埼玉県本庄市でゴルフ場経営の(株)児玉カントリー倶楽部が再生手続開始決定



埼玉県本庄市でゴルフ場経営の(株)児玉カントリー倶楽部は、3月13日に申請処理を弁護士に一任して、民事再生法の適用申請をしていたが、3月20日に再生手続きの開始決定を受けました。

27Hのゴルフ場「児玉カントリー倶楽部」の経営を行い、平成15年8月期には6億以上の売上高を計上していた。
しかし、消費不況、実質所得減少などからゴルフ人口が大幅に減り、平成29年期には3億円台まで落ち、経営不振に陥る中、会員からの預託金返還請求に応じることも不能状態、こうしたことから今回の民事再生の申請となった。
同社の経営母体は市川造園土木グループ、当ゴルフ場は埼玉県内にオープンしたゴルフ場の中でも比較的新しいゴルフコース。
市川造園土木グループは、児玉CCの他にもゴルフ場を保有しており、系列コースは美里GC(埼玉県)や大間々CC(群馬県)、チェックメイトCC(神奈川県)など関東を中心に展開している。

会社名 (株)児玉カントリー倶楽部
業 種 ゴルフ場「児玉カントリー倶楽部」経営
所在地 埼玉県本庄市
設 立 平成14年4月
負債額 96億円

「経営戦略」という言葉は、まるで雲をつかむような抽象的な概念のように聞こえるが、「経営戦略の基本 この1冊ですべてわかる [ 日本総合研究所(1989) ]」は、その概念を極めて丁寧に解説している、まぎれもない良書です。
10年近く売れ続けている理由が読んで頂くと分かりますよ。

岐阜県大垣市で建築工事の日本工務(株)が破産



岐阜県大垣市で建築工事の日本工務(株)は、平成29年10月31日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、3月23日に破産手続きの開始決定を受けました。

外注労務費や資材高により採算性を悪化させ行き詰った。

会社名 日本工務(株)
業 種 建築工事
所在地 岐阜県大垣市
設 立 平成2年1月
負債額 3億5000万円

ジャパネットの高田さんが勧めている本に、「経営の教科書 社長が押さえておくべき30の基礎科目 [ 新将命 ]」というのがあります。
コメント欄に「新さんのキャリアはすごいですが、話は優しく、どの本も分り易く、伝える能力に長けた方だと思います」と書かれていますが、私も本当に同感ですね。
ぜひ、手に取って読んでみてください。経営が大きく変わりますよ。

東京都品川区で女性服企画販売の(株)シェラックが破産



東京都品川区で女性服企画販売の(株)シェラックは、3月22日に破産手続きの開始決定を受けた。

代官山など都心中心に店舗展開していたが、消費不況、安価なファストファッションに市場を食われ、同社は売上不振が続いていた。

会社名 (株)シェラック
業 種 「SHELLAC」ブランドの女性服企画販売
所在地 東京都品川区
設 立 平成12年8月
負債額 2億円

徳島県徳島市で観光振興事業の公益社団法人徳島市観光協会が破産



徳島県徳島市で観光振興事業の公益社団法人徳島市観光協会は、3月1日に徳島市から破産を申し立てられ、3月29日に破産手続き開始決定を受けた。

徳島市は、市観光協会の阿波踊り事業会計で2016年度末までの累積赤字が4億3600万円に上ることを11月15日明らかにした。市は、この赤字補填のための借り入れを金融機関に対して損失補償している。
市は2月21日、主催者の市観光協会へ地方自治法に基づく調査に入った。市職員や弁護士、公認会計士らが22日まで、徳島市の阿波おどり会館内にある協会事務局から資料の提供を受け、収支の疑問点がないか調べる。
徳島市の「阿波踊り(8月12〜15日)」は、公益社団法人徳島市観光協会と徳島新聞社が主催している。

徳島市最大の観光イベントである「阿波踊り」のPR活動、阿波踊り会館や眉山ロープウェイの管理・運営のほか、観光案内や徳島県産の食品、土産物などの販売も手がけ、2013年3月期には年売上高約5億7500万円を計上していた。
しかし、財務面は安定性を欠き赤字計上が続き、金融機関からの借入金が重荷となって厳しい資金繰りを余儀なくされていた。
この間、徳島市をはじめ関係者との協議を進めてきたが、赤字解消には至らず、金融機関から当法人の借入金の肩代わりを求められた徳島市が債権者として当法人の破産を申し立てていた。

会社名 公益社団法人徳島市観光協会
業 種 観光振興事業
所在地 徳島県徳島市
設 立 昭和46年10月
負債額 4億円
従業員 17名

福岡県中間市で酒類卸の(株)マル源が自己破産申請の準備



福岡県中間市で酒類卸の(株)マル源は、3月24日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

米穀類や酒類・灯油の販売を行い、以前は3店舗運営し、約14億円の売上高を計上していた。しかし、酒類を安価に販売するディスカウント店や大型量販店の進出やコンビニの台頭により、売上高の減少に歯止めがかからず、今回の事態に至った。

会社名 (株)マル源
業 種 酒類卸
所在地 福岡県中間市
創 業 昭和46年
負債額 2億5000万円

埼玉県 2017年の休廃業・解散状況



倒産速報 明日はわが身です。埼玉県 2017年の休廃業・解散状況

埼玉県で2017年の休廃業・解散件数は1065件で、前年比2%増。

倒産件数は横ばいが続いているものの、後継者の不在や代表者の高齢化で休廃業・解散を選ぶ企業が中小企業を中心に増えているという。
産業別では建設業が381件で最も多かったが、前年に比べると13%減少した。次いでサービス業(197件)、製造業(156件)、卸売業(128件)と続いた。
代表者の年齢別では60〜70代が全体の約7割を占める。80代以上の割合も増えており、高齢化が休廃業・解散を押し上げる傾向が強まっている。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。