福岡県中間市で酒類卸の(株)マル源が自己破産申請の準備



福岡県中間市で酒類卸の(株)マル源は、3月24日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

米穀類や酒類・灯油の販売を行い、以前は3店舗運営し、約14億円の売上高を計上していた。しかし、酒類を安価に販売するディスカウント店や大型量販店の進出やコンビニの台頭により、売上高の減少に歯止めがかからず、今回の事態に至った。

会社名 (株)マル源
業 種 酒類卸
所在地 福岡県中間市
創 業 昭和46年
負債額 2億5000万円

埼玉県 2017年の休廃業・解散状況



倒産速報 明日はわが身です。埼玉県 2017年の休廃業・解散状況

埼玉県で2017年の休廃業・解散件数は1065件で、前年比2%増。

倒産件数は横ばいが続いているものの、後継者の不在や代表者の高齢化で休廃業・解散を選ぶ企業が中小企業を中心に増えているという。
産業別では建設業が381件で最も多かったが、前年に比べると13%減少した。次いでサービス業(197件)、製造業(156件)、卸売業(128件)と続いた。
代表者の年齢別では60〜70代が全体の約7割を占める。80代以上の割合も増えており、高齢化が休廃業・解散を押し上げる傾向が強まっている。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。