時流に合った店舗展開を、新しいメンバーとともに切り拓いていきたいです



7年前にオープンした当初は、飲食店街とはいえ、メイン通りから入った人通りの少ない一角のお店でした。周囲の店が激しく入れ替わる中、当店は間口も狭く、1、2年もつかな、という具合でした。
舩井幸雄氏のファンだったことから独学で経営を学び、名物メニューを作ると、お子様連れから年配の方まで喜ばれました。メディアやインターネットのクチコミで順調に業績は伸ばしていたものの、4名で切り盛りできている時代でした。

縁あって船井総研の釼持さんと出会い、コンサルティングを依頼。メニューの棚卸しや内装の工夫などさまざまな施策を繰り返すと、さらに業績は向上し、一人でこなしていた調理がいよいよ回らなくなりました。
もう一人、料理人がほしい。2店舗目構想もあり、はじめての正社員採用を決めました。

小さな個店 はじめての採用
そうはいっても、こんなに小さな店にとって、タウン誌や求人誌に払う広告料は高騰しすぎていて膨大になります。そんなに費用がかかるなら、小さな個店のまま一人でやりくりしていくほうがいい、ということになります。

採用のために働かねばならないことには大きな抵抗がありました。そこで釼持さんから紹介されたのが求人特化型検索エンジン「インディード(Indeed)」(インターネット上で求職者が自社採用サイトにダイレクトにアクセスできる検索エンジン)を利用した採用でした。はじめはよくわかりませんでしたが、クリックされてはじめて課金されるという仕組みはとてもわかりやすく、掛け捨てのような無駄な広告料がかからないことにとても魅力を感じました。

制作費用に戸惑いながらも、必要性から自社の採用サイトを立ち上げました。
笑顔で楽しい雰囲気を全面に出したことで、お店をわかっていただいた上で応募いただけるので、顔を見せることの大事さを実感しました。

採用ページに誘導するためのインディード活用の仕組みは、釼持さんにすべてお任せしました。15名の応募は驚異的な数字でしたが、若い未経験の方から、年配の調理経験者まで幅広い求職者にもさらに驚きでした。
将来お店を任せられそうな方を選抜して採用しました。お店の味を守るために、身につくまで粘り強く繰り返し教えています。お客様のほうが味に厳しいですから、こちらも真剣です。採用した社員はみんな素直な方でどんどん知識や技術を吸収し、成長してくれています。

インターネットの時代であることはコンサルをしてもらって売上が上がった時にも感じていましたが、採用についてもインターネットの時代なのだと実感しました。
実施してみると、よくできたシステムだと関心します。現在も引き続き、採用を続けています。移り変わりの激しい飲食業界ですから、時流に合った店舗展開を、新しいメンバーとともに切り拓いていきたいです。

従業員満足度トップの医院になりたいです。



スタッフ中心の組織づくり
開院当初から組織づくりを模索する中、船井総研の評価制度構築セミナーに参加すると、「働きがい溢れる日本一の歯科医院創り」をコンサルティングテーマに掲げる戸澤さんと出会いました。
数々の提案に、自分の枠を取り払うため、とにかく取り組んでみました。例えば閉院時間の前倒しです。21時までの診療時間は多くの患者さんに喜ばれている一方、スタッフがせわしなく、とてもギスギスしているように見受けられました。戸澤さんから19時に短縮する提案をいただいた時は本当に考えに苦しみましたが、スタッフの働きやすさを優先し、決断しました。スタッフに精神的にも身体的にも余裕が生まれたように思います。その後の採用では、初の新卒2名を含めた3名の歯科衛生士を採用することができました。

経営方針を示す
また、1泊2日の3ヵ年事業計画合宿にも参加しました。
住宅不動産業界向けでしたが、じっくりと考えることができ、とても有意義でした。
一つに、医院理念を刷新しました。今までも理念はありましたが、短くスローガンにまとめることで腹に落ちやすくなりました。また、今までなかった「入社式」を行いました。ホテルオークラを借り、全員スーツで行います。
新入社員の3名は抱負を、先輩社員から10分程度のメッセージを贈ります。お互いに気持ちが引き締まり、帰属意識が高まったようでした。
入社式後、これも初の経営方針発表会を行いました。開院から5年、医院の方向性や大切にしたいメッセージを、8名のスタッフに初めて伝えることができました。

スタッフの満足はどこに?
みんなでワイワイしているのが好きで、スタッフとの食事は定期的に実施していますが、単なる仲良しクラブではなく、良い意味で遠慮なく仕事ができるチームにしたいです。
スタッフの「満足」がどこにあるのか?と考えると、それぞれが頭を働かせ自発的に動き、力を発揮するシーンが想像できます。
働きがいを感じるスタッフが定着することなしに、生産性の向上、患者満足、医院の拡大はないでしょう。従業員満足度トップの医院になりたいです。

選択の科学



NHK教育テレビでも話題になった「選択の科学」は、選択の方法、過去の経験からくる選択基準など、日常で多くある選択について研究された内容をまとめた本です。
わたしたちが「選択」と呼んでいるものは、自分自身や、自分の置かれた環境を、自分の力で変える能力のことだ。
ちなみに私はこの本を読んで、自分自身で選択を行うには成功体験が必要だと感じました。選択を自らできる人生になりたい方には、必読の書です。

一講「選択は本能である」に選択の定義が出てきます。
わたしたちが「選択」と呼んでいるものは、自分自身や、自分の置かれた環境を、自分の力で変える能力のことだ。
その意味で選択とは生きる力の源とも言えます。
犬やネズミであっても自分の意思で状況を変えることを学ぶ機会を持った個体は、
そうでない個体に比べて生きる意欲に大きな差が出るという実験が紹介されていました。

しかしそれほど大事な選択について、第二講では別の視点から検証が入ります。
インド生まれの著者の父は結婚するまで母の顔を知らなかった。
結婚相手は親戚一同で協議して決めるのが風習だったから、結婚する当人同士に選択の余地なし。
それでいて両親は幸せな夫婦だった。
「生涯の伴侶のような重要なことは自分で決めた方がいいに決まっているじゃないか」と思ってしまうのは、実際には決まりきったことではない。
恋愛結婚の夫婦は初期には高い幸福感を味わうが、年月がたつにつれて徐々に低下する。
取り決め婚の夫婦の初期の幸福感は恋愛結婚の夫婦ほど高くないが、年月がたつにつれて徐々に感情が高まり10年経過後では恋愛結婚と逆転する。
という調査結果もあるそうです。
自分が選ぶことが幸福への道とは限らない。

そして選択肢が多すぎることも、必ずしも良いことではない。
著者が行った選択肢の数に関する実験は、ジャムの試食コーナーで6種類の試食ができるようにした場合と、24種類の試食ができるようにした場合の客の行動を比較するというものです。
6種類の試食に立ち寄った客のうちジャムを購入した客は30%だったが、24種類の試食に立ち寄った客のうちジャムを購入した客はわずか3%だった。
多すぎる選択肢に客は戸惑ってしまい、選択を放棄したというのです。

限られた選択の中で創造性を発揮し、選択を最大限に活かすこともまた楽しいこと。
「目が見えない」という非常に大きな選択の制限を持っている著者にそう言われては、選択に恵まれている人間として立つ瀬がありません。

「老後破産」を回避せよ!



老後破産を回避するためには、公的年金をきちんと受け取れるようにしておくこと、そして公的年金だけでは不足する老後資金を自分で用意しておくこと、つまり「公+自」ができていれば大丈夫。とはいえ、人生には病気や失業、自然災害など、予測しなかった出来事が起こることもあり、それによって財産が失われたり、収入が途絶えたりする可能性もないとはいえません。

そういう事態に対しては大抵の場合、公的な補助や支援制度があります。それにプラスして自分で備えておくことが大切。こちらも「公+自」で備えましょう。

病気やケガの可能性は誰にでもあり、治療費がかさんだらどうしようと心配する人もいるかもしれません。でも、日本ではすべての人が何らかの公的な健康保険に加入することになっていて、病院での治療費・入院費や処方薬代は、最大でもかかった費用の3割を自己負担額はすればすみます。また、1カ月の医療費の自己負担額には上限があり、それを超えた分は払い戻されます。

会社員であれば、病気やケガで入院あるいは自宅療養のために仕事を休み、その間、給与が支払われなかった場合、給与の3分の2が「傷病手当金」として最長1年半受け取れます。

特定の難病にかかった場合は、医療費などが補助される仕組みもあります。また、高度障害を負って、例えば車いすの生活を余儀なくされるといったケースでは、障害年金が受け取れます。

このように、病気やケガに対しては公的支援がかなり手厚いといえます。会社や加入している健康保険組合によっては、更に上乗せの制度があることも多いので、一度調べておくといいですね。自営業の人には傷病手当金がないので、民間保険会社の所得補償保険などに入っておくと安心です。

■災害・失業のリスクに備える
地震や台風なども避けられないリスクの1つ。大規模な災害で被害を受けた人の生活再建を助ける仕組みとしては「被災者生活再建支援制度」があります。自然災害によって、住宅が全壊したり、半壊するなどしてやむを得ず解体したりした場合、最大で300万円(1人の世帯はその4分の3)が受け取れます。ただ、これで失われた家を建て直すことはできないので、マイホームを買ったら火災保険・地震保険への加入は必須です。

また、災害で家財が失われた場合に備えて、持ち家の人も賃貸住まいの人も家財の火災保険・地震保険に入っておきましょう。

失業したら失業手当が受け取れるということは知っていますよね。正確には雇用保険の基本手当といいます。手当の額は、60歳未満の人の場合、1日あたり、離職前の6カ月の給与を日割にした金額の50〜80%(賃金の低い人ほど率が高い)。会社の倒産や解雇など、いわゆる自己都合以外の失業の場合、手当を受け取れる期間は年齢や雇用保険に加入していた期間で決まり、45歳未満の人だと最も短くて90日、最長270日となっています。

■公的制度は漏らさず使おう
公的な制度は細かい内容まで覚える必要ありませんが、何かあったとき「支援制度があったはず」と思いだせれば役所に問い合わせることができ、補助や支援を受けそびれずにすみます。

ただ、公的な補助・支援制度だけでは十分ではないかもしれないし、お金を受け取るまでに時間がかかることもあるので、ある程度の貯蓄をしておくことは絶対に必要です。想定外の出来事が起こったとき、公的制度は漏らさず使うことと、自分でも備えておくことが老後破産の回避につながります。

WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う



人々をインスパイア(鼓舞したり影響を及ぼすこと)したければ、WHYから始めなければなりません。
多くの人がWHAT、つまり何をするか?にこだわっていますが、本書ではWHY→HOW→WHATの順番こそが適切だということを教えてくれます。スティーブジョブズをはじめ、社会をインスパイアしてきた人々は皆、「何故するのか?」を大事にしています。

WHYからはじめる大切さは脳科学でも証明されており、ゴールデンサークル理論として現在は多くの経営やマネジメントに適用されています。

イノベーションを起こし、新しい時代を切り開くには、whyを考えることが重要だ。それが結論だ。

モノ・サービスを販売する会社の社員を例に考えると、ほぼすべての社員が、自分たちが何whatを売っているかは知っている。
そのうち、どうやって売れば良いかhowを知っている人は、少し少ない。
だが、なぜその会社がそれを売っているかwhyについて知っている人は極めて少ない。

アップルを例にするまでもなく、このwhyをしっかりと持つことが重要だ。
我々は誰で、何をしたいのか、を考えるのだ。
常に前進し、世の中のためになる新しいものを作りたい、この願いが組織全体に浸透したとき、何かが生まれるのだ。

インスピレーションと勇気を与えてくれるすばらしい一冊です。

道をひらく 松下幸之助著



パナソニックを一代で築き上げた松下幸之助さんの著書です。私の好きなフレーズをいくつか紹介します。

頭で知ることも大事だが、身をもって知るということが何よりも大事。

塩の辛さはなめてみてはじめてわかる。

早いけれども雑だというのもいけないし、ていねいだがおそいというのもいけない。

念入りに、しかも早くというのが、今日の名人芸なのである。

人間はとかく虫のいいことを考えがちで、雨が降っても自分だけはぬれないようなことを、日常平気で考えている場合が多い。

どうでしょうか。上記のように、本書では名言を数多く残されています。
ちなみにこの本、凄く小さくて軽いので一時期私は常にカバンに入れてました。何か悩む度に開くと答えをくれる一冊です。

部下を物のように使い捨てて、出世していく上司。
陰でお互いの悪口を言い合う同僚。
そして、そんな職場で誇りの持てない仕事をただ右から左に流すだけの自分。。

そんな風に働く意味を見失った時、この本を読むと、働くことの素晴らしさをいつも再発見できる。
他人がどうであれ、生命をかけて、自分がなすべきことに真剣に取り組むこと。
どんな劣悪な環境でも諦めず、未来のために、より良い仕事をしようと思わせてくれる稀有な本だ。

東京都渋谷区で旅行代理業の(株)てるみくらぶが「臨時休業」の張り紙



東京都渋谷区で旅行代理業の(株)てるみくらぶは、3月24日朝から本社玄関に「臨時休業」の張り紙を掲示した。

「大阪、名古屋、福岡、札幌の支店は24日、臨時休業している」と話し、一部の旅行申込者が発券システムのトラブルで出発できない事態を認めている。
「発券システムにトラブルが生じている。旅行申込者からの対応は個別に行っている」と話し、同日、旅行申込者には山田社長名で「緊急のお知らせとお詫び」と題したメールを送付した。
 
メールには「発券済みの航空券はご利用頂けるかどうか現時点で確認できておりません」としたうえで、「ご購入済みの旅行ツアー代金の返金等につきましては、日本旅行業協会等関係先と協議の上、ご連絡させていただきます」としている。
 
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)によると、「てるみくらぶの弁済業務保証金限度額は1億2000万円。てるみくらぶに関する問い合わせは本日だけで10数件寄せられている」と話している。
海外パッケージツアーのオンラインで格安販売を手がけ、急成長していた。28年9月期の売上高は約195億円を計上していた。

会社名 (株)てるみくらぶ
業 種 旅行代理業
所在地 東京都渋谷区
設 立 平成10年12月4日
資本金 6000万円
負債額 調査中

広島県庄原市で土木工事の藤元建設工業(株)が破産



広島県庄原市で土木工事の藤元建設工業(株)は、2月28日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、3月14日に破産手続きの開始決定を受けた。

官公庁主体の受注で以前は17億円以上の売上高を計上していたが、官公庁の発注が減少する中、売上高も落ち続け、採算性も悪化させて資金繰りに窮し行き詰った。

会社名 藤元建設工業(株)
業 種 土木工事
所在地 広島県庄原市
創 業 昭和6年
負債額 10億円

静岡県焼津市で什器製造の(株)海野工芸が自己破産申請の準備



静岡県焼津市で什器製造の(株)海野工芸は、3月22日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

病院・医療施設関係、什器・特注家具関連、製品施工関連の家具の製造、販売会社。以前はスピーカーの箱を製造していたが、現代ではスピーカーが木製からプラスチック製移行した上、小型化し、同社のニーズはなくなり、各種別注家具、シューズボックスなどを生産していた。しかし、消費不況から販売不振に陥り、今回の事態に至った。

会社名 (株)海野工芸
業 種 什器製造
所在地 静岡県焼津市
創 業 昭和38年
負債額 2億5000万円

逆境に強いのは内部要因から生み出される利益



利益の源泉のうちの外部要因に恵まれれば、多少経営の腕がお粗末でも売上も利益も出る。2017年時点での東京では、3年後のオリンピックを見据えて、建設関連および建設資材の業界は好景気に沸き業績を伸ばしている。観光産業も、現在、円安によるインバウンドによって倍々ゲームを続けている。
 
外部要因の利益に対する影響は大きい。しかし、外部要因は自分たちの手で変えることはできない。
自社では変えることのできない外部からの与件であるから、オリンピック景気の反動、円安から円高へと為替の変動があれば、環境は逆転し形勢は一気に不利になる。
 
一方、内部要因は、外部要因と異なり自社でマネジメントし、コントロールできる。自分たちの手で変えることができるのだ。
 
外部環境に恵まれないとき、逆風のときに頼りになるのは、内部要因から生み出される利益である。利は内にあるのだ。
 
経営が逆風のときには、内部要因の改善、改革で利益を捻出するのみならず、打つべき手がほかにもある。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。