9月に始まる“息切れ倒産”と“諦め廃業”

2020年7月28日現在で、感染拡大が止まらない新型コロナウイルス。この3週間で1万人も感染してしまった。国内の感染者は累計3万人を突破している。
再び感染が拡大しはじめたことで、懸念されているのが“倒産”と“失業”の急増だ。9月以降、一気に増える恐れが出ている。

「意外かも知れませんが、4月に非常事態宣言が発令され、景気が悪化したにもかかわらず、企業の倒産件数は4月、5月、6月は低く抑えられていました。
4月743件、5月314件、6月780件。とくに5月は56年ぶりの低水準でした。理由は、裁判所の業務が縮小したことや、政府の資金繰り支援、金融機関がリスケに応じたことなどですが、一番大きいのは、経営者の踏ん張りです。
5月、6月と感染者が大きく減ったことで、先行きに希望を持った経営者も多かった。ところが、今月に入って感染者が急増してしまった。もし、8月も終息しなかったら、心が折れてしまう経営者も出てくるでしょう。観光やレジャーなど、7月、8月が稼ぎ時の業種も多いから痛手は大きい。9月以降“息切れ倒産”と“諦め廃業”が続出する恐れがあります」

2020年の企業の廃業は、5万件を突破する可能性があるという。5万社が廃業したら、十数万人が職を失ってしまう。
「雇用崩壊」は、9月から本格化しかねない。総務省によると5月時点で、423万人が休業者となっている。就業人口6600万人の10%足らずだ。なかには、形式的には“休業扱い”となっているが、実際には企業から退職を迫られているケースもあるとみられている。9月以降、その休業者が失業者となる恐れが高まっている。

「従業員を一時帰休させている企業も、当初は短期間を想定していたはずです。しかし、コロナ禍が半年以上も続き、売り上げも落ち込んだままでは、休ませたまま何カ月間も給料を払えない。休業者が失業者になる可能性は十分あり得ます」

【続報】岡山県真庭市で病院経営の岸本整形外科医院が破産申請

岡山県真庭市で病院経営の岸本整形外科医院は、7月21日に自己破産を申請した。

整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科を診療科目として運営してきたものの、近年は看護師不足に伴う事業縮小や、過去の設備投資に伴う借入金が資金繰りを逼迫したほか、新型コロナウイルス感染症の影響で患者数が減少したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

会社名 岸本整形外科医院
業 種 病院経営
所在地 岡山県真庭市
創 業 昭和40年9月
負債額 3億円

【続報】大阪府大阪市で鉄鋼・同加工品卸の会社が破産

大阪府大阪市で鉄鋼・同加工品卸の(株)KODEN INTERNATIONALは、7月9日に破産手続きの開始決定を受けました。

鉄鋼製品・スクラップの輸出業者として国内企業のほか、中国や韓国、アジア諸国に販路を築いていた。ピーク時の2008年12月期には売上高245億1591万円を計上していたが、以降は市況低迷から減収で推移したうえ、デリバティブ取引の損失処理により2010年12月期に多額の赤字を計上し、債務超過に転落した。
 その後もたびたび赤字を計上し、資金繰りもひっ迫。金融機関に対してリスケジュールを要請し凌いできたが、2017年12月期は売上高37億2678万円に減少し、赤字幅も拡大した。以降も経営改善に至らず、今回の措置となった。

会社名 (株)KODEN INTERNATIONAL
業 種 鉄鋼・同加工品卸
所在地 大阪府大阪市
設 立 平成15年9月
資本金 9000万円
負債額 23億円

富山県高岡市で中古自動車販売のカープラザ富山中央(株)が破産

富山県高岡市で中古自動車販売のカープラザ富山中央(株)は、6月30日までに事業を停止し、自己破産を申請。7月16日に破産手続きの開始決定を受けました。

元富山中央三菱自動車販売(株)。自動車販売や車検整備や修理などを手がけ、以前は17億円以上の売上高を計上していた。
しかし、同業者が乱立し、競争激化から同社の売上高の減少は止まらず、令和2年3月期の売上高は7億円を割り込むまでに減少していた。一方で過去店舗展開したときの借り入れ負担は重たく、前代表が急逝したこともあり、事業継続も困難なことから、今回の破産申請となった。

会社名 カープラザ富山中央(株)
業 種 中古自動車販売
所在地 富山県高岡市
設 立 昭和30年10月
資本金 3500万円
負債額 6億円

大阪府箕面市で不動産業の(株)プレイスジャパン他1社が破産

大阪府箕面市で不動産業の(株)プレイスジャパンと関連で不動産売買業の(株)ドゥ・アセットマネジメント(大阪府大阪市)は、7月9日に破産手続きの開始決定を受けました。
負債額は(株)プレイスジャパンが約10億円、(株)ドゥ・アセットマネジメントも約10億円。

(株)プレイスジャパンは不動産仲介業のほか「プレイスタウン」のブランド名で分譲マンションの開発も行い、以前は20億円近い売上高を計上していた。しかし、その後は不動産市場の低迷から資金繰りに休止、事業を停止していた。
関連の(株)ドゥ・アセットマネジメントは、不動産売買業を営んでいたが、プレイスジャパンに連鎖していた。

会社名 (株)プレイスジャパン
業 種 不動産業
所在地 大阪府箕面市
設 立 平成元年11月
負債額 20億円(2社合計)

兵庫県神戸市で冷凍調理食品卸の大阪神戸冷食(株)が事業停止

兵庫県神戸市で冷凍調理食品卸の大阪神戸冷食(株)は、7月23日に事業を停止して、破産申請の処理を弁護士に一任した。

会社名 大阪神戸冷食(株)
業 種 冷凍食品
所在地 兵庫県神戸市
設 立 平成5年10月
資本金 6000万円
負債額 5億円
従業員 28名

岡山県真庭市で病院経営の岸本整形外科医院が破産申請

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

成功する病院経営 戦略とマネジメント [ 井上 貴裕 ]
価格:4840円(税込、送料無料) (2020/7/27時点)

岡山県真庭市で病院経営の岸本整形外科医院は、7月21日に自己破産を申請した。

会社名 岸本整形外科医院
業 種 病院経営
所在地 岡山県真庭市
創 業 昭和40年9月
負債額 3億円

大阪府大阪市で水産物卸の(株)ラハイナが破産

大阪府大阪市で水産物卸の(株)ラハイナは、5月26日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入っていたが、7月20日、大阪地裁において破産手続き開始決定を受けた。

冷凍蟹・冷凍蛸を中心とした水産物の卸売業者。代表者の経験を生かし、小回りの利いた営業により国内を中心に販路を構築。積極的な展開により業容を拡大し、2019年3月期には売上高46億1558万円を計上していた。
しかし、5月初旬に代表者が死去。トップ不在のなか事業継続が困難と判断し、今回の措置となった。

会社名 (株)ラハイナ
業 種 水産物卸
所在地 大阪府大阪市
設 立 平成7年11月
資本金 3500万円
負債額 14億5000万円
従業員 5名

大阪府大阪市で鉄鋼・同加工品卸の会社が破産

大阪府大阪市で鉄鋼・同加工品卸の(株)KODEN INTERNATIONALは、7月9日に破産手続きの開始決定を受けました。

会社名 (株)KODEN INTERNATIONAL
業 種 鉄鋼・同加工品卸
所在地 大阪府大阪市
設 立 平成15年9月
資本金 9000万円
負債額 23億円

新型コロナ倒産、累計350件 感染者再拡大…来年に急増の懸念

新型コロナウイルスに関連した企業倒産件数(負債1千万円以上)が累計で350件に達した。
2020年7月に入って増加ペースは落ち着いてきたが、なお高水準を維持している。緊急事態宣言の解除後に感染者数は再び増加し、期待された景気回復の勢いは乏しい。政府の資金繰り支援で目先の破綻は免れても、景気低迷が長期化することで来年以降に“息切れ倒産”する企業が相次ぐ懸念も指摘される。
7月22日時点の集計では、和歌山、鳥取、高知を除く44都道府県で関連倒産が発生し、東京が89件と突出している。業種別では飲食業が53件で最多。次いでアパレル関連(43件)、宿泊業(40件)となり、国内の移動自粛の影響を強く受けた業種の倒産が際立つ。

7月の倒産件数は22日までに56件。4月(84件)、5月(83件)、6月(103件)に比べ増加のスピードはやや落ち着いたが、「7月に感染者数がぶり返して消費者の自粛意識が高まっており、経済活動の停滞で倒産件数が再び急増する可能性もある」(大手銀行幹部)とも指摘される。
レナウンを始めとしたアパレル関連の倒産も歯止めがかからない。「消費税増税や暖冬による冬物衣料の販売不振など構造不況にコロナが追い打ちをかけている」との見方が強い。
20日にはギャル系ファッションブランド「CECIL McBEE(セシルマクビー)」が店舗事業の撤退を発表するなど、有力ブランドですら抜本改革を迫られる。

一方、実質無利子無担保の融資制度など政府の資金繰り支援策で延命した企業も、売り上げの見通しが立たなければ倒産や廃業を選ぶしかない。大手銀幹部は「来年以降は幅広い業種で倒産が加速する可能性がある」と警戒を強める。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。