松屋&吉野家が大減益!牛丼戦争でメロメロ〜

牛丼戦争に異変−。松屋フーズが30日に発表した2012年4〜6月期(第1四半期)決算で、本業の儲けを示す営業利益が前年同期比85%減の1億8800万円、最終利益が同88%減の6400万円と大きく落ち込んだ。

既存店の売上高が減少する一方、牛肉など主要食材の仕入れ価格が上昇したほか、店舗数増加にともなう人件費や地代などのコストも増えた。

7月上旬に第1四半期決算を発表した吉野家ホールディングスも営業利益が65%減、最終損益は1億2600万円の赤字だった。

最大手のすき家を含む牛丼大手3社は、集客策として牛丼の200円台への値下げキャンペーンを断続的に行ってきたが、消費者が値下げに慣れてしまったことや、コンビニやマクドナルドなど他業種との競争も激化。各社の既存店売上高は前年割れか横ばいの状態が続き、値下げ路線は曲がり角を迎えている。

すき家を展開するゼンショーホールディングスは8月1日に第1四半期決算を発表する。


大阪府大阪市北区で企業経営支援事業のクレスト・インベストメンツ鰍ェ倒産

倒産速報 明日はわが身です。大阪府大阪市北区で企業経営支援事業のクレスト・インベストメンツ梶i代表者:鈴木伸治)が倒産しました。7月31日に民事再生法の適用を申請しました。負債総額は31億9000万円です。

会社について
クレスト・インベストメンツ鰍ヘ、2000年(平成12年)3月、製菓・製パン業界を対象にインターネットでの各種商品販売や情報提供を目的にビービーネット鰍フ商号で設立し、2009年3月に中小企業投資機構鰍ノ、2010年11月現商号に変更。食材流通事業として、製菓・製パン小売店、外食店などを営む中小規模専門店に対してショップサポート推進のために、業界ごとの「繁盛ネット」を介した食材・原材料のオンライン通販を手掛け、2002年9月には設立わずか2年半で株式を上場。
以降、数多くの新規事業に進出する一方で、M&Aにより企業規模を拡大、単体では2005年7月期に約45億2400万円、連結では2006年7月期に約199億1600万円の収入高を計上していた。

倒産の経緯
しかし、2008年7月期に、投資有価証券評価損約14億4800万円など大幅な特別損失計上するなど、連結決算では2005年7月期から2008年7月期まで4期連続大幅最終赤字を計上。
会社存続が危ぶまれる状況に陥っていた。

このため、2008年10月に経営体制を刷新し、中小企業信用機構鰍中心とする「中小企業振興ネットワーク」に加入。
日本振興銀行からの資金支援を受けて、同ネットワークにおける事業シナジーを活かした融資保証事業およびM&A関連事業を開始するほか、不採算事業の整理なども行い2010年7月期には連結営業黒字を確保するなど業績改善の兆しが見えつつあった。

しかし、資金支援を得ていた日本振興銀行が2010年5月に金融庁より一部業務停止命令を受けた後、同銀行は同年9月に民事再生法を申請。メーンバンク破綻により当社も大幅な事業の縮小を余儀なくされ、2011年7月期の連結最終赤字は約15億3400万円と大幅に悪化し連結債務超過に転落。
2011年10月にはJASDAQ市場において上場廃止基準にかかる猶予期間銘柄に指定されたほか、日本振興銀行からの借入金が整理回収機構に譲渡され、経営面での先行き不透明感に拍車がかかっていた。

昨年11月からは、再建に向けてスポンサー候補の選定を進めてきたがこれも暗礁に乗り上げ、その後も外部資本調達や債務圧縮の努力を続けてきたものの奏功せず、民事再生手続きによる再建を目指すこととなった。


最悪期を抜け出した会津若松の観光業、廃業続出の懸念をはね返し予想外の回復ぶり

東日本大震災と原発事故による風評被害に苦しんできた福島県会津若松市の観光業。一時は倒産や廃業の続出も懸念されたが、思いがけぬ回復ぶりを見せている。

市内最大の温泉街である東山温泉では、昨年11月以降、月間の来客数が前年同月の実績を上回って推移。鶴ヶ城天守閣の入場者も昨年9月から前年同月を上回る月が多い。

東山温泉で「千代滝」「新滝」の二つの旅館を営む「くつろぎ宿」の深田智之社長は、「原発事故の避難者が仮設住宅に移った後は、最悪の場合、宿泊客の5割減も覚悟しなければならない。雇用維持も危うくなる」と昨年8月中旬に本誌の取材に答えていた。だが、昨年11月前後から、県内や首都圏からの個人客を中心に宿泊客数が急回復。「現在まで震災前の売り上げを上回る月が続いている」。

同じ市内の芦ノ牧温泉では、一部の旅館で人員整理が実施されたものの、市内のほとんどのホテルや旅館は従業員の雇用を維持している。

鶴ヶ城前でレストランや土産物の販売業を営む「鶴ヶ城会館」の下平剛会長は、「今年4〜5月の売り上げは震災前の8割くらいまで回復してきた」と胸をなで下ろす。

下平社長は業界ぐるみで風評被害への賠償を東京電力に求める取り組みを行ってきた。「私たちが求めてきた条件を勝ち取ったことで、困難を乗り切る自信がついた」と語る。

教育旅行の回復は途上
もちろん厳しさが続いていることは確かだ。とりわけ落ち込みが大きいのが、「教育旅行」(修学旅行や林間学校)だ。震災・原発事故以前の2010年度(10年4〜12月の9カ月間)には教育旅行で会津若松市を訪れた学校は1081校に上っていたが、11年度(9カ月)には564校に半減。中でも県外の学校は841校から100校に激減した。会津若松観光物産協会の渋谷民男統括本部長によれば、12年度も200校前後にとどまる見通しだ。

協会では千葉県や新潟県、宮城県など震災前に多くの実績があった県の学校を手分けして訪問。事情説明に努めてきたものの、「福島県に子どもを旅行させることへの保護者の懸念が払拭できていない」(渋谷氏)という。

県外の減少の穴を埋めているのは県内からの教育旅行だ。福島県が費用の一部を補助する制度を設けたことで、県内からの来訪は10年度の240校から11年度には464校へと倍増。鶴ヶ城や白虎隊の悲劇で知られる飯森山の参道入り口では郡山市や須賀川市など県内からの児童の姿が目立つようになった。

実は、厳しい状況が続く県外からの教育旅行にも少し変化が見られる。「生徒130名の宿泊の予約をしたい」。くつろぎ宿の深田社長のもとに最近、宮城県の高校からこんな要請があった。

原発事故直後の昨年3月13日から4月20日にかけて、くつろぎ宿では福島県大熊町の住民を無料で受け入れた。当時、一般客のキャンセルが続出する中で、深田社長は避難者を受け入れる用意を地元の新聞を通じて表明。ピーク時の3月18日には、1356人もの避難者が二つの旅館で体を休めた。

その後、4月3日からは行政の指定による2次避難施設として3カ月にわたり部屋のほとんどを提供した。「宿泊に際しては、そうした避難者受け入れの経験を子どもたちに聞かせてほしい」というのが高校側の希望だった。

深田社長によれば、「同様の趣旨の修学旅行の予約が9月以降、3件もある」という。

原発事故での苦難の経験を学びたいという機運が、教育現場で生まれ始めたのかもしれない。



東山温泉 原瀧 
東北唯一!水辺のダイニング“川どこ”がある宿 女性限定で素敵な浴衣を無料貸出し着付けもサービス!
福島県会津若松市東山町湯本下原235

【お料理】
旬が活きたお手前料理と、食の楽しみが増すハーフバイキングの美しい融合
〜ダイニングスタイル〜
最良の形でおもてなしいたします。
ダイニングの顔ともいえる大きなかまどは6つ。
いつでも出来立てあつあつをお客様へ。
お手前料理プラス、お好きなものをお好きなだけ選んでいただける・・・
旅館お料理の新しい形です
ダイニングスタイルの食事をどうぞお楽しみ下さいませ。

借入金の負担が重荷!兵庫県明石市で建設機械の東向鉄工鰍ェ倒産

倒産速報 明日はわが身です。兵庫県明石市で建設機械の東向鉄工梶i代表者:東向一彦)が倒産しました。7月30日に会社更生法の適用を申請、同日、保全管理命令を受けました。負債総額は41億円です。

会社について
東向鉄工鰍ヘ、1929年(昭和4年)3月創業、59年(昭和34年)1月に法人改組した建設機械・油圧機械メーカー。
創業以来、大手メーカーの協力工場として実績を重ね、建設機械の減速機や油圧タンクなどを製造、92年6月期には年売上高約30億3300万円を計上。
2006年9月には神戸市西区見津が丘の工業団地に、24時間稼働の最新鋭工場を開設した。

倒産の経緯
ところが、その後のリーマン・ショックにより受注が大幅に落ち込み、借入金の負担が重荷となり資金繰りが急速に悪化したため、2009年12月には、取引金融機関に返済条件の変更を要請。メーンバンクやコンサルタントのもとで再建を図っていた。

しかし、経費節減など各種リストラ策を講じてきたものの、2010年6月期の年売上高は約23億1100万円にとどまり、約3億円の当期損失を計上。
翌2011年6月期も赤字となり、2012年6月期決算も赤字、債務超過見通しで、経営改善計画通りの進展はみられず、さらに資金繰りは悪化。
今春には新たな再建案を金融機関に提示、調整を図っていたが膠着していた。


エヌ・ピー・シーの希望退職者募集に163名が応募、想定上回る

東証マザーズ上場で太陽電池製造装置や真空包装機などを手掛ける「エヌ・ピー・シー」は、6月29日付で公表していた希望退職者の募集に163名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは正社員および海外子会社への出向者で、退職日は7月31日。当初の募集人員120名に対し約4割多い応募者数となりました。

なお、この施策に伴う特別退職金などの支出として1億2000万円の費用を計上する一方、年間で約7億円の人件費削減効果を見込むとのことです。


【続報】スマートフォンの隆盛によって!東京都中央区で電子機器部品製造のポリマテック鰍フ倒産

倒産速報 明日はわが身です。東京都中央区で電子機器部品製造のポリマテック梶i代表者:大久保善彦)が倒産しました。7月30日に民事再生手続開始を申し立てました。負債総額は203億7964万円です。 

会社について
ポリマテック鰍ヘ、1947年(昭和22年)12月に設立した電子・電気機器用ポリマーパーツ製造及び販売業者。
携帯電話用キーパッドやキーボードなどのデザインキーシート、自動車関連ではダンパーなどの防振、制振部品などの受注生産を行い、国内有数の部品メーカーとして高いシェアを誇り、海外にも販売拠点、生産拠点を展開し業況拡大を図っていた。
2008年12月期は、世界的な携帯電話市場の旺盛な需要などを背景に年売上高約344億3600万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、携帯電話パーツ受注への依存が高まる中、近時のスマートフォンの隆盛によって、携帯電話メーカー等からの受注が落ち込み業況が悪化。
事業所の統合や工場の閉鎖などを務めたものの、2010年12月期の年売上高は約179億4000万円まで低下。

その後も、国内外においてリストラに加え、スマートフォン市場への製品展開への切り替えを推し進めていたが、東日本大震災の影響による顧客からの受注の低下や、グループ会社が運営するタイ工場が洪水被害によって自動車関連を中心として部品供給に支障を来たすなど環境悪化が続き、2011年12月期は年売上高約129億2000万円に落ち込み、約54億6200万円の最終損失を余儀なくされ、債務超過となっていた。
このため、金融機関へ支援継続を要請していたが、7月末の決済が困難となったことで今回の措置となった。

【送料無料】変化の時代、変わる力

【送料無料】変化の時代、変わる力
価格:1,680円(税込、送料別)


2012年7月30日の全国倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。2012年7月30日の全国倒産状況と倒産続報です。

北海道 鰍オらおい健康農場 養鶏業、破産開始決定

東京都 
ポリマテック梶@電子・電気製品用ポリマーパーツ製造、民事再生申請
新光建設梶@建築工事

神奈川県 
渇ェ電機 破産開始決定、電気設備工事
リバース電子梶@プリント基板、破産開始決定

新潟県 潟gーヨー機材 内装仕上げ工事ほか、破産開始決定

愛知県 樺村装飾 内装工事、自己破産へ

岐阜県 潟Xーパーヤナギヤ 土地賃貸業、特別清算開始

京都府 潟tェアリープラントテクノロジー JQシーシーエス子会社、特別清算
 
大阪府 潟Tン・ジャパン パルプ製品製造

兵庫県 
椛蜿ケ 建築工事
瀬戸商事梶@破産開始決定、住宅リフォーム
エーエス物流サービス梶@貨物自動車運送

岡山県 
葛゚藤ステンレス 建築金物製造
株作建設 土木建築工事

高知県 活苡繽、店 農業資材販売「園芸文化舎」、破産手続き開始決定

長崎県
糾ロ信設備 一般管工事業、破産手続き開始決定
馬場鉄構梶@鉄骨工事、破産手続き開始決定
挙原きのこ シメジ栽培、自己破産へ

宮崎県 潟Cヨクニ 車用品卸、自己破産へ


洋菓子のヒロタが「しょうゆシューアイス」−陸前高田・ヤマニ醤油とコラボ /岩手

「洋菓子のヒロタ」(東京都千代田区)は8月1日、陸前高田の「ヤマニ醤油」(陸前高田市洞の沢)と共同で支援金付きアイスクリームを発売する。

今回新たに販売するのは「しょうゆ天使のシューアイス」(150円)、「しょうゆ天使のアイスクリーム」(250円)、「上級醤油アイス」(250円)で、全国80カ所の直営店などで販売する。1個につき20円を陸前高田の復興支援に充てるほか、陸前高田の新名物を目指す。

シューアイスで知られるヒロタが復興へ向けて陸前高田にしかないお土産を作ろうと、明治元年創業の老舗ヤマニ醤油に呼び掛け商品化した。シュー皮にもヤマニの「天使のおしょうゆ」や「上級醤油」を配合し、いずれもしょうゆとバニラの風味がマッチした甘辛い和テイスト。中に入った甘納豆が程よいアクセントになっている。初回の製造は3種合わせて15万個。

1個につき20円の支援金は「奇跡の一本松保存基金」や同市で活動するNPO法人などに分けて寄付する。

同日、陸前高田市役所で記者会見を開いた同社の廣野道子社長は「しょうゆを配合するバランスが難しかったが、『ヤマニ醤油』の商品が素晴らく、最高の調和がとれた。海外への販売も視野に入れ、陸前高田を大いに盛り上げていきたい」と意気込んだ。

ヤマニ醤油の新沼茂幸社長は「震災前は御用聞き専門で商売をしてきたが、今は陸前高田に何かを残したいと考えている。この商品を復興のシンボルとしたい」と話した。


スーパー:別府駅にマルミヤ マルショク流川は閉店へ /大分

別府市楠町のスーパー、マルショク流川店が来年2月にも閉店する一方、3月に営業終了した旧ダイエー別府店跡地へ今秋、マルミヤストアが出店する。07年のゆめタウン別府開店後、周辺の既存商業施設に多様な動きが起きている。
 
マルショク流川店は1957年5月開店。木造の対面販売から増改築で7階建てにし、衣料品も扱う大型店だったが、現在は3階まで使用。耐震改修や建て替えを検討したが、「ドラッグストアなどとの競合もあり、大規模投資の回収は難しいと判断した」(福田辰治・マルショク総務部長)という。跡地利用法は未定。
 
マルミヤはJR別府駅高架下の旧ダイエー跡地約3250平方メートルのうち北側1850平方メートルで生鮮食品スーパーを展開する。南側の残りは駐車場にし、隣接するべっぷ駅市場まで通り抜けられるようにする。

【送料無料】流通業の経営戦略 [ 酒巻貞夫 ]

【送料無料】流通業の経営戦略 [ 酒巻貞夫 ]
価格:1,890円(税込、送料別)


娘が父を追放 あんぱん木村家のお家騒動背景に父の事実婚

日本人なら誰もが知る国民食というべき“あんぱん”。その考案者は「銀座木村家」の初代・木村安兵衛親子だ。以来、137年もの間、「木村家一族」によって引き継がれた同店は、常に日本のパン業界をリードしてきた。2011年度の売上高はグループ会社含めて140億円にもなる。今年5月にはスカイツリーのお膝元「ソラマチ」にも、あんぱんをメイン商品に据えた新業態のカフェを出店し話題にもなった。

そんな木村家でお家騒動が勃発していた。発端は今年3月末に、木村美貴子氏(35才)が新たに銀座木村家の社長に就任したことだった。

「それまでは会長職にあった美貴子さんの父・信義さん(67才)が会社の実権を握っていたんです。表向きは娘を抜擢したように見えますが、実は信義さんは、娘の手で木村家を追放されているんですよ。信義さんは木村家の功労者なのに、いまは収入もゼロになってしまったんです」(木村家関係者)

真相を取材すべく、信義氏の自宅を訪ねると、信義氏の事実婚妻であるA子さん(41才)が、内情を話してくれた。

A子さんが信義氏と交際、同居が始まったのはいまから10年ほど前のこと。当時、信義氏には妻がいた。

「私は実家の手伝いをしていたんですが、あるパーティーで信義さんに出会いました。親子ほどの年の差はありましたが、彼が木村家に懸ける思いを聞いて、すぐに惹かれました。その時、信義さんと奥さんの夫婦関係は破綻していて、すでに別居もしていました」(A子さん・以下同)

当時、信義氏は、妻との間の子供であった美貴子氏とは良好な関係で、ともに木村家の経営に携わっていた。しかし父と母が離婚し、A子さんの存在を知ると、美貴子氏は父への態度を一変させたと、A子さんはいう。

「美貴子さんは木村家グループの総務を担当していたんですが、私の存在を知ると、信義さんの役員報酬を8割以上減額したんです。それまではパパっ子で彼の話を素直に聞く娘だったそうですが…」

事実とすれば、家族間の感情的な行き違いが、「役員報酬の額」という経営上の問題に影響を与えたことになる。A子さんはさらに続ける。

「美貴子さんは、それまで父をよく思っていなかった、親戚でもある役員たちを味方にして、社内での力を強固にしていきました。それで信義さんは会社に行っても、頼れる社員がいなくなって、居場所さえなくなってしまったんです」

そして今年3月末、信義氏は会長職を解任された。A子さんによれば、そうした経緯はすべて、A子さんの存在を快く思っていない美貴子氏の判断によるものというのだが…。

銀座木村家は信義氏解任の理由について、「取締役としての適性を欠くという、専ら業務上の理由」と説明。あくまでも経営上の判断としている。


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。