電機崩壊の危機!人材&技術がダダ漏れ

業績悪化が深刻な日本の電機産業が外資に侵食されている。シャープやルネサスエレクトロニクスは経営再建の望みを台湾企業や米買収ファンドに託したが、他のメーカーも人員削減など大リストラを進め、貴重な人材・技術の海外流出が加速する。日本経済の屋台骨が壊滅しかねない。

ルネサス再建の主導権を握ることになるのは、母体のNEC立製作所日、三菱電機ではなく、米買収ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)だった。年内にも1000億円規模の第三者割当増資を引き受け、発行済み株式の過半を取得し、経営権を握る。

国内半導体大手では破綻したエルピーダメモリも米マイクロン・テクノロジーが支援企業となった。

シャープも台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が筆頭株主となる予定で、外資主導で立て直しを図る構図が鮮明化している。

業績が悪化したメーカー各社が打ち出した大幅な人員削減の影響も心配だ。ルネサスが1万2000人、シャープも1万人規模の削減を検討するほか、パナソニックが3万6000人、ソニーやNECが1万人規模の削減を打ち出した。希望退職も実施され、NECはすでに40歳以上の社員2393人が9月末で退職することが決まっている。労働組合「電機・情報ユニオン」の集計では、昨年以降77企業で12万人を超えるリストラが計画されているという。

気になるのはリストラされた社員の行き先だ。東レ経営経済研究所シニアエコノミストの福田佳之氏は「リストラされた人員を吸収できる技術や産業が育っているかが問題だ。いま日本で伸びている介護や医療系などのサービス産業は総じて賃金が低く、メーカーの技術者が転職しても同じ賃金を手にすることは難しい」と指摘する。

技術者にとって今と同じかそれ以上の賃金を得る可能性があるのが、海外メーカーへの移籍だ。

「日本の技術者を韓国や台湾、中国メーカーが狙っている。韓国や台湾勢が強くなったのは、2000年代初頭に日本メーカーにリストラされた技術者の働きも大きい。今回のリストラで海外勢がさらに強くなり、日本勢が打撃を受ける“ブーメラン現象”が再び起こるのはないか」と福田氏は懸念を示す。

人材が流出すれば技術流出も免れない。「“枯れた技術”とされる白物家電にこそ日本企業は独自の技術やノウハウを持っている。一度失われると取り戻すのは困難」(家電担当アナリスト)

負のスパイラルから脱する方策として、前出の福田氏は「日本の強みであるサービスと製造業を組み合わせるなど、他国が簡単にまねできない輸出産業を育てるべきで、政府や自治体による支援も必要だ」と提言する。

外資の草刈り場になる前に、一刻も早く手を打つ必要がある。


予想よりも少ない!オリンパス鰍ェ100名の人員削減

倒産速報 明日はわが身です。東京都新宿区で光学機器メーカーのオリンパス(代表者:笹宏行)は、希望退職者の募集による100名の人員削減を明らかにしました。
従業員数は単独で3,292人、連結で34,112人(2012年3月31日現在)。

これは、6月8日付で公表された全世界で2700名を削減する中期計画の一環として実施されるもので、対象となるのは同社および一部の国内子会社とし、退職日は11月30日の予定です。

損失隠し問題による信用失墜で不安定な経営が続いている同社は、人員の最適化や子会社・製造拠点の再編を柱とする抜本的な改革を進める方針で、まずは国内における希望退職者の募集を決定したようです。

編集後記
思ったよりも人員削減が少ないですね。単独従業員数から考えても300名以上の削減が行われても不思議ではないのですがね。

巨額の損失隠しによる企業イメージはかなり落ちましたが、企業の業績はあまり悪化していないようです。

胃カメラなどの医療分野ではオリンパスはとても強く、内視鏡では世界シェアの75%を占めています。
圧倒的に優位に立てる技術や製品を持っていると強いのですね。


イオンモール甲府昭和:県内最大の店舗群へ 増床計画書を県に提出−−昭和 /山梨

山梨県中巨摩郡昭和町のショッピングセンター「イオンモール甲府昭和」を運営するイオンモール(千葉市)は30日、同センターの店舗面積を約2万平方メートル増床し、14年6月ごろに約4万8000平方メートルとする計画書を県に提出した。実現すれば、岡島百貨店(甲府市丸の内1)の店舗面積約2万9520平方メートルを上回る県内最大の店舗群となる。
 
イオンモール甲府昭和は昨年3月オープン。周辺小売店への影響や交通渋滞を懸念する横内正明知事の意向を受け、店舗面積を開店前計画より2万平方メートル縮小した2万8000平方メートルで開業した経緯がある。イオン側は、大規模小売店舗立地法に基づいて店舗や駐車場面積の増床計画を届け出る予定で、県側に法手続きを止める権限はない。イオン側は、来年春の着工を目指す計画だ。
 
横内知事は「今月にイオン側の役員が訪れた際、増床に賛成しないことを伝えた。今回届け出があったことは残念。関係市町村の意見も聞き対応する」とのコメントを発表。甲府市の宮島雅展市長は「中心市街地の活性化策に取り組む中、増床実現は大きな影響があると憂慮する」としている。

編集後記
売り場面積を2万平方メートルも拡大すると消費者は喜ぶでしょうね。
山梨県知事がどのような判断をするかは不明ですが、県側に法手続きを止める権限はないとのことですから、直ちに着工されるでしょう。

問題は地域経済への打撃です。大型店がさらに大きくなって零細企業が駆逐されるのではないかと心配されているでしょうが、相当な影響が考えられます。

ただ、現実に世の中は大きく変化しているのです。過去の成功体験を捨てて、捨て身で現在の仕事を通じて消費者に役立つ手段を考えるしか方法はないでしょうね。






創業融資、件数25%増に/県内12年4〜6月期

日本政策金融公庫高松支店が発表した2012年4〜6月期の香川県内の創業企業向けの融資実績によると、融資件数は前年同期比25・7%増の44社、融資金額は同17・0%増の2億6600万円となった。融資件数が前年実績を超えるのは11年1〜3月期以来5四半期ぶりで、東日本大震災前の水準を回復した。同支店は「震災で自粛ムードのあった創業機運が戻ってきた」とみている。

融資件数は、リーマン・ショック後の09年1〜3月期に前年同期比26・8%減の30件にまでダウン。その後、09年10〜12月期に前年同期の水準を回復して以降、おおむね横ばいで推移していたが、震災後は11年4〜6月期に同40・7%減と落ち込むなど低水準が続いていた。

融資の内訳をみると、卸・小売りが11件と最多で、サービス8件、飲食・宿泊8件、医療・福祉5件と続く。中古車販売などの小売りや、マッサージ業などの医療・福祉が伸びた。

融資額は、500万円未満が24件で54・5%を占め、500万円以上1千万円未満が10件、1千万円以上が10件。平均は約600万円だった。

同公庫は、震災で鈍化した創業の動きを支援しようと、4月に各支店に「創業サポートデスク」を設置。事業・資金計画の策定の相談に応じており、同支店でも融資の実行につながるケースがあったという。

編集後記
創業者が増えているのは嬉しいことですね。香川県はうどんで観光客も増えているようですから、取り組み方ではかなり期待できるのではないでしょうか。

医療や福祉関係の事業が増えているのは、自然な世の中の流れでしょうが、飲食・宿泊が増えているのは大きな特徴だと思います。

とくに宿泊業は減少傾向にありますので、ぜひ頑張って素敵な旅行の思い出作りの手伝いが出来るような施設になって欲しいですね。


2012年8月30日の全国倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。2012年8月30日の全国倒産状況と倒産続報です。

宮城県 リカーショップ・ハリー 酒類・清涼飲料水

東京都 癌F谷ガラス ガラス工事

神奈川県 褐I木達雄建築アトリエ 破産手続き開始決定

山梨県 去R田環境プラスチック プラスチック成型加工

福井県 潟eィ・エス・ユー商事 仕出し弁当製造

静岡県 泣Gフケー 塗装工事

愛知県 堀木園芸梶@造園工事、破産手続き開始決定

奈良県 樺キ崎タカギ 特別清算開始決定

京都府 潟^ワラ金属 製缶板金

大阪府 鰍ワつや 呉服・和装小物小売

兵庫県 
拒蝌a工芸 建築工事
巨ホ野木工所 木製家具製造
潟yリカセブン 調理食材・加工食品宅配

島根県 潟鴻nス・クリエイト フィットネスクラブ、破産手続き開始決定

香川県 株註製作所 ステンレス建具製造

福岡県 
樺゚商店 破産手続き開始決定
且O和木品工業 老舗家具製造会社、自己破産へ

佐賀県 協同組合浜玉ショッピングセンター 破産手続き開始決定

熊本県 平根建設梶@土木工事、破産手続き開始決定

編集後記
2012年8月29日の全国倒産状況に掲載した巣鴨病院運営の医療法人社団青水会が倒産した要因が分かってきましたが、ひどい会社だったのですね。

医師としては優秀だったかもしれませんが、人間としては決して立派だったとは言えないようです。
法律もモラルあったものではなかったようにも思えます。

医療事故がなかっただけでも不幸中の幸いかもしれませんよ。


内部から崩壊!東京都豊島区で巣鴨病院運営の医療法人社団青水会の倒産

倒産速報 明日はわが身です。東京都豊島区で巣鴨病院運営の医療法人社団青水会(代表者:吉利晃治)が倒産しました。8月22日に破産手続きの開始決定を受けました。負債総額は11億円です。

会社について
医療法人社団青水会は救急指定病院の巣鴨病院を運営し、2010年3月期には約7億円の医業収入があった。
 
倒産の経緯
しかし、最新医療機器の導入、人件費負担の増加などで、借り入れへの依存が大きくなった上、医療コンサルティング会社への支払いをめぐるトラブルなどで、多額の債務超過に陥り、苦しい資金繰りが続いていた。
 
こうした状況から税金の滞納状態が続き、2011年5月に病院不動産は競売に掛けられ、不動産業者の手に渡っていた。その後、病院側と業者側で買い戻し交渉が行われたが、交渉不成立となり、9月には閉院していた。


編集後記
医療法人社団青水会は2007年にトラブルを起こして逮捕者まで出していたのです。
ニュースによると

東京・豊島区の「巣鴨病院」の元理事が、収益金など3800万円を着服したとして警視庁に逮捕された。
業務上横領の疑いで逮捕されたのは、豊島区の巣鴨病院で財務担当の理事を務めていた日向和満こと吉田和満容疑者。
吉田容疑者は2000年4月から10月にかけて、診療報酬などの病院の収益金を口座から引き出し、約3800万円を着服した疑いが持たれている。

医療法人社団青水会の社風にも問題があったのではないでしょうか。


NECの不振が影響か?東京都港区で電気機器メーカーの日本アビオニクス鰍ナリストラ

倒産速報 明日はわが身です。東京都港区で電気機器メーカーの日本アビオニクス梶i代表者:山下守)は、6月20日付で公表していた早期退職者の募集に188名が応募したことを明らかにしました。
従業員数は721人(2010年3月末現在)。

日本アビオニクス鰍ヘ東証2部上場の電気機器メーカーで、情報処理システム関連機器、防衛用電子機器の製造・販売などを行う企業である。

対象となったのはグループ会社を含む満30歳以上かつ勤続3年以上の社員で、退職日は9月28日。当初の募集人員200名に対し約1割少ない応募者数となりました。

なお、この施策に伴う特別転進支援加算金などの費用として11億7300万円の特別損失を計上するものの、業績予想にはすでに織り込み済みとのことです。

編集後記
721名の従業員数に対して200名の早期退職者募集をしていたとは驚きですね。よほど先行きが暗いのでしょうね。

1960年に日本電気(NEC)と米国ヒューズ社との合弁会社で、親会社の業績不振が影響しているのでしょうか。
いつまでも親会社だけに頼っていないで、子会社が独自の道を歩むことも考えて行動する必要があるでしょうね。



ライバルが目を剥く衝撃の売り場!日本一視察が多いスーパー

倒産速報 明日はわが身です。「ライバルが目を剥く衝撃の売り場」

「日本一視察が多いスーパー」。小売業界でそう囁かれる企業が福岡県にある。それはハローデイ。売上高は530億円(2008年3月期)と中堅規模だが、16期連続で増収増益を続ける隠れた優良企業だ。売り場のコンセプトは「アミューズメント・フードホール」。店内に足を踏み入れると、趣向を凝らしたディスプレーやアイデア満載の商品が客を迎える。魅惑の売り場で顧客の心をつかむハローデイの秘密に迫った。

目の前には不思議な空間が広がっていた。

福岡県行橋(ゆくはし)市にあるハローデイのコスタ行橋店。外見上はロードサイドに建つ普通の食品スーパーに過ぎないが、店の中に一歩足を踏み入れるとメルヘンチックな光景に度肝を抜かれる。

まず入り口を入ってすぐのところにある青果売り場。棚の上に目をやると、岩山を模した巨大なディスプレーが飾られていた。山には愛らしいリスのぬいぐるみがわらわらと戯れるように置かれている。リスは行橋店のキャラクター、ハロンくん。ハロンくんのそばには、高さが1メートル以上はあろうかという巨大キノコも鎮座していた。

店内はまるで「アミューズメントパーク」
その隣の鮮魚売り場に目をやると、海の底をイメージさせる青一色の壁に巨大なタコやエビがへばりついている。精肉売り場の上では、巨大な肉の塊が火の上で回転していたり、ハロンくんが巨大なナイフで肉を切っていたり、動くディスプレーが客を迎えていた。

このほかにも、洞窟の中を流れる滝、巨木を模した柱、グルグルと自動回転している牛乳、天井を回る飛行機(なぜかペッパーソースのビンに羽根がついたもの)――など、「これでもか」というほど可愛らしいディスプレーが並ぶ。食品スーパーらしからぬその光景。まるでアミューズメントパークである。

店内のディスプレーはコスタ行橋店に限った話ではない。多くの店舗が独自のコンセプトで店を飾り付けている。

福岡市の姪浜(めいのはま)店では、ひときわ大きなクジラが天井に飾られている。漁師町だった姪浜。周囲に広がる海をイメージしてクジラのディスプレーを考えたという。門司港店は門司港のレトロな雰囲気を醸し出すために「アール・デコ」を意識した作りに、太宰府市にある大佐野店は歴史の街、太宰府をイメージした「まほろばの里」がコンセプトになっている。

冒頭で紹介したコスタ行橋店のコンセプトは「フードアイランド」。鮮魚売り場は「海底工場」、精肉売り場は「洞窟内の秘密のキッチン」、牛乳や豆腐などのデイリーは「洞窟の中の大きな滝」、ベーカリーは「森の入り口のパン工場」という設定。なるほど、精肉売り場でハロンくんが肉の塊を切っていたのは「秘密のキッチン」だったからなのか。

ハローデイの売り場は「アミューズメント・フードホール」。“アミューズメント”という言葉が示しているように、趣向を凝らしたディスプレーで店内を飾り付けるのは、楽しいディスプレーで客をもてなし、買い物を楽しんでもらうため。買い物で感動してもらうためである。

福岡県を中心に35店舗を展開するハローデイ。売上高は約530億円、経常利益15億円の中堅地場スーパーである(2008年3月期)。会社設立は50年前の1958年。バブル崩壊後、経営危機に陥ったが、その後は16期連続で増収増益を続けている。

このハローデイ、日本一視察が多いスーパーとして業界では有名である。「生活者の視点に立った売り場作りを参考にしたい、という同業は数多い」(大手食品卸の幹部)。では、ライバル企業はハローデイの何を見に来るのだろうか。

1つは、商品の“魅せ方”である。これまで述べてきたように、壁や棚、天井のディスプレーは客を楽しませるための仕掛け。だがそれだけではない。売り場を子細に見ると、個々の商品を魅力的に見せる細やかな工夫が施されているのだ。


同業他社との違いを打ち出せなかった!兵庫県神戸市東灘区で食材宅配の潟yリカセブンが倒産

倒産速報 明日はわが身です。兵庫県神戸市東灘区で食材宅配の潟yリカセブン(代表者:仲井孝)が倒産しました。8月27日に自己破産を申請し、破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債総額は3億3000万円です。

会社について
潟yリカセブンは1973年に設立。当初の水産・海産物販売から夕食材料の宅配事業に軸足を移すと、子会社を通じ給食事業にも進出するなど事業を拡大していました。

倒産の経緯
しかし、景気低迷や同業他社との競争激化で売上が減少すると、利益性の低下も重なり資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

編集後記
食材を家庭や病院などに宅配していましたが、同業者が増えたり、インターネットの普及によってお取り寄せが簡単に出来るようになって、潟yリカセブンの特色を打ち出すことが出来なかったことも売上を減少させた理由ではないでしょうか。

事業を行って競争相手がいないということはありません。だから、お店の個性や特色を打ち出して、競争相手との差別化をはかる必要があります。

これだけは他店と比べて優位だと思えるものを少しずつ増やしていきましょう。


プレミアム付き商品券:「お客さん、呼び戻したい」 奈良市商店街振興会が10月発売 /奈良

年末年始の商戦に向け、奈良市の31商店街でつくる「市商店街振興会」(商振会)が10月、プレミアム付き商品券を発売する。09年に続く2度目の試みとなるが、消費の大半が大型量販店に流れた前回の反省を踏まえ、今回は使用できる店舗を商振会の加盟店に限ることにした。正木康雄会長は「これを機会に商店街を好きになってもらい、大型店からお客さんを呼び戻したい」と意気込む。
 
商品券は1000円券10枚と500円券3枚を1冊として1万円で販売するため、1冊当たり1500円の得になる。2万冊を用意しており、1人10冊まで購入可能だ。
 
10月15日から奈良市中心部の各商店街など12カ所で売り出され、来年1月末まで使用できる。使用できる店舗を現在募っている最中だが、少なくとも約500店舗には達する見通しだという。
 
昨年9月の台風12号災害の復興支援も兼ねており、売上金の一部は義援金として被災地に送る方針。問い合わせは奈良市商店街振興会(0742・22・1581)。

編集後記
2回目のイベントということで、前回とは少し違った方法で取り組んでいますが、ちょっと違和感を感じますね。
大型店での使用が多かったことを受けて、今回は商店街のみでの使用に制限するようですが、消費者からはどのように思われているのかチェックしているのでしょうか。

商店街に興味を持ってもらい、さらにファンになってもらうことも一つの目標であるのでしたら、少し違った方法もあるのではないでしょうか。
一時的なイベントで終わるのであれば、問題ないかもしれませんが、長期的な商店街の活性化を望むのであれば、今一度前回のチェックと、消費者からの意見を聞かれたほうがよろしいのではないでしょうか。

消費者を無視した商店街のイベントと言うのは絶対に成功しません。




日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。