2018年3月22日の全国倒産状況

<注目の商品>


倒産速報 明日はわが身です。2018年3月22日の全国倒産状況と倒産続報です。

北海道
(株)キヨハラ建業 破産手続き開始決定
協立運輸(株) 砂利採取、自己破産へ


マップショップ(株) 地図インターネット販売、破産手続開始決定

山形県
(株)出羽のさとあのの 破産手続き開始決定

福島県
(有)ソーイングクロサカ 縫製、破産手続開始決定

栃木県
(株)Sun Rise 破産手続き開始決定
(株)ARIA 破産手続き開始決定
(有)小林商店 ガソリンスタンド、破産手続開始申立準備

茨城県
医療法人泉川歯科医院 破産手続き開始決定

埼玉県
(株)シルベニア メッキ加工業、民事再生申請

千葉県
(株)イークラフト 破産手続き開始決定
山武運輸(株) 破産手続き開始決定
(株)東洋堂 印鑑製造販売、弁護士一任

東京都
アイバス出版(株) 破産手続き開始決定
(株)TRUST WORKS 破産手続き開始決定
(株)アンリミテッド 経営コンサルティング、破産開始決定


(株)OVER FENCE ゲーム開発、破産開始決定


(株)TSSA 結婚式場経営、破産手続開始決定
エム・シー・エフ(株) オートバイ駐輪装置製造、破産手続開始決定

神奈川県
東洋総合警備保障(株) 破産手続き開始決定

新潟県
(有)笹川組 はつり・解体工事、破産手続開始決定

静岡県
(株)ミタテック 破産手続き開始決定
(株)野村設計 破産手続き開始決定
(株)原田設備 絵画・美術品販売
(株)ヴィクトリー 節水システム、事業停止


愛知県
(株)ワークサービス 破産手続き開始決定

京都府
オカ・レストラン給食(株) 食堂運営、破産手続き開始決定
川西フーズサービス(株) 破産手続き開始決定
(株)宝来屋 破産手続き開始決定
(株)ケイアイホーム 破産手続き開始決定

大阪府
(株)O・M 破産手続き開始決定
エムズワイ(株) 破産手続き開始決定
(株)ヴィスカス 破産手続き開始決定
(株)両勇 破産手続き開始決定
(株)新日本プロセス広芸社 印刷業、事業停止


秀光印刷(株) 印刷業、事業停止


岡山県
(株)ファシーノ 各種商品販売、破産手続開始決定
(株)フィル 障害福祉サービス等、破産手続開始申立準備
(有)瀬戸内活魚 飲食店経営、破産手続開始決定

広島県
(株)わゆたか 破産手続き開始決定
(株)エクソア 人材派遣、破産手続開始決定
(有)岩本工作所 鋼構造物工事、破産手続開始申立

山口県
(有)数井工務店 大工工事、破産手続開始決定

福岡県
(株)江口商店 豆菓子・珍味食品販売、破産手続開始申立準備

大分県
大分観光開発(株) 大分カントリークラブ経営、民事再生申請


鹿児島県
(有)村尾工作所 鋼構造物工事、破産手続開始決定

北海道紋別市で砂利採取・産廃運送業の協立運輸(株)が自己破産申請の準備



北海道紋別市で砂利採取・産廃運送業の協立運輸(株)は、事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っている。

砂利プラントや産廃処分場など有していたが、平成18年に産廃事業において違法行為が発覚、産廃処理免許が取り消され、それ以降事業はジリ貧になっていた。

会社名 協立運輸(株)
業 種 砂利採取・産廃運送業
所在地 北海道紋別市
設 立 昭和30年5月
負債額 3億円

東京都千代田区で結婚式場コンサルの(株)アンリミテッドが破産



東京都千代田区で結婚式場コンサルの(株)アンリミテッドは、3月14日に破産手続きの開始決定を受けた。

デフレ不況が深刻化する前の平成11年9月期には10億円以上の売上高を計上していた。しかし、少子化の浸透、非正規社員増による晩婚化、東日本大震災による派手婚の減少、長期消費不況などから売上高は減少が続き、平成27年期には4億円台まで売上高が落ち、立て直しも奏功せず、今般、資金繰りに行き詰った。

会社名 (株)アンリミテッド
業 種 結婚式場コンサル
所在地 東京都千代田区
設 立 昭和60年1月
負債額 7億円

大分県大分市でゴルフ場経営の大分観光開発(株)が民事再生法の適用申請



大分県大分市で大分カントリークラブ経営の大分観光開発(株)は、3月22日に申請処理を弁護士に一任して、民事再生法の適用申請をした。
負債額は約64億円。

18Hの月形コースと18Hの吉野コースがあり、平成10年3月期には7億円以上の売上高を計上していた。

会社名 大分観光開発(株)
業 種 大分カントリークラブ経営
所在地 大分県大分市
設 立 平成3年2月
負債額 64億円

埼玉県本庄市でメッキ加工の(株)シルベニアが民事再生法適用申請



埼玉県本庄市でメッキ加工の(株)シルベニアは、3月16日付で民事再生法の適用を申請した。

各種スイッチ・コネクターや電子部品の電機接触部品などのメッキ加工を手掛け、電子部品メーカーや金属加工メーカーなどを主な取引先として事業を展開していました。
しかし、景気低迷による受注の落ち込みで業績が悪化すると、過去の設備投資に伴う多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

会社名 (株)シルベニア
業 種 メッキ加工
所在地 埼玉県本庄市
創 業 1923年
負債額 8億円

熊本県 2018年2月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。熊本県 2018年2月の倒産状況

熊本県で2018年2月の倒産件数は0件で、前月比8件減。

倒産がなかったのは去年11月以来3か月ぶりです。
要因としては、破産の事務手続きが集中する年末年始や年度替わりの中休みという見方のほか、熊本地震後の金融支援が挙げられました。
一方で、集計には含まれない1000万円未満の小口倒産は確認されています。
今後半年ほどは倒産が急増することないがそれ以降の中小零細企業の先行きについては金融機関の貸出姿勢が鍵になると懸念しています。

中部9県 2018年2月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。中部9県 2018年2月の倒産状況

中部9県で2018年2月の倒産件数は111件で、前年同月比2%減。
負債総額は106億円で、前年同月比60%減。

業種別ではサービス業が37件と最も多かった。建設業と製造業が20件ずつ、小売業15件と続いた。飲食店など負債総額1億円未満の倒産が8割程度を占めた。今後もこの傾向が続くとしている。
9県は富山、石川、福井、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀。

東京都 2018年2月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。東京都 2018年2月の倒産状況

東京都で2018年2月の倒産件数は112件で、前年同月比33%減。
負債総額は220億円で、前年同月比27%増。

2月としてはバブル崩壊前の1990年以来28年ぶりの低水準だった。東京五輪に向けて急増はしないが、人手不足などで業務が改善しない中小企業で増勢に転じる可能性が高いと分析する。
業種別では10業種のうちサービス、卸売り、情報通信、建設など7業種で倒産が減少。増えたのは運輸業だけで、小売りと農・林・漁・鉱業は同水準だった。最も多いのはサービスの32件で、卸売りの26件、情報通信の12件が続く。

神奈川県 2018年2月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。神奈川県 2018年2月の倒産状況

神奈川県で2018年2月の倒産件数は30件で、前年同月比27%減。
負債総額は27億円で、前年同月比68%減。

倒産件数の原因別では赤字累積が8件減の8件、販売不振が4件減の17件となるなど、不況型の倒産が減少した。
業種別では卸売業が5件減の1件、サービス業他が5件減の9件だった。建設業は4件増の6件、小売業は3件増の6件だった。
後継者難や人手不足の強まりなどをきっかけに倒産件数は増勢に転じる可能性があると指摘している。

静岡県 2018年2月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。静岡県 2018年2月の倒産状況

静岡県で2018年2月の倒産件数は22件で、前年同月比4件増。
負債総額は26億8800万円で、前年同月比65%減。

零細企業の倒産が中心となり、倒産件数、負債額ともに低水準で推移する。
業種別ではサービス業他が4件増の9件、製造業が3件増の5件だった。以下建設業が3件、卸売業が2件と続いた。
倒産件数の増加は個人消費の回復の遅れが影響していると分析。件数の水準自体は低水準としながらも、原材料費の高騰や人手不足も零細企業の経営に悪影響を及ぼしているとした。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。