北関東3県 2018年2月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。北関東3県 2018年2月の倒産状況

北関東3県で2018年2月の倒産件数は21件で、前年同月比16%減。
負債総額は134億6100万円で、前年同月比5倍増。

栃木と茨城で減少したが、群馬では増加した。業種別ではサービス業他が8件と最も多く、建設業と製造業が4件で続く。
倒産件数は栃木が3件減の7件、茨城が5件減の6件、群馬が4件増の8件だった。
負債総額はゴルフ場経営の太田資源開発(群馬県太田市)が、112億円の負債を抱え倒産した影響で群馬では119億6300万円と大幅に膨らんだ。栃木は7億6000万円で茨城は7億3800万円だった。
北関東全体では倒産件数は5カ月連続で前年同月より減っている。ただ、人手不足の影響で倒産は緩やかに増勢をたどる可能性が高いと指摘。飲食業など人手に頼るサービス業種の倒産が多い傾向が続きそうだとみている。

近畿2府4県 2018年2月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。近畿2府4県 2018年2月の倒産状況

近畿2府4県で2018年2月の倒産件数は166件で、前年同月比4%増。
負債総額は174億5900万円で、前年同月比12%増。

中小・零細企業を中心とする小型倒産が主流。件数、負債額ともに2月として過去20年間で2番目に少ない水準となった。

四国4県 2018年2月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。四国4県 2018年2月の倒産状況

四国4県で2018年2月の倒産件数は14件で、前年同月比2倍増。
負債総額は29億円で、前年同月比2倍増。

負債額が10億円を超える大型倒産も1件あった。産業別にみるとサービス業他が5件と最多で、卸売業が3件、小売業が2件で続いた。

北海道 2018年2月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。北海道 2018年2月の倒産状況

北海道で2018年2月の倒産件数は19件で、前年同月比7件減。
負債総額は30億9200万円で、前年同月比28%減。

新潟県 2018年2月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。新潟県 2018年2月の倒産状況

新潟県で2018年2月の倒産件数は9件で、前年同月比1件減。
負債総額は9億900万円で、前年同月比17%減。

負債総額が10億円を下回るのは4カ月ぶり。小規模倒産が多かったため、負債総額の水準も低かった。業種別の件数はサービス業他が3件で最多。

中部3県 2018年2月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。中部3県 2018年2月の倒産状況

中部3県(愛知、岐阜、三重)で2018年2月の倒産件数は56件で、前年同月比5%減。
負債総額は44億1600万円、前年同月比57%減。

倒産件数が最も多かったのはサービス業で19件、2位は建設業で10件、3位は小売業で9件だった。

新潟県上越市で鵜の浜温泉旅館経営の(株)湯元館が破産



新潟県上越市で鵜の浜温泉旅館「湯元館 酔洋(すいよう)」経営の(株)湯元館は、2月18日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して破産申請の準備に入っていたが、2月28日に破産手続きの開始決定を受けました。

平成9年には、鉄筋コンクリート造り6階建て、収容人員80人の新館「湯元館 酔洋」を建設した。
最上階に日本海を一望できる大浴場を備えて集客強化を図り、平成12年2月期には売上高約1億7000万円を計上していた。
しかし、新館を建設した際の投資負担が重く、多額の借入金が経営を圧迫していた。近年は利用客の伸び悩みで、年商は8000万円前後に落ち込み、借入金返済に延滞が生じていた。

会社名 (株)湯元館
業 種 鵜の浜温泉旅館「湯元館 酔洋(すいよう)」経営
所在地 新潟県上越市
設 立 昭和49年3月
資本金 1000万円
負債額 2億6000万円

東京都八王子市でプリント配線基盤製造の(株)セイナックが破産



東京都八王子市でプリント配線基盤製造の(株)セイナックは、2月5日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、2月28日に破産手続きの開始決定を受けました。

パチンコ機器向けプリント配線基板の製造を行い、以前は9億円以上の売上高を計上していたが、5号機問題など政府の規制強化によりパチンコ業界の設備投資が大幅縮小、売上高は5億円台まで落ち、赤字決算から債務超過が続いていた。

会社名 (株)セイナック
業 種 プリント配線基盤製造
所在地 東京都八王子市
設 立 平成7年3月
負債額 5億円

新潟市中央区で風力発電機器製造の(株)WINPROが破産



新潟市中央区で風力発電機器製造の(株)WINPROは、平成29年11月30日に申請処理を弁護士に一任して、民事再生法の適用申請を行い、12月5日に再生手続きの開始決定を受けましたが、1月29日に民事再生廃止を受けました。2月28日に破産手続き開始決定を受けた。

風力発電と太陽光発電が一体となった新型発電装置を開発し、災害時用として自治体へ販売し、平成25年3月期には3億円台の売上高を計上していた。
しかし、自治体において、災害対策熱も冷め、また、新製品の開発投資に費用もかかり、投資家などから集めた資本金も食い尽くし債務超過に陥っていた。
早期に財務改善される見通しがない中、債権者から破産を申し立てられ、対抗措置として、今回の民事再生申請となった。

会社名 (株)WINPRO
業 種 風力発電機器製造
所在地 新潟市中央区
資本金 4億9054万円
負債額 9億円

広島県東広島市で地場食品スーパーの(株)セキヤが自己破産を申請



広島県東広島市で地場食品スーパーの(株)セキヤは、2月28日に申請処理を弁護士に一任して、自己破産を申請した。

営業エリアへの大手スーパーの進出などから競争激化、販売不振が続き行き詰った。

会社名 (株)セキヤ
業 種 地場食品スーパー
所在地 広島県東広島市
創 業 昭和45年
負債額 調査中
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。