一番難しいお金の使い方を伝授します

お金のことで、一番難しいのが使い方です。収入以下で生活すれば必ず貯蓄が出来ますよと簡単に言いますが、「言うは易し 行う難し」でなかなか難しいです。

【送料無料】おりこうさんおばかさんのお金の使い方 [ 板倉雄一郎 ]

そこで、思い切った手法があります。月々の収入ですべてを賄うのです。出来れば少しでも貯蓄に回して欲しいので、収入の最低3%は貯蓄に回してあとはそれなりに使っていただいて結構です。

しかし、ボーナスは全額貯金です。すでに、ボーナス払いでローンなどを組んでいる場合は、リスケジュールといって返済金額を変更することも検討してください。

お金を借りた金融機関へ行けば相談に乗ってくれます。すして、月々の支払だけになるように借入金を組みなおしたり、できるだけボーナスからの返済を少なくすようにしてください。

日本人はとても真面目で、借金はできるだけ早く返済しようとします。これは良いことですが、住宅ローンなどのように金額が大きい場合は無理です。
反対にできるだけ長くして、日々の生活が充実するような方向に転換させてください。

短期間ではそれほど大きな金額が貯蓄に回らないかもしれませんが、10年、20年、30年と時間の経過とともに大きな金額になっていきます。
日々の家計、月単位の家計も大切ですが、生涯設計も大切です。できるだけ早く生涯設計に取り組むようにしてください。

現実に家族を持っている人と、独身の人では考え方が違ってくるかもしれませんが、とりあえず80歳までの結婚、出産、育児や教育費用などを時間系列で表して、おおざっぱですから結構ですから金額を書き込んでください。

どのくらいのお金が必要かが簡単でしょうが、分かります。あなたが書き込んだ80歳までの計画や出費は、あなたの親が実行していたことなのです。

そこで、一番難しいお金の話に戻りますと、親にプレゼントをしてください。
誕生日、結婚記念日、クリスマス、お正月あるいは何かのお祝いの時に、金額はわずかでもかまいません。
250円のショートケーキ2個でもOKですが、ちゃんとメッセージを付けてラッピングをするようにしましょう。ラッピングはお菓子屋さんのものでOKです。

出来れば、年に3回ほどあると、きっと親も嬉しいことだと思いますよ。1回の出費が仮に1000円とすれば、年間で3000円ですよ。
やる気さえあれば必ずできるお金の使い方でした。

編集後記
じょうずに使えば、お金は殖える!超人気セミナー講師が教える、「お金」との幸せな付き合い方、殖やし方。

【送料無料】内藤忍の人生を豊かにするお金のル-ル

将来借金苦で困らないための日々の生活とは

お金のことは学校でも教えてくれませんし、親もあまり教えませんよね。
どちらかと言えば、お金の稼ぎ方、使い方や貯め方は自然に身に付くと思っているのでしょうし、教えるだけでの力がない親が多いのではないでしょうか。

当たり前のことですが、収入以上に消費すれば不足します。どんなに収入が少なくても収入以下で生活すれば、必ず残ります。
これだけだと馬鹿にされそうなので、もう少し突っ込むと、家賃や水道光熱費など月単位で発生する費用を収入から差し引きます。

残った金額以下の消費金額にするには、1日に使える金額がいくらである、さらに週末や不意の出費に備えてどの程度残せばよいかを検討して、1週間あるいは10日間の消費金額を決めます。

もちろんアバウトで結構ですし、1日の予定金額以上に出費があっても、1週間あるいは10日間で調整します。
もちろん、1ケ月単位で調整しても結構ですが、時間が経過しすぎると調整が難しくなります。

1日に使える金額、1週間あるいは10日間で使える金額が決まりましたら、忘れないようにしてください。
日々の生活は他人に合わせるのではなく、自分の家計に合わせて行動するようにしましょう。
昼食は外食をやめるとか、パチンコなどの遊興費はゼロにするとか書籍は買わずに図書館を利用するなど、自分のライフスタイルの中で、暮らし方を決めてください。

【送料無料】90日間 貯金生活実践ノート [ 横山 光昭 ]はとても参考になる本です。90日という間だけでもぜひ実行して、できれば身に付けてほしいですね。

クレジットカードは借金ですから、すぐにやめてください。もちろん消費者金融からの借入は絶対ダメで、銀行からの借入もやめます。

自動車を購入するあるいは家屋を購入するような場合には、借金をしなければ無理だとおもっているかもしれませんが、親、友人や知人にできるだけ数多く相談して、自分が腹の底から納得できるものを採用してください。
自動車でも、中古車であれば1ケ月の収入の範囲内で買えるケースもあります。

1年に1回で良いから思い切って贅沢な旅行などをしてみたいと思っているようでした、毎月一定額を貯金して、普段は質素な生活だが、年に1回は豪華にを実行して、普段のストレスを発散し、次の日からは頑張って質素な生活に戻ります。

これが次第にレベルアップするようなお金の使い方や貯め方の基準ではないでしょうか。

編集後記
なぜ、夫婦で年収800万円でもお金が足りないのか?
ステキな家、最高の教育、かっこいい車、家族旅行、ゴルフ、老後の安心…全部はムリ!はたらき地獄から抜け出すための“家計の事業仕分け”をお手伝いします。

【送料無料】やりくり上手な賢い夫婦、お金が残らない残念な夫婦

なぜ2世帯住宅が注目されるのか 子供夫婦の“切実な現実”

2世帯住宅が脚光を浴びている。東日本大震災で流行語にもなった「きずな」が一因と思いきや、実はそうした動機は一部に限られているという。2世帯住宅が注目されているのは共働き世帯の増加や所得の伸び悩みなど子供夫婦が抱える“切実な現実”にある。

嫁姑の煩わしい家族間の人間関係を避けるため、玄関はもちろんのこと、台所や浴室も別々−。2世帯住宅にこんな印象を抱く人は少なくない。しかし、いわゆる「完全分離型」の2世帯住宅は今では少数派だ。最近の2世帯住宅は玄関や浴室、階段などを共有した「部分共用型」が主流という。「孫の面倒や家事を手伝ってほしい」と考える子世帯の意向をくみ、親世帯と一緒に食事やコミュニケーションをとる部屋を設けた間取りが増えている。

こうした2世帯住宅の変化は、子世帯の生活実態を反映したものだ。長引く景気低迷で現役世代の所得は伸びず、共働き世帯が増えてきたが、「保育所の待機児童など核家族の生活では難しい場面があることは確かだ」。旭化成ホームズの広報担当者は、2世帯住宅が注目される理由をこう説明する。

同社は8月、親世帯と子世帯に加え、単身の兄弟姉妹も暮らす「2.5世帯住宅」を発表。非婚・晩婚化の世相をとらえたプランで、単身の兄弟姉妹が食事と入浴以外、自立して生活できる部屋を設けた。これまでならば「小姑がいる家」と消極的にとらえがちだが、世代を越え趣味などを楽しむ共有スペースもあり、家族全員で孫の面倒を見るといった良好な協力関係を築く提案がなされている。同社では2世帯住宅の建築棟数が平成22年で前年比23%増と大きく伸び、今年4〜9月も前年同月比約1割と増え続けている。

積水ハウスは、共有と分離をうまく使い分けた2世帯住宅プラン「シェアウィズ」を平成20年に発売。台所や居間を共有することで広さを確保しながら、タイミングに気遣いが必要な浴室まわりは洗濯機を2台備えた専用の脱衣所を作るなど、共有・分離度合いの要望に沿って設計する。

完全分離から部分共有へ−。こうした移行は、金銭や育児などの面で「親世帯を頼る子世帯と、孫との暮らしに喜びを感じる親世帯の利点が一致した形」(積水ハウス)だ。

リクルート住まいカンパニーが11月16日に発表した「2012年注文住宅動向・トレンド調査」によると全国4021人のうち、多世帯住宅を検討している人は22・9%。その理由のトップは親の老後(51・5%)だが、子供の面倒を見てもらえる(20%)、生活費などの経済的なメリット(15・2%)、自分単独で家を購入するのが困難(11・3%)など、子世帯の生活援助につながる項目が上位10位に並んだ。一方、震災後に家族のきずなを大切にしたいと答えた人は、6・5%と回答項目の中で2番目に低かった。

こうした子世帯の気持ちは、多世帯住宅にした後に感じた利点としてはっきりと表れている。1位の「いざというときに身寄りがいる安心感がある」(39・7%)に次いで、(親世帯が)子供の遊び相手になってくれる(39・1%)、住居費などの生活費が削減できる(35・9%)、食事を用意してくれる(34・8%)などが2〜5位に並び、親世帯を頼りにする子世帯の実情が垣間みえる。

しかも、平成22年度税制改正で相続税の課税対象となる土地の評価額が、同居を前提にした2世帯住宅か否かで変わることも、2世帯住宅化を押し上げる要因になりつつある。年間50兆円規模の遺産が生じるともいわれる大相続時代の突入とともに、2世帯住宅の注目は今後も高まりそうだ。

編集後記
科学で問い直す経済学
経済学の規範となっている数学・物理学・生物学の理論を通して、予測の不合理さと可能性を見出す。エコノミストからは教えてもらえない、経済の不合理さを乗り越える新たな見方を提案する。

【送料無料】なぜ経済予測は間違えるのか?

格差は「宇宙の法則」から、消費は「蒸気機関のしくみ」から…世界の動きは、すべて科学の法則で読みとける!気鋭の数学者による、今までにない経済の見通し方。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。