東京都渋谷区で旅行業の(株)てるみくらぶが破産



東京都渋谷区で旅行業の(株)てるみくらぶは、3月27日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。

自社サイト「てるみくらぶ」を利用した海外主体の一般旅行業を手がけていた。インターネットによるオンライン予約事業を中心に、ハワイ、グアム、サイパン、韓国、台湾などの一都市滞在型海外パッケージツアーを展開。格安旅行会社として一定の知名度を有し、札幌、名古屋、大阪、福岡に営業所を構えるほか、ハワイ、グアム、韓国などに現地法人を設立するなど業容を拡大させ、2011年9月期には年売上高約134億2400万円を計上。
近年は、ヨーロッパ旅行やクルーズ旅行など付加価値の高い商品を提供するほか、積極的な広告展開も功を奏し、2016年9月期の年売上高は約195億円に達していた。

しかしこの間、対面販売や添乗員の増員等で人件費が増加していたうえ、積極的な広告出稿にともなう販管費負担のほか、円安の影響も重なり利益率は悪化、余裕のない資金繰りが続いていた。
このため取引先への支払条件の変更等で繰り回していたが、3月24日になり突然、旅行ツアーの航空券が一部発券できなくなり、一部のツアー催行を中止するなど複数のトラブルが表面化。取引先に対する支払遅延も発生するなか、当座の資金繰りのメドも立たず、事業継続を断念した。

会社名 (株)てるみくらぶ
業 種 旅行業
所在地 東京都渋谷区
設 立 1998年(平成10年)12月
資本金 6000万円
負債額 151億円
従業員 130名

神奈川県相模原市で警備業の首都圏(株)が破産



神奈川県相模原市で警備業の首都圏(株)は、3月13日付で破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

施設警備や交通誘導などの人的警備を主力に事業を展開するほか、人材派遣や業務請負の各事業も手掛けていました。

会社名 首都圏(株)
業 種 警備業
所在地 神奈川県相模原市
設 立 1983年
資本金 3000万円
負債額 調査中
従業員 100名

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~



目標を達成するために常に意志を保つことができる人はいいですが、そのような人は極少数の方ではないでしょうか?
「やってのける」には、心理学的裏付けを元にした、意志力を使わずに自分を動かして目標を達成するべく方法論が書かれています。
本書に書かれている「自己決定理論」の内容は、私が最も好きな理論です。誰かに悩み相談をされたときや講演の機会があればよく話している内容ですので、是非読んでみてください!

何かをやってのけることについて書かれた本。
つまり、勉強したりとか何かを目指したりとか、生きて行く中で向上心をもって行動することならあらゆることについて、うまく進める方法がテーマ。
著者はコロンビア大学の心理学博士であり、コロンビア大学ビジネススクール・モチベーションサイエンスセンター副所長。

本書でなるほどと思ったのは「人はそれぞれ違う」ということを前提にして書かれていること。
誰もに通じる万能の方法なんてありえないのだ。
そこで本書では、まずは人にはどういうタイプがあって、それぞれのタイプの人はどういうことからモチベーションを得られるかということを明確にさせて、それからさまざまな方法を示していく。
私自身はどうやら「防御型」というものらしく、成功者の話を聞くよりも、人の失敗エピソードを聞いたりすることで警戒心が上がり、モチベーションにつながるタイプのようだ。

それだけでなく、何を成し遂げたいかという目標のタイプによっても最適なアプローチは違うということを教えてくれる。
たとえば、難しい作業をしなくてはいけないときは、その作業の目的のような抽象的なことを考えるのではなく、目の前の作業のどの作業をクリアするかということを意識に置く(簡単だけど退屈な作業をするときはその逆で、大義に意識を置く)とか、何かをやりたいのにすぐに誘惑に負けてしまうという状況のときは、誘惑に負けることによって「失うもの」を意識するとか、すぐに着手しなくてはいけない作業のときは反対に「得られるもの」を意識するとか。

また、他人に行動をうながす方法も書かれている(自分で管理している感覚を与えるとか、動くための合図を適切に配置したり、見本のエピソードを刷り込ませる、など)。

他にも、ポジティブシンキングが適しているときいないときなど、現状の心理学における目標達成についての集大成的な内容になっていて、読み物としても楽しめた。
各章は目標の立て方からモチベーションの出し方、自制心の鍛え方、計画の立て方など、網羅的に整理されており、構成もすばらしい。

動機づける力―モチベーションの理論と実践



セルフマネジメントや部下のマネジメント、更に人事にも使える超必読書です。
特に、アカデミックなビジネス書が好きな方にはたまらない一冊です。
社員の感情的欲動に関することや性格別マネジメントスタイルなど、様々なことが書かれているのですが、部下を持ったことのある人が必ず一度は悩んだことがあるモチベーション管理の課題や解決方法ついても恐ろしいほどに理解できます。
マネジメント関連の本では最もおすすめできるビジネス書です。

確かに会社組織を中心に書かれている本だと思う。
しかし、見方を変えると会社という概念ではなく、自分、友人との付き合い方にも適用できる部分があるように思える。
今、自分が問題に思っていることを思いながら読んでいくと、何気に当てはまる部分もある。
日本の会社には当てはまらないかもしれない、文化にあてはまらない。
でも、何かをしなくてはと思う場合、すべてをまねるのではなく、一部でも変えていけばとも思う。
中に一つ、つじつまが合わないような印象のあるものもあるが、他の本より得るものが多かったそんな本でした。

ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方



あなたの人生の目的は何ですか?ほとんどの人がこの問いに答えれないのではないでしょうか。
そんな方に、人生の目的を見つけるためのヒントをくれるビジネス書です。
人はみんな、自分が何を大事にしているのか無意識的にわかっていると本書では説明しています。
しかし、今していることがその大事な価値観に沿っていなくても、今が正しいと無理矢理自分を説得してしまうのが人間なのです。
本書を読んで、あなたが一体どんな価値観を持っていて、何を大切にしたいのかを、改めて思い出してみてください。

自分のより良い未来の為にと色々な自己啓発の本や引き寄せの本などをよんでみましたが、自分の目的というとはっきりと見えてこない。
ここがもっと具体的な目標がなくてはいけないのではないかと思っていました。そんな時に購入したのがこの本です。
まさしく私のような人にはおすすめです。
今度こそ自分が求めているものがハッキリしたと思えました。

生き方―人間として一番大切なこと



京セラ、KDDI、JALなど、日本を代表する会社を経営してきた稲盛和夫さんの著書です。本書のサブタイトルにもあるように、ビジネスで成功するために、人間として大切なことが書かれています。
線を引く手が止まらないほど、全てのページに心打たれます。

ご老人で経営の神様と言われている稲盛和夫さんの本は深みがある。
30代、40代の人の書いた本とは明らかに違う。こういうのが人間の深みというものなんだろうな。よくわかった。
稲盛さんは天才方ではなく、自分に厳しく普通の人には真似が出来ない努力を毎日してきた人なんだなと感じた。
そして、何よりと仕事が大好きで仕事優先な方。
この本は綺麗な心を取り戻したい時に飲むといい本だと思う。聖書という感じ。
頑張ろうと思うし、どこか優しい心になる本。

あした死ぬかもよ?




「あらゆる仕事は締切直前に終わる」。夏休みの宿題が学校がはじまる直前に終わる人が多いように、多くの人は締切が近づいてはじめて動き出します。人生も同じで、もし明日死んでしまったときに後悔のない人生を送れたといえますか?そんなことを問いかけてくれる本です。

著者の本はこれまでに
・ココロの教科書「大人のオマジナイ」で人生が変わる!
・3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+の2冊を読み(少なくて済みません)本作で3冊目です。

幸せになりたい人は必読です。
いろいろな名言を通して死は、生を完全燃焼させるための最高の「スイッチ」にできることを教えてくれます。
特に、私がついつい忘れがちなのが下記内容

「人生は、幸せになるのが目的じゃない。
幸せがスタート地点。幸せから夢へ向かうんです。
今が不満だから幸せを目指すという人は、夢を成し遂げても、そこに見えるのは、新しい不満です。」

そうやった!忘れとった!
「淡々と過ぎていく普通の毎日が幸せの本質」だった!

現状が幸せであることの再確認&ホンキで生きよう!!と思わせてくれる最強の一冊でした。
ありがとうございました。

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術



レバレッジとは、「てこの原理」のことを意味しています。
本書は、少ない労力・時間で大きな成果を獲得するにはどうすればいいか?という課題に対して、レバレッジの考え方を取り入れた内容が書かれています。
特に、いつも忙しい人や時間がない人におすすめできる本です。
具体的には「労力」、「時間」、「知識」、「人脈」の4つの分野への自己投資方法を紹介します。

第1章で、レバレッジ・シリーズの核となる、「少ない労力と時間で大きな成果を生み出す」ための基本的考え方を示し、第2章以降で、「労力」「時間」「知識」「人脈」という4つの分野に自己投資を行い、レバレッジをかけ、成果を上げるための具体的方法論が紹介されている。

個人的には、「徹底して選択と集中を行い、それを継続するための仕組み化の方法論を読者に提示している」という点において本書の魅力があるように思えた(もちろん他にも素晴らしい点はたくさんあるが)。

本書の位置づけは、全てのレバレッジ・シリーズの上位概念に位置しいわば総論的なもの。であるから、まず本書を手にとって著者の基本的考え方を学び、その後、自分の興味に合わせて、各論である「レバレッジ・リーディング」、「レバレッジ時間術」等を併用されることをお勧めしたい。
きっと、他の総論も今後続いて発売されることであろう。また、巻末に紹介されている12冊のおすすめブックリストは、今後の本選びの参考になる。

どのようにすれば効率的にチラシをまけますか?住宅リフォームの会社



商圏の分類基準については統一的ではなく、来店範囲、来店頻度、来店手段などがあります。
来店範囲(商圏):顧客のうち、来店客が多く住む範囲
来店頻度:週に1回、月に1回などの来店頻度
来店手段:徒歩、自転車、自動車など

1次商圏
来店客の70%を占める顧客の住む範囲

2次商圏
来店客の25%を占める顧客の住む範囲で、1次商圏以遠

3次商圏
そのほかの来店客で、2次商圏以遠の範囲

住宅リフォームの場合は、小刻みに、打ち合わせ、見積り、施工などを行い、アフターサービスも頻繁に必要となります。そのため、商圏はあまり広くしない方が営業効率がよいですし、お客さまの評価も高いようです。
商圏を区切ったら、その範囲の住居形態を調査してみましょう。
一戸建て住宅が多いですか?マンション・団地など集合住宅が多いですか?
築年数は新しいですか?古いですか?
敷地面積はどのくらいの家が多いですか?
それらの中で、最大多数の住居に向けたチラシのコンセプトを立ててみるのです。一戸建てで築年数が古い住宅が多ければ、耐震補強の提案をする。集合住宅で築年数が古い住宅が多ければ、フローリングや床暖房の提案をするなどです。
チラシのデザインが決まったら、顧客ターゲットに届く配布の仕方を工夫して、貴社のことを認知してもらい、レスポンス(反応)を上げる必要があります。

【繰り返し配布する】
住宅リフォームは、一般の買い物と違い、日常的にあるものではありません。住宅に不具合が発生したときに頼むものです。ですから範囲を絞って繰り返し配布する必要があります。よって、あまり広い範囲ではなく、初めのうちは狭い範囲で集中的に配布しましょう。

【新聞折り込み】
一般的には新聞にチラシを折り込むことが多いです。新聞折り込みをする場合のコツは、
I.エリア指定
貴社のターゲットの住居の比率の高い地域を指定しましょう。
II.住居形態指定
一部の新聞では、一戸建て住宅選別折り込みや、集合住宅選別折り込みのできるものがあります。一部あたりの折込単価は高くなりますが、チラシの印刷費用が節約できますし、的外れな住宅への配布をカットできるので、より顧客ターゲットを限定した商品やサービスの提案ができます。

【手配り】
よりターゲットを明確にするための方策に手配り(ポスティング)があります。貴社の所在地を中心に、住居形態別にチラシをポストに入れていきます。たとえば、非常に古い一戸建て住宅だけに建て替えリフォームのチラシを、車庫のある住宅に屋根付きガレージのチラシを、庭のある住宅にガーデニングのチラシをポスティングすることです。

ゴムや資材の事業で世界に挑戦する「万華鏡のような会社」



早川ゴムは1919(大8)年にゴム草履製造で創業した。そこから約50年間は履物事業を続けてきた。「海外の安価品に押されての決断」と早川雅則社長が言うように、業種転換はスパッと決めた。37年にタイヤ用ゴムを扱い始め、61年には工業用ゴム製品に参入している。

第3の創業期
最初の転換期が第2創業期とすれば、早川社長は、自らが社長就任した01年以降を「第3の創業期」ととらえている。現在の早川ゴムを支える地下構造物の止水材、建築物の防水材、騒音を遮断する防音床材などが評価を得て、事業の中心に据えることができたからだ。

「新製品開発とカイゼン活動が、わが社の車の両輪のようなもの」と話す早川社長。「石の上にも10年」と開発のスタートから市場に投入して売れるまでは10年かかるというが、近年はこれまでのノウハウを生かし、機能性粘着材などファインケミカル事業も評価されている。

すべての部署で人材育成に力を入れる
早川社長は「会社の力は社員一人ひとりの力の総和。現場力を上げること。『一人の百歩』よりも『百人の一歩』。社員ひとりが、ちょっと変わるだけで会社は大きく変わる」と力を込める。そのために「挑戦した上での失敗は許容する。
意欲と情熱を持ち、新たな目標に挑戦するチャレンジ精神が何より大切」と社員の前向きな姿勢は大いに背中を押す。
一方で、早川社長は「会社経営はゴールのない駅伝のようなもの。すべての部署で後継人材の育成が必要」と経営者として、100年企業の早川ゴムを導くスタンスを自覚している。

「温故挑戦」で創業100周年見据える
3年後には創業100周年の節目が迫る。19年12月期は売上高125億円、経常利益8億円の達成を目指す。売上高は10億円の上積みが必要な勝負の時だ。そのためのキーワードに早川社長は「3K(環境・改修・海外)」を掲げて新市場の開拓に意欲を燃やすように、今後はグローバル展開も大きなテーマとなる。
社内で募集して決めた「過去に学び、未来に挑戦する」という意味を示す造語「温故挑戦」を社内標語に定めた。「未来に向けて柔らかく、たくましく発展し、自由な発想で絶えず前進し、世界に挑戦する」と意気込む早川社長は「100周年がゴールでなく通過点。次をにらんだ取り組みこそが重要」と気を引き締めている。
早川社長が「いろんな形、いろんな色があって、ふぞろいだが美しい万華鏡のような会社」という早川ゴム。「山椒は小粒でもピリリと辛い」を地で行く会社が「備後」の地でキラリと輝く。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。