老人福祉・介護事業 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。老人福祉・介護事業 2017年度の倒産状況

老人福祉・介護事業で2017年度の倒産件数は115件で、前年度比7%減。
負債総額は147億4100万円で、前年度比39%増。

全体では負債1億円未満が93件と全体の8割を占めており、小規模事業者の倒産が大半だった。
倒産の増加要因としては、
(1)同業他社との競争激化から経営力、資金力が劣る業者の淘汰が加速
(2)2015年度の介護報酬の実質マイナス改定による収益への影響
(3)介護職員不足の中で離職を防ぐための人件費上昇、などが挙げられる。
特に、介護業界の人手不足は「国内景気が悪い時の採用は順調だが、好況になると人材が他業種へ流出する」など、景気と逆行する傾向がある。とりわけ、小規模事業者は業績低迷に、資金的な制約も抱えており、一層深刻さが増している。

原因別では、最多の販売不振(業績不振)が52件(前年度67件)と前年度を下回ったのに対し、「事業上の失敗」が26件(同19件)と増勢が目立った。
これは、安易な起業や本業不振のため異業種からの参入など、事前準備や事業計画が甘い小・零細規模の業者が思惑通りに業績を上げられず経営に行き詰まったケースが多いとみられる。

■編集後記
当たり前の事を当たり前にすることの重要性を誰も教えてくれない特養ホーム《収益改善》の鉄則集! 継続できる施設をめざす収益改...で再確認しました。
施設利用のお年寄りの為のサービスと気付きと気配りが
収益につながると改めて感じました。

大分県 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。大分県 2017年度の倒産状況

大分県で2017年度の倒産件数は35件で、前年度比1件増。
負債総額は160億9100万円で、前年度比67億円増。

負債総額の増加は、2018年3月に大分市の大分観光開発が64億円の負債を抱えて倒産したことが大きく影響しました。
業種別では小売業が10件で最も多く、次いで建設業が7件、卸売業が4件となっています。

千葉県 2018年3月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。千葉県 2018年3月の倒産状況

千葉県で2018年3月の倒産件数は22件で、前年同月比29%増。
負債総額は16億400万円で、前年同月比47%増。

■編集後記
坂本教授の本は本当に勉強になります。
何度読んでもいいですね。
中小企業の方はぜひ利益を追わなくなると、なぜ会社は儲かるのか 社員が120%の力を発揮する最強の経...を読んでください。
間違いの無い道だと思います。

サービスは5段階。
義務のサービス→法律、ルールを守る
当然のサービス→清潔さを保つ
期待のサービス→愛想の良さ
感動のサービス→挨拶、丁寧さ
驚嘆のサービス→予期せぬサプライズ

北海道 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。北海道 2017年度の倒産状況

北海道で2017年度の倒産件数は263件で、前年度比6%減。
負債総額は726億円で、前年度比373億円増。

好調なインバウンド(訪日外国人)消費や個人消費の回復を受け、小売業などの倒産件数が大きく減った。
金融機関で業績が振るわない企業に対し返済猶予を伸ばす動きがあるという。小売業は27%減の37件、卸売業は15%減の45件。
サービス・他が69件と最も多く、建設業(57件)が続いた。
商業施設「ウイングベイ小樽」を運営する小樽ベイシティ開発(小樽市、負債280億円)の倒産が影響した。

老人福祉事業 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。老人福祉事業 2017年度の倒産状況

老人福祉事業で2017年度の倒産件数は90件で、過去最多。
負債総額は134億5600万円で、過去最高。

倒産件数をサービス種別に見ると、最も多かったのが「通所介護」の36件で、4割を占めた。
以下は、「訪問介護」32件、「有料老人ホーム」10件、「高齢者専用住宅」8件、「グループホーム」3件、「老人センター」1件の順だった。

岐阜県 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。岐阜県 2017年度の倒産状況

岐阜県で2017年度の倒産件数は157件で、前年度比19件増。
負債総額は379億7000万円で、前年度比106億5200万円増。

負債総額10億円以上の大型倒産が5件発生したことが、負債総額を押し上げた。
従業員数別にみると、従業員5人未満の企業で107件(前年度94件)、5〜9人で28件(同25件)、10〜19人で13件(同11件)となっている。従業員10人未満の企業の倒産が全体の約86%を占めており、小規模事業所での倒産が目立った。

中国5県 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。中国5県 2017年度の倒産状況

中国5県で2017年度の倒産件数は326件で、前年度比7%減。
負債総額は671億2500万円で、前年度比52%減。

倒産件数は6年連続で前年を下回り、負債総額は過去20年では2015年度に次ぎ少ない水準だった。

■編集後記
儲かる会社は人が1割、仕組みが9割今いる社員で利益を2倍にする驚きの方法【電子書...は優れていない人を使って利益を生む方法を解説しています。
優れた人が能力を発揮すれば結果は自ずと出ると思われますが、
みんながみんな優れた人ではありませんので、そういう人達をどのように活用し利益を上げるかを説明しています。
仕組みに当てはめて利益を上げていくという話です。

千葉県 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。千葉県 2017年度の倒産状況

千葉県で2017年度の倒産件数は239件で、前年度比6%減。
負債総額は225億4100万円で、前年度比28%減。

金融機関が中小企業の資金繰りに柔軟に対応したことが奏功した。10億円を超える大型倒産は1件(前年度2件)にとどまった。
倒産件数を業種別にみると、建設業が64件で最も多かった。2016年度に最多だったサービス業が52件、卸売業が41件で続いた。
従業員別では、5人未満の企業が174件で全体の7割超を占めた。後継者問題などを抱えている企業の淘汰は避けられず、緩やかに増加する可能性があるとみている。

山形県 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。山形県 2017年度の倒産状況

山形県で2017年度の倒産件数は43件で、前年度比同件数。
負債総額は41億7800万円で、平成に入ってから最少となった。

倒産件数が過去最少で推移した理由について、金融機関が企業への貸し出しに積極的で、個人消費も底堅く推移したためと説明。
今後の見通しについては「倒産が急増する要因は少ない。一方で、経営改善が遅れた企業に金融機関が円滑に資金供給するとは言えず、一定数の倒産は避けられない」と指摘した。

茨城県 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。茨城県 2017年度の倒産状況

茨城県で2017年度の倒産件数は123件で、前年度比9件減。
負債総額は158億4200万円で、前年度比21%減。

金融機関が中小企業融資の返済猶予に柔軟に対応していることなどが要因。
業種別では建設が28件と最も多く、小売25件、製造24件、卸売21件、サービス17件と続いた。
負債額が10億円を超える大型倒産は2件減の2件。負債額1億円未満の小口倒産が全体の約7割を占めた。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。