四国4県 2018年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。四国4県 2018年度の倒産状況

四国4県で2018年度の倒産件数は168件で、前年度比11%増。
負債総額は303億円で、前年度比12%減。

人手不足や販売不振の影響を受け、サービス業他で件数、負債総額が大きく増加した。
サービス業他は件数が93%、負債総額が146%増加した。件数が増加した業種はサービス業他以外には卸売業だけとなっており、サービス業他が全体の倒産件数を押し上げた。
県別にみると香川が45%増の55件、愛媛が7%増の45件、高知が9%増の35件、徳島が15%減の33件だった。原因別にみると販売不振が101件となっており、全体の6割を占めた。
大型倒産ではパチンコホール経営の浜幸(高知市)が33億円で最も高く、飲食店経営のSK産業(香川県坂出市)が28億円と続いた。

近畿2府4県 2018年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。近畿2府4県 2018年度の倒産状況

近畿2府4県で2018年度の倒産件数は2042件で、前年度比5%減。
負債総額は3286億4500万円で、前年度比60%増。

倒産件数は過去10年で平成28年度に次いで低い水準だった。業種別では飲食などを含むサービス業の倒産が目立ち、8年連続で最多となった。
負債総額はMT映像ディスプレイ(大阪府門真市)が負債総額1050億円で特別清算し、大きく引き上げた。ただ全体としては減少傾向にある。平成21年度比で3分の1以下に減少した。

北陸3県 2018年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。北陸3県 2018年度の倒産状況

北陸3県で2018年度の倒産件数は165件で、前年度比20%増。
負債総額は425億5500万円で、前年度比2倍増。

業種別では小売業が39%増の54件、サービス業が52%増の38件、製造業が73%増の26件となった。要因別では83%が販売不振などの不況型だった。
テレビ製造のFKサービス(旧オリオン電機、負債額215億円)や不動産管理の七尾都市開発(同18億円)といった負債額が大きい倒産が目立った。
中国経済の減速による製造業への影響は楽観できないと指摘。消費増税を控える中で、小売業やサービス業で業況悪化の可能性があると分析する。

北関東3県 2019年3月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。北関東3県 2019年3月の倒産状況

北関東3県で2019年3月の倒産件数は25件で、前年同月比17件減。
負債総額は39億3200万円で、前年同月比43%減。

企業倒産件数(負債額1000万円以上)は、茨城が16件減の7件、群馬が5件減の7件、栃木が4件増の11件だった。業種別ではサービス業他が最も多く、建設業と小売業が続いた。
負債総額は茨城が75%減の4億1600万円、群馬が83%減の4億8900万円、栃木が26%増の30億2700万円だった。負債10億円以上の大型倒産は発生しなかった。
茨城では「製造業を中心に企業の景況感が安定していたことに加え、金融機関の良好な融資姿勢を背景に倒産は減少した」ようだ。一方、倒産件数が8カ月ぶりに2ケタとなった栃木では「事業停止と同時に破産申請を行った事例が目立った」という。

近畿2府4県 2019年3月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。近畿2府4県 2019年3月の倒産状況

近畿2府4県で2019年3月の倒産件数は164件で、前年同月比10%減。
負債総額は156億1400万円で、前年同月比70%増。

九州・沖縄 2018年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。九州・沖縄 2018年度の倒産状況

九州・沖縄で2018年度の倒産件数は660件で、前年度比18%増。
負債総額は1096億400万円で、前年度比33%増。

負債総額は、造船業のマーレ(大分県)の59億円が最大。2年連続で100億円以上の大型倒産がなかった一方、1億円未満の小型倒産は18%増の485件に上った。
人手不足などで零細企業の倒産は今後も増勢傾向とみられる。金融庁が金融機関に求めてきた貸し付け条件変更の取り組み状況の報告が平成31年3月に休止したことで、金融機関の姿勢に変化が起きる恐れもあるという。

埼玉県さいたま市で病院経営の医療法人一成会が民事再生決定



埼玉県さいたま市でさいたま記念病院経営の医療法人一成会は、民事再生法の適用申請を行い、4月24日に再生手続きの開始決定を受けた。

ペッド数199床の一般総合病院で、川口市にも介護老人保健施設「かわぐちナーシングホーム」を開設、平成27年3月期には約38億円の収入高を計上していた。
しかし、病院施設の老朽化、競合激化などから平成29年期は36億円の収入高になり、過去の設備投資にかかわる借入金も大きく、改修費用、一部所有不動産の売却における売却損計上などから6億円前後の累積赤字を計上、医療機器更新費用などの資金調達にも困難が生じ、ほかの医療法人の支援を受けることも決定したことから、負債を減らし財務内容の改善を図るため、今般、民事再生法の適用を申請したもの。

会社名 医療法人一成会
業 種 さいたま記念病院経営
所在地 埼玉県さいたま市
設 立 昭和40年10月
負債額 16億円

宮城県塩釜市で漁業の加藤漁業(株)が破産



宮城県塩釜市で漁業の加藤漁業(株)は、4月24日に破産手続き開始決定を受けた。

会社名 加藤漁業(株)
業 種 漁業
所在地 宮城県塩釜市
創 業 昭和元年
負債額 8億円

山形県でプラスチック金型製造の(株)白川金型製作所が自己破産へ



山形県長井市でプラスチック金型製造の(株)白川金型製作所は、4月23日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

受注先工場の海外移転や安価な海外品の流入もあり、受注不振が続いていた。

会社名 (株)白川金型製作所
業 種 プラスチック金型製造
所在地 山形県長井市
創 業 昭和58年
負債額 調査中

大阪府大阪市で昆布製品卸の(株)山口眞商店が自己破産申請の準備



大阪府大阪市で昆布製品卸の(株)山口眞商店は、4月17日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

北海道産や韓国産などの昆布を仕入れ、全国の昆布加工品会社へ卸し、以前は6億円以上の売上高を計上していた。
しかし、円安で韓国産昆布の仕入価格が上昇、北海道産は不漁で価格高騰などから採算面が悪化し、消費不況による売上不振もあり、平成30年4月には1億円台の売上高まで減少、資金繰りにも窮するようになっていた。

会社名 (株)山口眞商店
業 種 昆布製品卸
所在地 大阪府大阪市
創 業 昭和31年
負債額 2億円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。