【続報】大阪府でフォークリフトアーム等製造の(株)TS商事が特別清算

大阪府池田市でフォークリフトアーム等開発製造の(株)TS商事は、9月3日に特別清算開始命令を受けた。

フォークリフトアームやコイルスプリング、板バネ、角鋼材などの製造を手掛け、一部自動車用部品・農業機械器具の卸売を行っていた。主力製品であるフォークリフトアームは、日本国内でのシェア60%を占め、小型のものは中国子会社で製造したものを自社工場で完成品に仕上げ、大型のものは自社工場で一貫生産していた。テーパー技術という特殊圧延技術を保有し、特許を取得するなど高い製造技術で自動車メーカー・産業用車両メーカー関連に営業基盤を確立。
また、全国に営業所を設置して自動車関連部品の販売も行っていた。取引先からの受注が好調だった1986年2月期には年売上高約146億1800万円を計上していた。

その後も、主要得意先からの受注は好調に推移し安定した業績を確保していたものの、リーマン・ショック以降は、自動車メーカーや産業用車両メーカーなどの海外生産の影響を受けて徐々に売上げは低迷し、2018年3月期(決算期変更)の年売上高は約50億円にまで落ち込んでいた。
また、直近3期では為替の影響や、中国での生産コスト上昇などにより当期純損失を計上。
その間、赤字分野であった角鋼材の取り扱いを中止するなどのリストラ策を講じたものの、設備投資などに伴う金融負担は重く収益回復には至らず、2017年3月には金融機関に対してリスケを要請。
地域経済活性化支援機構の支援のもと、再建を目指すなか、2018年5月には同機構が再生支援を決定し、(株)イチネンホールディングス(東証1部)が事業再生スポンサーとなり、2018年8月に会社分割によって事業を承継させていた。その後は資産売却などを行っていたが、処理に目途が付いたことで、当社は1月31日に株主総会の決議により解散し、今回の措置となった。

会社名 (株)TS商事(旧(株)トヨシマ)
業 種 フォークリフトアーム等開発製造
所在地 大阪府池田市
設 立 昭和11年3月
資本金 4億8130万円
負債額 30億円

東京都で結婚式場運営の(株)風と緑のウエディングが更生手続廃止

東京都八王子市で結婚式場「ティアラガーデンズ」運営の(株)風と緑のウエディングは、12月3日に債権者から会社更生手続きを申し立て、2月1日に更生手続き開始決定を受けました。しかし、9月2日、更生計画案の作成の見込みがないことが明らかになったため、更生法に準じ更生手続きが廃止が決定した。

(株)エルジェイシー(平成29年3月破産)が運営していた結婚式場「コルトーナ多摩ウエディングヒルズ(現:丘の上ティアラガーデンズ)」(八王子市)と「コルトーナ横浜ウエディングヴィレッタ(現:ティアラガーデンズ横浜)」(神奈川県横浜市)を、同社の経営破綻を理由に、同社出身の現代表が経営基盤を引き継ぐ形で設立したもの。
平成28年12月には、「ティアラガーデンズ伊勢崎」もオープンし、3カ所でウエディングチャペルに宴会場を併設したゲストハウス型の結婚式場を運営して、平成29年11月期の年収入高は約12億9200万円を計上していた。
しかし、(株)エルジェイシーの関係会社への不良債権の償却などもあり大幅な債務超過に陥っていた。今年10月には現代表に加えて代表が1名増えるなどで動向が注目されていた中、ここに来て大口債権者から会社更生手続きの申し立てを受けることになった。

会社名 (株)風と緑のウエディング
業 種 結婚式場「ティアラガーデンズ」運営
所在地 東京都八王子市
設 立 平成27年12月
資本金 500万円
負債額 20億円

大阪府でフォークリフトアーム等開発製造の(株)TS商事が特別清算

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

不況を乗り切る5つの方策 いま、何をすべきか [ 稲盛和夫 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/9/13時点)

大阪府池田市でフォークリフトアーム等開発製造の(株)TS商事は、9月3日に特別清算開始命令を受けた。

会社名 (株)TS商事(旧(株)トヨシマ)
業 種 フォークリフトアーム等開発製造
所在地 大阪府池田市
設 立 昭和11年3月
資本金 4億8130万円
負債額 30億円

【続報】山口県岩国市でとび工事の(株)AOIが民事再生申請

山口県岩国市でとび工事の(株)AOIは、9月10日に民事再生法の適用を申請し、保全処分命令と監督命令を受けた。

大手や地場ゼネコンからとび工事や解体工事、大工工事、土木工事、舗装工事など多岐にわたり受注し、仮説資材のリースも行い、平成23年4月期には10億円以上の売上高を計上していた。
しかし、その後は受注競争が激しくなり、売上高、採算性とも悪化させ、平成31年4月には6億円台まで売上高が減少、赤字が続き、受注拡大のため営業所を各地に作ったものの、コスト倒れに成り、資金繰りに窮し、今回の事態に至った。

不採算営業所からの撤退、本業以外からの撤退、発注を渋ると見られる大手ゼネコンからの受注確保、磁場ゼネコンからの確実な受注確保ができれば、前期売上高も6億円以上あり、再生は可能と見られる。スポンサーが付けば、さらに再生は確実になろうが。

会社名 (株)AOI
業 種 とび工事
所在地 山口県岩国市
創 業 平成元年1月
資本金 1500万円
負債額 7億円
従業員 38名

【続報】岐阜県岐阜市で建築工事の本庄工業(株)が自己破産へ

岐阜県岐阜市で建築工事の本庄工業(株)は、9月10日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

新築と住宅リフォームを主に木製の製函も製造していた。
業暦もあり檜や杉材を使用した同社の住宅は一定の人気を誇り、平成30年9月期には10億円台の売上高を計上していた。しかし、競争激化で採算性が悪化して利益は赤字が続き、債務超過に転落、採算性が改善せず、資金繰りにも窮するようになり、今回の事態に至った。

会社名 本庄工業(株)
業 種 建築工事
所在地 岐阜県岐阜市
創 業 昭和15年
資本金 2000万円
負債額 9億3000万円

福井県敦賀市でコンクリート二次製品卸の大和商事(株)他2社が特別清算


福井県敦賀市でコンクリート二次製品卸の大和商事(株)と関連の大和コンクリート工業(株)、旧商号大和石油(株)の(株)DSE整理会社は、5月29日に特別清算を申請し、8月29日に特別清算の開始決定を受けた。

大和コンクリート工業(株)は生コンクリート製造会社。大和商事(株)は大和コンクリート工業(株)からコンクリ二次製品卸販売事業を分離して設立された会社。以前は、道路や護岸用にニーズが高く、27億円以上の売上高を計上していた。
しかし、受注が期待された敦賀原子力発電所の3・4号機増設計画がフクシマ原発大爆発で停止状態となり、地域の官庁工事も減少し平成30年10月期には約10億円まで売上高が低下、業績悪化により、財務体質を悪化させ続け、経営不振から債務超過に至っていた。

(株)DSE整理会社は昭和42年4月設立の元大和石油(株)のガソリンスタンド。一般客のほかにグループ企業への売上高もあったが、競争激化で最近は債務超過に陥っていた。
こうしたなか平成30年9月1日事業再編を行い、大和コンクリート工業(株)と大和商事(株)の全事業を大和工業(株)に譲渡、大和石油(株)の事業を大和商店(株)へ譲渡し、地元建設会社により大和工業(株)と大和商店(株)=大和石油(株)は運営されることになった。
そのため、大和コンクリート工業(株)と大和商事(株)と旧大和石油から社名変更した(株)DSE整理会社は、それぞれ解散を決議していた。
事業は大和工業(株)と新大和石油により継続して営業されている。

会社名 大和商事(株)
業 種 コンクリート二次製品卸
所在地 福井県敦賀市
設 立 昭和57年6月
負債額 17億円(3社合計)

神奈川県横浜市で土建業の(有)三雄土木が破産

神奈川県横浜市で土建業の(有)三雄土木は、5月29日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入っていたが、8月26日に破産手続きの開始決定を受けました。

会社名 (有)三雄土木
業 種 土建業
所在地 神奈川県横浜市
創 業 昭和49年5月
負債額 2億円

兵庫県芦屋市で建設業の(株)八木建設が破産

兵庫県芦屋市で建設業の(株)八木建設は、8月30日付で破産手続の開始決定を受け倒産した。

兵庫県の神戸市・芦屋市・西宮市を主な営業エリアとして、住宅・店舗・工場などの建築・リフォーム工事を主力に事業を展開していました。

会社名 (株)八木建設
業 種 建設業
所在地 兵庫県芦屋市
設 立 2002年
資本金 1000万円
負債額 調査中

茨城県稲敷郡阿見町で運送業の湖南通運(株)他1社が破産

茨城県稲敷郡阿見町で運送業の湖南通運(株)と湖南倉庫(株)は、8月27日に破産手続きの開始決定を受けました。

会社名 湖南通運(株)
業 種 運送業
所在地 茨城県稲敷郡阿見町
設 立 昭和22年5月
資本金 2290万円
負債額 11億円(2社合計)

埼玉県所沢市で住宅建築の(有)住宅ソーゴー他1社が破産

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

接客の一流、二流、三流 [ 七條 千恵美 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/9/12時点)

埼玉県所沢市で住宅建築の(有)住宅ソーゴーと関連の(有)ジェイエスジーは、8月21日に破産手続きの開始決定を受けた。

(有)住宅ソーゴーは、主にハウスメーカーから受注し、以前は5億円前後の売上高を計上していた。しかし、採算性は悪く、リフォーム事業で食いつなぐも、過去の負債もあり、資金繰りに窮し、事業を停止していた。
(有)ジェイエスジーもハウスメーカーの下請けで工事を担当していたが、最近は受注減により経営不振に陥り、今回の事態に至った。

会社名 (有)住宅ソーゴー
業 種 住宅建築
所在地 埼玉県所沢市
設 立 昭和55年6月
負債額 2億5000万円(2社合計)
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。