで・・そう言ってくれるのがこの本です。ねばならないをやめよう。自分の存在は自分で認めれば良い。そういうことですね。

しがみつかない生き方

平凡で穏やかに暮らせる「ふつうの幸せ」こそ最大の幸福だと、今、人々はやっと気がついた。雇用、医療、介護など社会のセーフティネットは重要だけれど、自分の外に求めるだけでは、人生はいつまでも満たされない。「ふつうの幸せ」を手に入れるには、「私が私が」という自慢競争をやめること。お金、恋愛、子どもにしがみつかないこと。物事の曖昧さ、ムダ、非効率を楽しむこと。そして他人の弱さを受け入れること─脱ひとり勝ち時代の生き方のルールを精神科医が提案。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。