2002年に寿屋が倒産したことによって倒産した多久ショッピングプラザ

倒産速報です。佐賀県多久市でショッピングセンター・コーリーに入居する専門店街の不動産賃貸・管理を行っていた多久ショッピングプラザが倒産しました。破産の予定です。負債総額は3億円です。

会社について
1990年に設立の多久ショッピングプラザは、1992年に多久ショッピングセンター「コーリー」をオープン。ピーク時には約30店舗の専門店が軒を連ねたほか、同建物の共同建築主でもあるスーパー「寿屋」が核テナントとして入居し、同地域では相応の人気を得ていました。

倒産の経緯
2002年に寿屋が民事再生法の適用を申請し撤退すると、その後に入居したスーパー「アーガス」とホームセンター「ナフコ」も今年8月に撤退。核テナントを失った同社は事業継続を諦め、今回の措置に至ったようです。なお、専門店街は営業を続ける予定とのこと。

倒産から教えられること
経営を行っていて、黒字になるか赤字になるかは景気や政治の問題ではなく、経営者の資質の問題なのですね。日々の活動が経営を左右するのです。実は、成功には原則があった!(それも非常にシンプルなものです!)
人生を考えさせられる(多分生き方が変わります)非常に良い本と出合うことができ大変感謝しております。まだ1回半しか読んでませんが、この本に書かれたことを参考に日々実践しています。(まだ反省する点は多いですが)私個人のミッションステートメントを立てたてたり、今後は家族のミッションステートメントを立てる予定です。日々充実した生活を過ごしてください。

7つの習慣
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。