神奈川県横浜市で振袖販売・レンタルのはれのひ(株)が破産



神奈川県横浜市で振袖販売・レンタルのはれのひ(株)は、1月9日までに全店舗を閉鎖し、事実上事業を停止していたが、申請処理を弁護士に一任して破産を申請し、1月26日に破産手続きの開始決定を受けた。

成人の日の振袖予約の被害者は全国で300人以上と見られるという。なかには晴れ着が着れず、成人式に参加しなかった成人式を迎えた女性もいる。
同社の福岡支店の場合、従業員とボランティアが着物をかき集め着付けも行い、予約者に対して成人式に急遽間に合わせた事業所もあった。
7店舗を展開していたが、社長と年初から連絡が取れないという。経営に失敗したら会社が潰れるのは仕方ないだろうが、これからの若い女性たちの一生に一度の成人式を台無しにした社長は、金銭以外に多くの罪を背負った。

平成28年9月期の売上高は約3億8000万円、費用負担で3億6000万円の赤字を計上して、約3億2000万円の債務超過だった。同社の求人における求人サイト情報によると売上高は4億8000円となっており、虚偽報告していた。
また、資本金も1000万円と掲載されているが、資本金は150万だった。

会社名 はれのひ(株)
業 種 振袖販売・レンタル
所在地 神奈川県横浜市
設 立 平成23年3月
創 業 平成20年
負債額 6億円
従業員 49名

高知県須崎市で食品スーパーの(株)須崎スーパーストア他1社が破産



高知県須崎市で食品スーパー「ライフタウンYUTAKA」の(株)須崎スーパーストアと関連で飲食店経営・惣菜製造の(有)中平百貨店は、1月17日に破産手続きの開始決定を受けた。
負債額は須崎スーパーストアが約16億円、中平百貨店が約4億円。

食品スーパー「ライフタウンYUTAKA」などを運営し、平成23年3月期には7店舗で約46億円の売上高を計上していた。
しかし、少子高齢化、人口減、同業者の進出などから競争激化から、売上高が平成28年期には約19億円まで減少、不採算店舗の閉鎖など行ってきたが、財務内容も悪化させ、先行きの見通しが付かないことから一昨年末で店舗を閉鎖していた。
中平百貨店は須崎スーパーストアに連鎖した。

会社名 (株)須崎スーパーストア
業 種 食品スーパー「ライフタウンYUTAKA」運営
所在地 高知県須崎市
設 立 昭和38年1月
負債額 20億円(2社合計)

大分県 2017年の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。大分県 2017年の倒産状況

大分県で2017年の倒産件数は34件で、前年比5件減。
負債総額は85億5600万円。

業種別では小売業が9件と最も多く、サービス・その他が8件となっています。今後については「収益環境は良好で、当面極端な倒産増加は考えにくい」と予測しています。

長野県上田市で上田別所温泉旅館の(株)別所旅館が自己破産を申請



長野県上田市で上田別所温泉旅館の(株)別所旅館は、1月18日に申請処理を弁護士に一任して、自己破産を申請した。

「マウントビューホテル朝日館」を経営し、バブル崩壊後の平成9年に旅館建物を新築し、個人から団体客、宴会客の受け入れ体制を整えた。
しかし、その後、消費不況が続き、借入負担も重たく経営は苦しい状態が続いていた。そうした中、債権者から差し押さえを受けるなどしたため、平成29年12月に事業を停止していた。

会社名 (株)別所旅館
業 種 上田別所温泉旅館「マウントビューホテル朝日館」
所在地 長野県上田市
設 立 昭和4年1月
負債額 4億5000万円

群馬県 2017年の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。群馬県 2017年の倒産状況

群馬県で2017年の倒産件数は99件で、前年比12件増。
負債総額は205億5000万円で、前年比50億6000万円増。

ゴルフ場経営の大間々カントリー倶楽部(負債額56億円)や木造住宅建築工事の花菱(同28億円)、病院経営の群馬循環器病院(同14億円)など10億円を超える大口の倒産が相次いだことが総額を押し上げた。
業種別にみると、製造業が24件と最も多く、次いでサービス業20件、小売業18件、卸売業15件−などと続いた。
件数、負債総額ともに増加傾向に転じている点を懸念。要因については「金融機関が資金繰りの安定化に向けて返済猶予など柔軟な対応をしてきたが、体力が弱まっている企業が倒産に至った」と分析している。
県内で休業や廃業に陥った企業数も高止まり状態だといい、「大企業は好調だが、中小企業との格差が生じている。今後も楽観視できない」などとしている。

東北6県 2017年の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。東北6県 2017年の倒産状況

東北6県で2017年の倒産件数は333件。
負債総額は645億3200万円。

金融機関による返済猶予などの支援策が中小企業の経営を下支えし、倒産件数を抑えた。ただ東日本大震災の復興需要が縮小するなか、先行きに不透明感が強まっている。

全国コンビニ業 2017年の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。全国コンビニ業 2017年の倒産状況

全国コンビニ業で2017年の倒産件数は51件。
負債総額は18億1900万円で、前年比31%増

負債1億円未満が48件と9割超を占めた。
また、コンビニの休廃業・解散も、2014年から4年連続100件台で推移。2017年は前年比7.6%増の155件と過去最多を記録した。
倒産との合計は2011年から7年連続で前年を上回り、2017年(206件)は初めて200件台に乗せて、最多記録を更新した。

全国宿泊業 2017年の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。全国宿泊業 2017年の倒産状況

全国宿泊業で2017年の倒産件数は78件で、前年比3.7%減。
負債総額は502億9800万円で、前年比16.5%増。

宿泊業の休廃業・解散は152件と、倒産の約2倍となっている。

全国旅行業 2017年の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。全国旅行業 2017年の倒産状況

全国旅行業で2017年の倒産件数は28件で、前年比1件増。
負債総額は215億7300万円で、前年比465%増。

負債総額は、過去20年では1998年の440億6400万円に次いで2番目の高水準となった。
てるみくらぶと関連会社の自由自在2社で、負債185億1300万円を計上し、全体の85.8%を占めたためだ。
形態別では破産が25件と約9割を占めた。再建型の会社更生法、民事再生型はなかった。

全国 2017年の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。全国 2017年の倒産状況

全国で2017年の倒産件数は8405件で、前年比0.4%減。
負債総額は3兆1676億3700万円で、前年比57.8%増。

負債総額は製造業で戦後最大の倒産になったタカタ梶i負債1兆5024億円)の民事再生法申請が大きく影響した。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。