大阪市淀川区で大型工作機械製造のホンマ・マシナリー(株)が民事再生法適用申請

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東日本大震災復興の検証 [ 綱島不二雄 ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2017/5/1時点)



大阪市淀川区で大型工作機械製造のホンマ・マシナリー(株)は、4月2日に民事再生法の適用を申請し、同日同地裁より保全命令を受けた。

製鉄所における大型加工機械、船舶用のエンジンや原子力発電に必要な各種パーツ類を製造する特殊専用機を主体に、ターニング機、五面加工機、シールド機など工作機械類の製造を手掛けていた。
製造は本店工場と明石事業所で手掛け、1台2〜3億円の大型専用機の製造に強みを有していた。造船、鉄道、原発向け専用機に対して高い技術力を有し、産業機械部品メーカーや鉄鋼商社などに営業基盤を確立。1992年4月期は年売上高約35億1500万円を計上していた。

しかし、その後は、得意先の設備投資意欲の減退から売上げは漸減し、2006年4月期には年売上高約17億8700万円までダウン、さらに採算性を度外視した受注を繰り返していたことで3期連続経常損失を計上するなど収益面も悪化し、金融債務も膨張していた。
このため、おおさか中小企業再生ファンドの支援のもと、再建計画を策定し、金融機関の協力を得て経営再建を図っていた。これにより2011年4月期には大手電機メーカーからの原発関連受注が伸長するなど、年売上高約29億1800万円まで回復。

ところが、東日本大震災以降は原子力発電関連受注が大幅に減少したほか、中国などの新興国の経済減速を受けて設備投資を控える動きが顕著となり、受注は低迷。
代金回収までの資金負担も重く、資金繰りは逼迫。劣後ローンなどによる資金調達や外注費などの経費削減に努めていたものの、ここに来て資金調達力が限界に達したことで今回の措置となった。

会社名 ホンマ・マシナリー(株)
業 種 大型工作機械製造
所在地 大阪市淀川区
設 立 昭和32年5月
創 業 昭和21年2月
資本金 4904万円
負債額 35億円
従業員 118名

2017年5月1日の全国倒産状況

<注目の商品>


倒産速報 明日はわが身です。2017年5月1日の全国倒産状況と倒産続報です。

東京都
装いの道(株) 和装小物等販売・「装道礼法きもの学院」運営、民事再生手続き開始決定


(株)オープンランウェイズ ソフト開発販売、破産開始決定
(株)アールプラン バッグ・婦人服販売、破産開始決定
(株)遠藤商事・Holdings. 飲食店経営、破産手続開始決定


長野県
シブキヤ建設株式会社 土木工事、民事再生申請


大阪府
ホンマ・マシナリー株式会社 大型工作機械製造、民事再生法適用申請
(株)松下商会 液晶用導光板・拡散板製造、自己破産申請


兵庫県
(有)グッドリバー 小売、破産手続き開始決定

広島県
(株)曙不動産 不動産・住宅建築、破産手続開始申立準備

京都港区でソフト開発販売の(株)オープンランウェイズが破産



東京都港区でソフト開発販売の(株)オープンランウェイズは、4月12日に破産手続きの開始決定を受けた。

AR(拡張現実)技術のアプリソフト「セカイカメラ」の(株)tabを平成27年10月吸収合併し、同社事業を行っていた。
この間増資するなど事業拡大の動きを見せていたが、うまくいかず、増資金も使い果たし、平成28年3月までに事業を停止していた。

会社名 (株)オープンランウェイズ
業 種 ソフト開発販売
所在地 東京都港区
設 立 平成27年8月設立
負債額 調査中

東京都文京区で和装小物等販売・きもの学院経営の装いの道(株)が民事再生開始決定



東京都文京区で和装小物等販売・きもの学院経営の装いの道(株)は、4月14日に民事再生法の適用を申請し、4月19日に再生手続きの開始決定を受けました。

和装小物及び呉服を全国の有名百貨店内で販売するほか、きもの学院「装道礼法きもの学院」を東京本校ほか全国5校の運営を行い、一定の会員の基盤を有して、ピークとなる平成6年4月期には売上高約66億5000万円をあげていた。
しかし、長引く消費の低迷、呉服需要減退に加え、不採算店舗の増加などにより、28年12月期(決算期変更)の売上高は約19億5000万円に減少。
その後、不採算商品の見直しなどを行い業績回復に向け経費削減などに取り組んだものの、売上減少に歯止めが掛からず、今回の措置となった。

会社名 装いの道(株)
業 種 和装小物等販売・きもの学院経営
所在地 東京都文京区
設 立 昭和39年8月24日
資本金 8700万円
負債額 11億円

大阪市淀川区で幼稚園経営の(学)森友学園が再生手続開始決定



大阪市淀川区で幼稚園経営の(学)森友学園は、4月21日に民事再生法の適用を申請し、4月28日に再生手続開始決定と管理命令を受けた。

理事長・園長の籠池千浪氏は、本日弁護士を通じて「今後は裁判所の監督のもと、管財人による公平・公正な手続きで当学園の再建を図ることとなる。塚本幼稚園幼児教育学園は、これまで通り運営を継続し、園長と教職員が誠心誠意、真心をこめて園児の皆様の教育にあたる所存」とのコメントを発表している。

会社名 (学)森友学園
業 種 幼稚園経営
所在地 大阪市淀川区
設 立 昭和46年3月
負債額 16億6500万円

茨城県土浦市でバイク自動車専門誌発刊のインターロジコム(株)が事業停止



茨城県土浦市でバイク自動車専門誌発刊のインターロジコム(株)は、事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っている。

ネット普及で書籍が売れなくなった。

会社名 インターロジコム(株)
業 種 バイク自動車専門誌発刊
所在地 茨城県土浦市
負債額 2億5000万円

東京都豊島区で太陽光発電施設分譲の(株)ライズデザインファクトリーが破産



東京都豊島区で太陽光発電施設分譲の(株)ライズデザインファクトリーは、4月19日に破産手続きの開始決定を受けた。

太陽光発電システムなど再生エネルギー施設の販売事業者。
平成27年9月期には13億円以上の売上高を計上していたが、事業の急拡大で資金が間に合わず、販売物件の引渡し遅れなどから信用問題に発展、税滞納もあり、資金繰りに行き詰った。エネルギーファンドなどのスポンサーを付けていなかったようだ。

会社名 (株)ライズデザインファクトリー
業 種 太陽光発電施設分譲
所在地 東京都豊島区
設 立 平成26年11月
負債額 3億円

東京都目黒区でピザ店全国展開の(株)遠藤商事・Holdings.が破産



東京都目黒区でピザ店全国展開の(株)遠藤商事・Holdings.は、4月28日に破産手続きの開始決定を受けた。

ベンチャーキャピタルからの出資を得てピザ店を直営やFC店で全国展開していた飲食店舗経営会社。
店舗名「NAPOLI」、「Napoli’s PIZZA & CAFFÉ」、「DROP」、「Barta」などを運営し、直営店25店を含め約80店舗を展開。
平成28年9月期には約25億円の売上高を計上していた。しかし、ピザ価格を500円と安価に設定していたこと、店舗展開を急拡大させていたこと、広告費増、人件費増、借入増などから採算性の悪化、資金繰りの悪化を招いていた。

会社名 (株)遠藤商事・Holdings.
業 種 ピザ店全国展開
所在地 東京都目黒区
設 立 平成23年5月
負債額 13億円

長野県松本市で食肉販売卸の(有)鶴川精肉店他1社が破産



長野県松本市で食肉販売卸の(有)鶴川精肉店と関連で食品加工業の(株)ロイヤルクックは、4月14日に破産手続きの開始決定を受けた。

地場産ブランド肉を中心に地元中心に小売、飲食店、ホテルなどへ卸業を営んでいた。しかし、消費不況に売上不振が続き、インバウンド効果もなく、今回の事態に至った。ロイヤルクックは同社に連鎖した。

会社名 (有)鶴川精肉店
業 種 食肉卸所在地 長野県松本市
創 業 大正3年
負債額 4億円

山口県山陽小野田市で工場プラント機械設計・製作・施工の(株)エアーメックが事業停止



山口県山陽小野田市で工場プラント機械設計・製作・施工の(株)エアーメックは、4月17日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

工場地帯のメーカー対象に受注していたが、本社工場などの設備投資に過大な借入れを行い、その償却により債務超過に陥り、資金繰りにも窮するようになっていた。

会社名 (株)エアーメック
業 種 工場プラント機械設計・製作・施工
所在地 山口県山陽小野田市
設 立 平成23年3月
負債額 8億円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。