東京都港区で映画企画・制作の(株)リンクライツが破産

東京都港区で映画企画・制作の(株)リンクライツは、6月27日付で破産手続の開始決定を受け倒産した。

映画やドラマの企画・制作を主力に事業を展開し、これまでに「少女椿」「HARAJUKU CINEMA」「いぬばか」などの制作・配給を手掛けていました。しかし、受注の減少や制作費の負担で資金繰りが悪化したため、2018年夏には事業を停止し事後処理を進めていました。

会社名 (株)リンクライツ
業 種 映画企画・制作
所在地 東京都港区
設 立 2004年
負債額 調査中

神奈川県横浜市で港湾用荷役クレーンの鍵升産業(株)が破産

神奈川県横浜市で港湾用荷役クレーンなどのリース・レンタルの鍵升産業(株)は、2月21日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、6月27日に破産手続きの開始決定を受けました。

港湾荷役用クレーンを扱い、また、クレーンを使った土木工事などにも携わっていた。
しかし、受注不振から資金繰りに行き詰まり今回の事態に至った。

会社名 鍵升産業(株)
業 種 港湾用荷役クレーンなどのリース・レンタル
所在地 神奈川県横浜市
設 立 昭和56年2月
負債額 調査中

宮城県仙台市で塗料・塗料用資材卸のスガイ塗料商事(株)が破産

宮城県仙台市で塗料・塗料用資材卸のスガイ塗料商事(株)は、6月3日に事後処理を弁護士に一任して事業を停止し、6月26日に破産手続きの開始決定を受けました。

塗装工事業者向けに塗料のほか塗装機械、刷毛など塗装資材を卸し、以前は4億円以上の売上高を計上していた。しかし、東日本大震災復興工事の一巡もあり、需要低迷、競争激化で売上高、採算性とも悪化させ、売上高も約3億円に低下、赤字経営に至り、借り入れ負担も大きく、資金繰りに窮するようになっていた。

会社名 スガイ塗料商事(株)
業 種 塗料・塗料用資材卸
所在地 宮城県仙台市
設 立 昭和50年9月
負債額 3億円

千葉県柏市でプリント回路製造の千葉電子工業(株)が自己破産を申請

千葉県柏市でプリント回路製造の千葉電子工業(株)は、7月4日に自己破産を申請した。

会社名 千葉電子工業(株)
業 種 プリント回路製造
所在地 千葉県柏市
創 業 昭和47年1月
資本金 3000万円
負債額 2億円

神奈川県厚木市で鮮魚卸の(有)杉山水産が自己破産申請の準備

神奈川県厚木市で鮮魚卸の(有)杉山水産は、6月30日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

会社名 (有)杉山水産
業 種 鮮魚卸
所在地 神奈川県厚木市
設 立 昭和59年10月
負債額 1億円

大阪府大阪市で木材専門調査のレンゴー調査(株)が破産

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

基本は無敵 ぶれない軸をつくる本物の仕事力 [ 畠山芳雄 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/7/9時点)

大阪府大阪市で木材専門調査のレンゴー調査(株)は、7月5日に破産開始決定を受けた。

建材、木材、住宅機器、家具木工、建設などの住宅関連産業の企業信用調査や信用情報(倒産情報)を収集、会員企業向けに提供していた。本社を置く大阪をはじめ、名古屋支社、九州支社を設置。東京都中央区にある関連のレンゴー調査(株)とともに全国一円に調査網を広げていた。バブル期の需要増加に合わせて、1991年9月期には売上高約11億円を計上していた。
しかし、バブル崩壊を境に徐々に需要は低迷。この間、好不況を繰り返しながらもデジタル化に後れをとり、2018年9月期の売上高は約1億5000万円にとどまっていた。そうしたなか、小嶋誠社長が他界し、事業継続が困難となり、今回の措置となった。

会社名 レンゴー調査(株)
業 種 木材専門調査
所在地 大阪府大阪市
設 立 昭和36年
資本金 2000万円
負債額 6600万円
従業員 23名

東京都大田区で空調設備修理のリアル(株)が破産

東京都大田区で空調設備修理のリアル(株)は、6月28日に破産手続き開始決定を受けた。

会社名 リアル(株)
業 種 空調設備修理
所在地 東京都大田区
設 立 平成16年7月
負債額 1億円

静岡県伊豆の国市で旅館運営の(有)二葉旅館が自己破産申請の準備

静岡県伊豆の国市で旅館運営の(有)二葉旅館は、5月31日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

会社名 (有)二葉旅館
業 種 旅館運営
所在地 静岡県伊豆の国市
創 業 大正15年
負債額 3億円

東京都中央区でCD・DVDショップの(株)小樽管財が特別清算

東京都中央区でCD・DVDショップ「玉光堂」展開の(株)小樽管財は、6月27日に特別清算開始命令を受けた。

「玉光堂」、「バンダレコード」の店舗名でCD・DVDを主体とする各種音楽・映像ソフトや楽器・楽譜類の小売りを展開。店舗は北海道のほか、東北、関東エリアなどに展開し、2017年2月期には年売上高約62億1500万円を計上していたが、赤字決算が続いていた。
そうしたなか、音楽・映像ソフト卸を手がける親会社の(株)板橋開発(旧:(株)星光堂)についても経営不振が続いていたことから、2018年3月に別会社((株)星光堂マーケティング(東京都豊島区))に事業を移管して清算手続きを進め、今年1月17日に特別清算開始命令を受けていた。
その一環として2018年6月に(株)メディア・リンクス(東京都墨田区)が100%出資して設立された(株)玉光堂が当社の事業を承継。
さらに今年1月に同社を(株)メディア・リンクスが吸収合併し、(株)メディア・リンクスは(株)玉光堂に商号を変更。当社は同月に(株)玉光堂から現商号に変更していた。その後、当社は今年3月31日開催の株主総会の決議により解散し、今回の措置となった。なお、店舗の運営は事業譲渡先のもとで継続している。

会社名 (株)小樽管財(旧:(株)玉光堂)
業 種 CD・DVDショップ「玉光堂」展開
所在地 東京都中央区
設 立 1951年(昭和26年)6月
創 業 1942年(昭和17年)8月
資本金 3000万円
負債額 30億600万円(2018年2月期末時点)

埼玉県 2019年6月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。埼玉県 2019年6月の倒産状況

埼玉県で2019年6月の倒産件数は27件。
負債総額は21億9400万円。

件数と負債総額ともに前年同月を下回った。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。