穴吹興産、最終赤字3億5900万円 7〜9月、契約戸数は大幅増

倒産速報です。穴吹興産、最終赤字3億5900万円 7〜9月、契約戸数は大幅増
 
マンション分譲の穴吹興産が11日発表した2009年7〜9月期の連結決算は、最終損益が3億5900万円の赤字(前年同期は3億4700万円の赤字)となった。拠点の統廃合などスリム化を進めたが、原材料費の高騰などが利益を押し下げた。ただし契約戸数は前年同期から大きく伸びており、「当社としては最悪期は脱したのではないか」(植田栄正総務部副部長)としている。

 売上高は16%増の113億2800万円。契約戸数が383戸と、前年同期の265戸から4割強伸びたことがけん引した。7〜9月期としては4年ぶりの高水準。

 契約戸数が増えた一方、仕入れ時の土地代や材料価格を反映した売上原価が約93億円と19%増え、営業損益は4億6200万円の赤字(前年同期は3億1100万円の赤字)となった。10年6月期通期の業績予想は純利益が前期比20%減の7億2000万円。

赤字で苦しんでいる経営者にぜひ読んで欲しい1冊があります。鹿児島県の田舎町に日本初の24時間営業大型店を出店し、躍進を続ける「A-Z」。効率を無視したオール品揃え、集客チラシは年3度の催事だけ、マニュアルも社員教育もなし、買物バスの運行、5%キャッシュバックなど、各界から注目を集める「A-Z」の創業者が、不況にも強いユニーク経営の秘密を語る。

利益第二主義

常識外れなのに伸び続けているのはなぜか?効率を無視したオール品揃え、集客チラシは年数回だけ、マニュアルも社員教育もなし…各界から注目を集めるA‐Zの創業者が、不況にも強いユニーク経営の秘密を語る。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。