会社員は手取りの2割を蓄えるべし!「老後破産」を防ぐ3つのポイントとは?



老後に破産、あるいは破産しないまでも極度の貧乏に陥るのは嫌だし、怖い。本記事を読む淑女の皆様も多くがそう思われているだろうし、筆者自身も(現在58歳だが)「自分の老後について怖い!」と思っている。それでは、老後破産に近づかないために、どうしたらいいのか。
 
海外留学したMBAなどがよく言うプレゼンテーションの定石に、「取りあえず、ポイントが3つあると言って話し始める」というやり方がある。さっそく真似しよう。

■第1のポイントは、老後の生活費と現役時代の生活費を、大まかでもいいからリアルに計算することだ。具体的に計算せずに、漠然と不安に思っていると、良くない話に引っかかりがちになるし、いつまでも心配が消えない。
計算方法の詳細は省くが(難しくない。何冊かの拙著で解説しています)、会社勤めの方(年金は厚生年金がある)の場合、個人差はあっても、おおよそ手取りの収入の2割程度を蓄え続けると(浪費家には厳しい数字だ)、老後を現役時代の7割くらいの生活費支出で暮らすことが出来る計算になる場合が多い。
会社員ではなくてフリーランスの働き方の場合は、公的年金が国民年金だけなので、手取りの収入から、もう5%か10%よけいに蓄えなければならないし、専業主婦の場合は、ご主人の収入から現実に必要な貯蓄が出来ているかを、しっかりチェックしなければならない。
将来は、経済にも、人生にも、いろいろな変化があるが、貯蓄が足りていると柔軟に対応出来る。そして、計算上、現役時代に送っていた生活と大きくは違わない生活が出来るはずだと考えると、いたずらに不安に思う必要はない。「明日悩んだらいい不安」に今日悩む必要はない。

■第2のポイントは、国の制度を有効に利用することだ。
課税される所得がある方は、確定拠出年金を使うことで大きな税制上のメリットを得ることが出来る。老後に備えた貯蓄は必ず要るが、第1番目に有利なお金の置き場所は確定拠出年金なので、これを最大限に利用したい。
また、公的年金は通常65歳から支給が開始されるが、この開始を遅らせることで、1月あたり0.7%年金支給額を増やすことが出来る。現在の制度上、最大70歳、即ちプラス42%まで年金を増やせる。
平均寿命を考えると現在でも支給開始を遅らせることが有利だし、「長生きのリスク」への備えとして堅実な方法でもある。

■第3のポイントは、「他人」に十分注意することだ。特に注意すべき他人は、ズバリ「金融マン」だが、友達の口コミなどにも注意するほうがいい。
老後を不安に思うと、つい儲け話に参加したくなったり、個人年金保険のような一見堅実そうだけれども、実質的な手数料が高くて(保険会社と販売会社が儲かる!)契約者にとって損な商品に惹かれたりする。
「無料」であっても、金融機関の「相談」に近づいてはいけないし、いかにも真面目で誠実そうな金融マンこそ(自分の会社に忠実な人なのだから)気を付けなければならない、と申し上げておく。

佐賀県 2016年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。佐賀県 2016年度の倒産状況

佐賀県で2016年度の倒産件数は39件で、前年度比5件増。
負債総額は49億800万円で、前年度比5100万円増。

2013年3月に中小企業金融円滑化法が終了した後も、金融機関が借入金の返済繰り延べに応じるなど、実質的な金融支援を続けていることも低水準につながっている。
 
負債5億円以上は観光ホテル元湯(嬉野市、7億円)、生コン製造の納所運輸(同市、6億8千万円)など4件。負債1億円未満の小口倒産が35件で、全体の約9割に上った。
 
業種別ではサービス業が最多の13件で、小売業9件、製造業6件と続いた。原因別では、累積赤字や販売不振など「不況型」が6件増の37件と大半を占めた。
 
資金的な支援を受けた企業でも、人手不足や経営者の高齢化などの課題に直面しており、抜本的な経営改善が進まない企業は多く、企業努力がより一層求められていると指摘している。

入りにくい店



●1個80円のハンバーガーや280円の牛丼など、商品の価格が下がり続けているこの時代に、全く逆の現象も見え始めている。
1万円のカレーや、7000円のラーメンといった「高値商品」が、一部でヒットしている。
世の中のあらゆる価格が下がり続けている今、逆に、高値は目立つ存在となってきたということか?
7000円のラーメンがヒットし続けるとは到底考えられないが、いつの時代においても、目立つ商品は売れる可能性を秘めている。

●ひと昔前、ファッションチェックを受けるディスコがあった。
金さえ払えば誰でも入れる、というわけではない。そのチェックは本当に厳しいもので、
「スニーカーだからダメ」という程度ではなかった。
頑張っておしゃれをしてきた若者も、「いまいち」と帰されてしまうパターンもしばしば。それでも、店は連日大盛況。順番待ちの客が列を作っていた。

●「せっかく金を払ってくれる“客”なのだから」と思うかもしれないが、このような形態の店は、ディスコに限ったことではない。
高級レストランと呼ばれるもので、同様の店もあった。
ここでは、ファッションチェックをするわけではないが、客層や内装といった、店の存在そのものが客を選んでいた。
自然とその店の風格にあった客が集まっていたという。

●レストランにしろディスコにしろ、なぜ、客はこのような店を選んでまで行こうとするのか?
ここでの客心理は「あの有名な○○に踊りに行った」という満足感だろう。
知人にも自慢気に話をすることができる。
つまり、その店に行くこと自体が、ひとつのステイタスとなっている。「おいしい」や「安い」とはまた異なる価値観が存在する。

●ネットショップでよく聞かれる話として、「なんでも屋」よりも、1つのジャンル(もしくは商品)を専門的に扱った方が売れる可能性が高い。
そこには「専門だから安心」「専門だから安いだろう」といった客心理が働く。
どんな店でも言えることだが、どこにポイントを置くかで、売れ行きは変わってくる。
「安い」に価値観を見出すのか、「高い」に価値観を見出すのか、「入りやすい」または「入りにくい」 …全てありだろう。
ただし、「高い」や「入りにくい」に価値観を見出す場合は、相応の付加価値が必要となってくる。
そのうち、10万円のコーヒーや1000円のスーツなんてものが出てくるかもしれない。

千葉県 2017年4月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。千葉県 2017年4月の倒産状況

千葉県で2017年4月の倒産件数は21件で、前年同月比1件減。
負債総額は25億500万円で、 前年同月比40%減。

金融機関の中小企業に対する支援が広がり、倒産件数の抑制につながっているという。

クチコミプロモーション



●面白い広告手法があらわれた。これまで「クチコミ」というと、それを直接的に誘発させる手段はなかった。
ある意味、間接的に「こういうネーミングにしたらクチコミしやすいだろう」とか、「こういうキャンペーンを打てば評判がでるのでは?」といった手法がほとんどだったと思う。
また、「クチコミ」はその測定が非常に難しく、偶然性の強いものであった。そのような「クチコミ」を計画的に誘発させるプランがあらわれた。

●実施している広告代理店にクライアントから依頼があると、同社に登録している2000人以上の主婦に、メールで販促キャンペーンへの参加を呼びかける。
名乗りをあげた主婦に、その商品についての内容や説明方法のマニュアルを送付、1人当たり5人に宣伝してもらうシステムだ。
報酬としては、1人にクチコミする毎に400〜500円を支払う。この場合、商品の情報を伝えることが目的となるので、このシステム自体の話をしても構わない。
知り合いからある特定の商品の“良さ”を聞いた上で、テレビや雑誌といったメディアに広告を打てば、高い相乗効果を得られるという狙い。

●では、どのようにしてクチコミをしたという証拠を得ることができるのか?
請け負った主婦は5人に宣伝をした際、相手がどのような反応を示したか、というレポートを提出することが条件となっている。
つまり、広告宣伝的な役割と同時に、マーケティング調査も実施できるというわけだ。

●通常モニター調査をする場合、約1500人の主婦で1500万円程かかるという。
これに対し、価格は800万円以内に設定した。 1500人がそれぞれ5人に宣伝するわけなので、7500人に対し800万円弱。
1人当たりに換算すると約1000円となる。 「宣伝」プラス「調査」で1人1000円。
これを高いと見るか、安いと見るか…。

●今年2月にはじめたこのプロモーションだが、いくつかの難しい点もある。
例えば、1人の女性が継続的にこの仕事を請け負い続けることが可能であるのか?
6人1グループでそれぞれ登録し、他の5人に宣伝し合えば、トータル人数は販売実数とかけ離れるのでは?
また、先ほど算出した1人当たり1000円かけるのなら、別の方法があるのでは? など。
ただし、このプロモーションで爆発的なヒット商品が現れれば、非常に魅力的なツールとなるだろう。
今後の展開を見ていきたい。

佐賀県 2017年3月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。佐賀県 2017年3月の倒産状況

佐賀県で2017年3月の倒産件数は1件で、前年同月比1件減。
負債総額は6億円で、 前年同月比1億8千万円増。

兵庫県神戸市で住宅リフォームの(株)カームハウジングが自己破産申請の準備



兵庫県神戸市で住宅リフォームの(株)カームハウジングは、4月26日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

競争激化、労務費高騰で採算性を悪化させ行き詰った。

会社名 (株)カームハウジング
業 種 住宅リフォーム
所在地 兵庫県神戸市
負債額 調査中

兵庫県神戸市でGSメンテナンスの出商(株)が破産



兵庫県神戸市でGSメンテナンスの出商(株)は、4月5日に破産手続きの開始決定を受けた。

元々化成品・建材販売会社で、平成15年8月民事再生法の適用申請、その後終結させていた。
最近では化成品や建材事業を縮小し、事業の主力をガソリンスタンドのメンテナンス工事に集約、10億円台の売上高を計上していた。
しかし、不況によるガソリンスタンドの設備投資減退で売上高を落とし赤字経営が続き、事業を他社に譲渡し、同社は今回の申請となった。

会社名 出商(株)
業 種 GSメンテナンス
所在地 兵庫県神戸市
設 立 昭和42年7月
負債額 8億円

東京都台東区でパチスロゲームソフト開発の(株)ブームが民事再生法の適用申請



東京都台東区でパチスロゲームソフト開発の(株)ブームは、5月1日に申請処理を弁護士に一任して、東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請をした。

パチスロ業界に対する規制強化により、業界の新規投資が大幅に減少、同社の売上高も減少し、開発負担も大きく経営不振に陥り、スポンサー支援により、抜本的に財務内容を改善し再建させるため今回の申請となった。

会社名 (株)ブーム
業 種 パチスロゲームソフト開発
所在地 東京都台東区
設 立 平成9年7月
負債額 2億円

神奈川県川崎市で板金・プレス加工の朝日工業(株)が自己破産を申請



神奈川県川崎市で板金・プレス加工の朝日工業(株)は、5月1日に申請処理を弁護士に一任して、自己破産を申請した。

電機・通信機器の筐体製造を得意とし、平成12年5月期には約13億円の売上高を計上していた。
しかし、リーマン・ショック後メーカーから受注が大幅に減り、京浜工場の投資にかかわる借入金も負担が大きくなり、金融機関からの新たな借入れもできず、行き詰った。

会社名 朝日工業(株)
業 種 板金・プレス加工
所在地 神奈川県川崎市
創 業 大正7年
負債額 8億円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。