小遣い:サラリーマン、月平均4.3万円 未婚者は増、既婚者横ばい /愛媛

愛媛銀などアンケ結果
1カ月のお小遣いは4万3000円−−。愛媛銀行とひめぎん情報センターは29日、県内サラリーマンの小遣いアンケート調査結果を発表した。未婚者が前年比3000円増の5万8000円だった一方、既婚者は横ばいの3万6000円で、所帯持ちの“お父さん”のふところは依然として苦しいようだ。
 
調査は10月上旬、県内在住のサラリーマン1200人を対象にアンケートを実施し、392人が回答した。平均年齢は39歳。
 
既婚者の小遣いの使い道(複数回答)では「趣味・娯楽」が昨年トップの「食事・喫茶」を上回る55.4%で、96年の調査開始以来最多となった。同センターは「ジョギングなど健康を意識した趣味に使っている傾向がある」と説明している。
 
また、預貯金の平均額は前年比6万9000円減の430万7000円。既婚者は18万5000円減の531万3000円。未婚者は5万8000円増の234万4000円。貯蓄の目的では、未婚者で「老後に備えて」が8%増加しており、同センターは「将来への不安や心配で堅実に貯蓄している人が増えている」と分析している。

編集後記
笑いながら成功する法則
本書は、10年連続全国高額納税者番付にベスト10入りした事業家・斎藤一人氏の魅力や成功の秘訣を語ったものです。その秘訣は、驚くほどシンプルで、おもしろくて、誰もができることばかり。「笑顔で愛のある言葉をしゃべっていれば、いいことが次々に起こる」「人は明るい人が好き」「“ひとつ上”の継続が一番楽」「自分の心と人の心に灯をともそう」―。楽しく成功する、とっておきの秘密。

【送料無料】斎藤一人の不思議な魅力論

岐阜県各務原市で研削盤の活ノ藤製作所が倒産

倒産速報です。岐阜県各務原市で研削盤の活ノ藤製作所(代表者:伊藤謹司)が倒産しました。11月25日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産を申請しています。負債総額は5億円です。

会社と倒産の経緯
活ノ藤製作所は昭和2年創業の研削盤製造会社
昨今の不況と海外廉価品に市場を奪われ、以前は6億円以上の売上高を計上していたが、平成23年3月期には2億円台まで売上高が落ち、赤字となっていた
先行きの見通しも立たず、今回の事態に至った。

編集後記
学歴も英語力もいらない、世界中に家とビジネスを持つ生活。
0から数十億の資産を作り直したその手法を、あますところなく収録。

【送料無料】自己破産から5年で10億稼いだ男の話

チャーリー・タカ
1966年静岡県生まれ。高校中退、美容師を経て、美容室経営、中古CD卸しなどさまざまなビジネスを展開。34歳で会社倒産とともに、個人の資産も負債の返済に当て、自己破産。その後、資産0から再スタート。ヤフオクで月600万円を稼ぐまでに。そこで得た資金を元手に、現在は主に不動産ビジネスを海外で展開。「世界中、自分が住みたい都市に自分の家とビジネスを持ち、投資をする」ことを目標とし、実践している。現在、マカオの不動産会社Hopewillのパートナーであり、投資会社Global Investmentのオーナー。マカオ在住。

東芝が北九州・御前崎・茂原の3工場を閉鎖へ、半導体再編で

電機大手の「東芝」は、半導体事業における構造改革の一環として、ディスクリート事業の国内製造拠点を現在の6拠点から3拠点へ閉鎖・統合することを明らかにしました。

閉鎖の対象となるのは、光半導体の前工程拠点となる北九州工場(福岡県北九州市)・浜岡東芝エレクトロニクス(静岡県御前崎市)と、パワー半導体の後工程拠点となる東芝コンポーネンツ(千葉県茂原市)の3拠点で、2012年度上期中にも生産を終了する予定です。

当該拠点の生産品目については、姫路半導体工場・加賀東芝エレクトロニクス・豊前東芝エレクトロニクスの3拠点へ再編・統合する方針で、閉鎖拠点の従業員については原則として東芝グループ内での配置転換で対応するとのことです。

半導体市況の低迷に加え、歴史的な円高による競争力の低下が懸念されることから、付加価値の高い製品へ集中しコスト競争力の強化を目指すようです。

編集後記
どんな試練もヒョイっと避けて、毎日楽しく笑って過ごせる。経済的な成功と精神的な成功、両方とも手に入る方法。

【送料無料】斎藤一人億万長者論

大阪府大阪市西区で建設金物製造販売の鞄本インダストリー製作所が倒産

倒産速報です。大阪府大阪市西区で建設金物製造販売の鞄本インダストリー製作所(代表者:斉藤嘉朗)が倒産しました。11月29日に民事再生法の適用申請を行っています。負債総額は22億円です。

会社と倒産の経緯
鞄本インダストリー製作所は昭和38年12月設立された建設金物の製造販売業者。
スペーサーアンカーなどの建築用金物の製造を手がけ、安全用品・バケットなど工事現場の用品販売も業としていた。
工場は大阪(大阪府枚方市池之宮)に構え、中国企業へも生産を委託、営業拠点は大阪本社はじめ、東京・横浜・名古屋・神戸に構えていた。
直売や自社製品は代理店を通して全国のゼネコンに販売して、平成19年11月期には約43億円の売上高を計上していた。
しかし、リーマン・ショック以降、建設現場が急減、平成21年期の売上高は約32億円まで減じ、赤字になっていた。
経営は、設備投資に対する借入負担も重たく、返済も窮していたところに東日本大震災が発生して、更に製品の需要低迷、これ以上支えきれず今回の事態に至った。

編集後記
名古屋女性・起業独立100の物語
カフェ経営、会社経営、デザイナー、ネイリスト、ショップ経営など、1歩踏み出して、夢を実現した女性たちの本音一挙大公開です。どうして起業を選んだのか、独立してよかったこと、悪かったことは?あなたの知りたいこと、きっとこの中にあるはずです。

【送料無料】やりたい仕事で幸せになる!

万引被害、これで半減 京丹後の薬局、ユニーク張り紙 京都

「事情聴取にかかった人件費も請求します」
「万引(まんびき)したら、事情聴取などにかかった人件費も請求します」−。京丹後市峰山町のドラッグストアが、こんなユニークな張り紙をして、防犯効果をあげている。京丹後署も「大変効果的な方法」として、市内のスーパーマーケットやホームセンターなどに紹介している。

張り紙を考案したのは、ヒライドラッグストアーズの社長、平井潤さん(51)。同店では、万引の被害総額が年間約200万円にものぼり、万引を見つけた場合でも、その後の手続きに店員らが時間をとられることが悩みの種だった。

そこで、平成22年春ごろから店内のレジや陳列棚などに、万引が発覚した場合は(1)監視開始から捕捉までに要した時間(2)警察に引き渡すまでに要した時間(3)警察での事情聴取に要した時間にかかる人件費を請求する−という張り紙をしたところ、被害は半分近くに減ったという。

平井さんは「万引は捕まえても手続きに時間がかかるため、見つけても警察に届けないという店もあるのが実情。うちでは、手続きにかかった人件費を実際に請求したケースもあります」と話す。

京丹後署は「捕まったときの返済額が増え、犯人が感じる負担は大きくなるため、犯罪抑止には効果的」として、市内のスーパーマーケットやホームセンターなどを対象にした「万引き防止対策連絡会」に紹介している。

編集後記
なぜ、万引が増えているのか。万引は、どのような問題を孕んでいるのか。
万引問題を解決するには、どうしたらいいのか。万引をなくす手段は、いろいろある。
防犯機器を置いたり店員教育に力を入れるのは、もちろん有効だ。
しかし、それは対症療法にすぎない。
本人が罪を自覚するしか、根本的な解決はありえないのだ。
万引対策は単なるマニュアルではない。
愛情を持って接すると同時に、厳しく諭す。
片手で抱きながら片手で殴ることが保安の仕事なのだと、取材で教えられた。
保安の現場で聞いたこの言葉を副題に付けたのは、そんな想いからだ。
万引が抱える問題点を探り、解決法を提案することが、本書の目的である。

万引問題解決法 片手で抱いて、片手で殴れ

「三輪崎牛乳」最後の製造 新宮、豪雨で牛舎被害 和歌山

新宮市などの学校給食で親しまれてきた三輪崎酪農組合の「三輪崎牛乳」が29日、製造を終了した。台風12号による豪雨で牛舎が被災し原乳の確保も難しくなったためで、約90年の歴史に幕を下ろす。

同組合は大正10(1921)年設立。熊野地方の1市4町に新鮮な牛乳を提供し続けてきた。9月の台風12号で同市木の川の酪農施設が土砂に埋まり、古座川町の農場から仕入れた原乳で製造を続けてきた。しかし、施設再建に必要な3千万円を用立てられないとして、組合を解散することにした。

道阪耕一組合長(52)は「昭和30〜40年代には26人の組合員がいて、200頭を飼育していたが、今は3人で牛は17頭だけ。大手スーパーの進出で納入先も減っていた」と話す。

風味が保てる65度の低温保持殺菌にこだわり、牛乳とコーヒー牛乳を生産。給食用に小学校など32校に約3500本を届ける一方、スーパーや商店にも出荷し「地元のおいしい牛乳」として親しまれてきた。

製造を終えた道阪組合長は「百年まで頑張りたいと思っていたが、最後となるとやはり寂しい」。30日は最後の牛乳を配送し、地元の三輪崎小では児童たちに感謝のあいさつする。

編集後記
わが国では約15分に1店の商店が閉店している。行き詰まって倒産という事態に陥る前に、積極的に廃業して、転進を図ることが大切。各分野の専門家が、自主廃業を有利に導く術をわかりやすく解説する。

【送料無料】経営戦略としての「上手な自主廃業」

いま、事業を継続すべきか、撤退か!!商店主及び商業指導者の方々に最適の指針書。
見通しのない事業や将来性のない店なら、行き詰まって倒産する前に廃業を決断し、「次なる転進」を考えることが最重要戦略!
“倒産”の悲惨さを回避するために、弁護士・税理士・中小企業診断士が、「事業終了時」の最善策をやさしく解説。

為替差損も発生し!神奈川県綾瀬市で液晶バックライトの潟ニテックが倒産

倒産速報です。神奈川県綾瀬市で液晶バックライトの潟ニテック(代表者:梅田昌弘)が倒産しました。11月29日に民事再生法の適用申請を行っています。負債額は約26億円です。

会社と倒産の経緯
潟ニテックは平成2年5月設立された粘着テープ加工業から液晶バックライトへ進出OA機器関連材など多岐にわたり製造して、平成19年12月期の売上高は約19億円を計上していた。
しかし、リーマン・ショック以降急激に需要が低迷して、平成22年期には約11億円の売上高まで落ち込んでいた。
更に最近は円高により収益を圧迫為替差損も発生借入負担も重たく民事再生により再建を目指すことになった。

編集後記
借金なし、損せず、恨まれない
借金にまみれる前に、有限会社や小さな株式会社を「廃業」「任意整理」「売却」する方法。また既に一線を越えている場合の賢い「自己破産」の段取り、これらの手順を具体的な事例を用い説明。

【送料無料】小さな会社の上手なたたみ方

アウガ:新経営計画案を了承 経営戦略委、確実な実行求める /青森

青森市中心街の商業ビル「アウガ」の経営戦略委員会(委員長・平出道雄青森中央学院大教授)が29日、アウガで開かれた。委員らは市の第三セクター「青森駅前再開発ビル」が報告した新経営計画案を了承し、確実な実行を求めた。
 
会合は一部非公開で行われた。再開発ビル側がコスト削減と空き区画解消により、来年度に約68万円の黒字化を目指す計画案を説明した。終了後、取材に応じた平出委員長によると、計画案を評価する委員の意見が大勢を占めた。
 
ただ地権者への賃料については疑問の声も上がった。計画案は賃料を従来の7000円から4000円に引き下げたが、算定の根拠が不十分との不満が漏れたという。
 
平出委員長は「計画案をどう実行するかが今後の問題。賃料の妥当性についてはさらに検討したい」と話した。鹿内博市長も「計画案は理解されたと認識している。実現に向けて努力したい」と語った。

編集後記
300社以上の会社が導入し実績をあげている、「株式会社武蔵野」の独特な経営計画書のつくり方がこの一冊でわかる!著者が行っているコンサルティング内容を、より具体的・実務的に落とし込んでまとめました。

【送料無料】経営計画は1冊の手帳にまとめなさい

1.数字、2.方針、3.スケジュール。この3つを決定し、1冊の社員手帳にまとめる。全社員の意識が変わる!儲かる会社に変わる。

風雲急の食品スーパー再編!急浮上するアークスの存在感

食品スーパー大手のアークス(札幌市、横山清社長)が大手総合商社から2人の幹部を招いた人事が業界内でさまざまな憶測を呼んでいる。

同社は業務改革室と社長室を新設し、三菱商事の峰松繁氏と三井物産の花牟礼真一氏をそれぞれの室長に任命した。両氏は出向扱いで、出向期限は未定。峰松氏はひと足早く11月14日付で、花牟礼氏は12月1日付で着任する。

アークスは全国的には無名だが、北海道の有力スーパーが経営統合のために発足させた持ち株会社で、道内ではイオンなどを凌ぐ売り上げトップ企業。今年10月には北東北が地盤のユニバースも傘下入りし、売上高は4000億円規模にふくらんだ。総合スーパー主体のイオンリテールイトーヨーカ堂などを除き、食品スーパー業界ではライフコーポレーション(大阪市、岩崎高治社長)に次ぐ2番手企業である。

業務改革室、社長室の新設は本社機能の強化が目的という。それぞれに創業経営者が残る傘下の事業会社の自主性を尊重してきたアークスでは、確かに本社機能は弱かった。ユニバースとの経営統合で本州進出を果たした横山社長は、さらなるグループ拡大の意欲を隠さない。だとすれば、グループ企業間の連携強化を図る業務改革室など本社機能の充実は当然の施策といえるだろう。

だが、新設部署の責任者になぜ商社からの出向者を充てる必要があったのか。「今後のグループ拡大に向けて大手商社とのパイプを太くしておくことが得策と考えたのではないか」と、ある食品スーパーの役員は推測する。

食品スーパー業界で三菱商事といえば、まず連想されるのが業界トップのライフである。創業者で会長兼CEO(最高経営責任者)の清水信次氏の要請を受けるかたちで三菱商事は約19%を出資。5年前、39歳の若さで社長兼COO(最高執行責任者)となった岩崎氏は三菱商事からの出向である。

ダイエー創業者の故・中内功氏らと同世代の清水氏はすでに85歳。まだまだ意気軒高とはいえ、平成の初めに不動産会社の秀和と組んで業界再編を仕掛けた当時のあくの強さはなく、「後継は三菱商事に託した」と恬淡としたものだ。

では、清水氏引退後のライフはどうなるか。前出の食品スーパー役員が「ウルトラC」として指摘するのが、三菱商事主導でアークスと経営統合する可能性だ。

両社が統合すれば売上高1兆円突破は確実で、中四国地盤のマルナカと山陽マルナカが傘下入りしたばかりのイオン系食品スーパー連合の規模に肩を並べる。ライフは首都圏と関西圏地盤で地理的補完性もある。北のアークスが業界再編の台風の目として急浮上している。

編集後記
優れた戦略の条件
戦略の神髄は、思わず人に話したくなるような面白いストーリーにある。多くの事例をもとに「ストーリー」という視点から究極の競争優位をもたらす論理を解明。

【送料無料】ストーリーとしての競争戦略

大きな成功を収め、その成功を持続している企業は、戦略が流れと動きを持った「ストーリー」として組み立てられているという点で共通している。
膨大な研究と取材によって紡ぎ出された500ページの本文。
そのボリュームを感じさせない圧倒的な筆力で、経営戦略の本質を描き出す。
刊行後3カ月にして増刷続々。すでに戦略論の古典になりうる実力を備えた一冊。

10月の完全失業率4・5%…3カ月ぶり悪化

総務省が29日発表した10月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0・4ポイント上昇の4・5%だった。3カ月ぶりに悪化し、今年7月(4・7%)以来、3カ月ぶりの高水準。厚生労働省が同日発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と同じ0・67倍だった。

円高や欧州の財政危機などを受け、多くの企業が景気の先行きを見定めようと採用に慎重になり、失業率の悪化につながった。女性を中心に、職探しを始めた人が増えたことも影響した。

編集後記
いよいよ始まった世紀の大ドミノ現象
護送船団方式の言葉に象徴されるように、金融業界をはじめとした日本の各業界は、政府の規制により守られながら成長してきた。
ところがビッグバンという黒船が襲来し、外圧により日本は爆発を免れなくなった。その兆候が九七年後半になってはっきりした形をとり始めた。
それは再編などという生やさしいものではなく、まさに切り捨て、淘汰の世界。
日本全体が大倒産時代・大失業時代にさしかかったのである。
あなたの会社は本当に…大丈夫か?!危ない企業全実名リスト―一挙公開。

大倒産時代
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。