頑張りすぎて倒産した大旺建設関連会社の大旺管財鰍フ倒産

倒産速報です。高知県高知市で不動産管理を行っていた大旺管財鰍ェ倒産しました。特別清算開始決定を受けています。負債総額は78億2,700万円です。

会社について
大旺管財鰍ヘ、1952年(昭和27年)9月に高知港湾(株)の商号で設立された土木工事業者。73年12月に大旺建設(株)に商号変更。官公庁工事を主体に、高知県を中心に全国の土木工事を受注し、2001年3月には会社更生法を申請した多田建設(株)(東京都江東区)を100%出資子会社とすることに決定、同年6月期の年売上高は約575億2900万円を計上していた。

倒産の経緯
粗雑工事などで高知県から指名停止処分を受けるなどで売上高は低迷。さらに子会社に対する多額の貸付金や保証債務を抱えていた上、多田建設(株)との経営統合が進まない中、2005年7月には当社との合併に反対する従業員が同社の2度目の会社更生法を申請するに至り、当社グループから離脱していた。

2006年7月には、メーンバンクから役員の派遣と金融支援を得た再建計画を発表。2007年7月には会社分割を行い、事業を新会社の大旺建設(株)(現:大旺新洋(株))へ移管した上で遊休資産と金融負債の多くを残し、当社は現商号に変更していた。整理回収機構の策定した企業再生スキームにより策定された再生計画書に基づき保有資産の売却を進め、当初は2010年3月をメドに特別清算を申し立てる予定であったが、計画の95%を上回る進捗状況を受け、今年10月31日に株主総会の決議により解散するとともに、登記面住所を高知市から現住所に移していた。

倒産から教えられること
倒産の可能性がある場合には頑張らないことも大切になってきます。IT技術の発展もありますが、営業スタイルは昔とは激変していますよね!とはいえ、お客様を掴むコツは、それほど変わっていないような気がします。
この種の本はある時期よく読ませていただきましたが、大体書かれていることは似たり寄ったり。
しかしながら、この本では、視点がちょっと違っていてちょっと新鮮でしたよ!
直接訪問ではなく、どんどん人が寄ってくるようなセールスマンになりなさいということみたいですね!ちょっと行き詰っている方にはお勧めの1冊です。

訪問しないで3倍売れる!

「売らない」「お客を選ぶ」「外回りしない」「がんばらない」……本書で説く営業で成功する条件は、意外にも従来のセオリーを覆すものばかり。AIGグループのトップ1%であるプラチナエリートの称号をもつ営業の申し子が、日本人の心にフィットする営業バイブルを披露。
根拠のない努力は今すぐやめなさい。営業で成功するための前提条件、それは「がんばらない」こと。「がんばる」と言った瞬間に、あなたの目的が達成できなくなるように、脳はプログラミングされています。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。