親会社の倒産による連鎖で破産したシロックス

倒産速報です。大阪府大阪市北区で不動産賃貸を行っていたシロックス鰍ェ倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は22億円です。

会社について
シロックス鰍ヘ元東証一部上場企業で、今年9月1日に破産手続開始決定を受けたシルバーオックス(株)(既報9月4日号、10月9日号ほか)の資産管理会社として発足。グループ内の総務・経理・情報システムといった、バックオフィス業務の事務代行及び物流施設を関連会社に貸し付け賃貸収入を得る形態で、平成15年3月期には年商約6億3600万円を計上していた。

倒産の経緯
親会社の業績不振に伴い、グループの負債圧縮や再建を進めるにあたって千葉県市川市・大阪府大東市の各保有不動産売却を進めるなどして、20年3月期には約8億3000万円の利益を計上していた。しかし今年9月1日、親会社であるシルバーオックス(株)が破産手続開始を申し立てたことで事業継続は困難となり、今回の措置となった。

倒産から教えられること
親会社の倒産による連鎖倒産ですが、同じようなことがいつ自分の身に振りかかってくるかも知れません。
大きな問題でも難しい問題でも、小さく分けて考えれば、必ずとっかかりが見えてきます。世界最高峰の経営コンサルティング会社で教えられている「問題解決」の考え方を、身近なストーリーと素敵なイラストで中高生にもわかるように解説。自分のアタマで考え、行動する力が自然と身につく本を紹介します。1260円になっています。

世界一やさしい問題解決の授業

わかりやすい設定で書かれてありましたが、本質が書いてあるように思いました。この思考法を身につけられたらいいなと思います。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。