循環取引も疑われ倒産に追い込まれた愛媛県松山市で乾物屋の樺辰

倒産速報です。愛媛県松山市で乾物屋の樺辰(代表者:中谷一郎)が倒産しました。7月1日に申請処理を弁護士に一任して、民事再生法の適用を申請しています。負債総額は26億円です。

会社と倒産の経緯
樺辰は明治6年創業の老舗の海産物・乾物加工卸販売業者。
愛媛県宇和島市近海や九州産の片口イワシを使用したちりめんシラス、その他煮干しや鮮魚を、百貨店やスーパーへ卸、平成22年4月期には60億円の年商を計上していた。
しかし、その後深刻さを増す消費不況から売上高が減少、それまでの業容拡大に伴う設備投資用の借入負担が重く圧し掛かり、更に循環取引も疑われ、金融機関からの資金手当てもできず、今回の事態に至った。

編集後記
堤清二という実業家は辻井喬というペンネームで詩や小説を書いてきた。但し、本当は、辻井喬という方が 堤清二というペンネームで、セゾンという一大劇場を試みたのではないだろうか。劇場は既に閉まり、集まっていた観客も雲散霧消した中でも、どこかでカーテンコールの響きは残っているような気がしてならない。セゾンの評価は、まだ定まっていないのだと僕は思う。それは僕の思い入れもあるのだろうが。

【送料無料選択可!】セゾンの挫折と再生 (単行本・ムック) / 由井 常彦 他著 田付 茉莉子 他著

戦後日本の企業経営の中で、流通革命と経営革新においてセゾングループが果たした役割には、きわめてめざましいものがあった。
しかし、バブル経済の崩壊後はグループ各社も経営危機に陥り、セゾングループ解体への道をたどる。
本書は、セゾングループの破綻した企業と、グループの解体過程、そしてその後にセゾン文化を継承して再生・発展した企業のケーススタディである。

格安の中国品に負けた!東京都足立区でシーツなど寝装品製造の本田縫工鰍ェ倒産

倒産速報です。東京都足立区でシーツなど寝装品製造の本田縫工梶i代表者:本田行)と関連の潟zンセン(代表者:本田昇)が倒産しました。6月23日に事後処理を弁護士に一任して、自己破産を申請しています。負債総額は、本田縫工鰍ェ10億円、潟zンセンが4億円の計14億円です。

会社と倒産の敬意
本田縫工鰍ヘ昭和35年創業の寝装品の製造会社。
旅館やホテル用のシーツ、布団カバーなどの製造を行い、以前は約18億円の年商を計上したときもある。
しかし、格安の中国品の来襲により、単価下落が続き、市場を奪われ、売上高を落とし、5年ほど前に事業を停止していた。

編集後記
安売りから脱出するヒント。採算度外視の「値下げ」は百害あって一利なし。
長くデフレが続き価格競争が激化し、安売りが常態化してしまった。脱デフレの兆しが見える中で以下にして価格を回復させればよいか。8者のケースを通じて価格回復のヒントを紹介。

【送料無料】脱・価格競争の経営

構造改革の後、成長を実現して価格破壊を乗り越えた企業の意思決定の歴史をたどり、経営の要諦を普遍化しようと試みる。

清算・消滅型の民事再生か?滋賀県栗東市でセメント販売の共栄物産鰍ェ倒産

倒産速報です。滋賀県栗東市でセメント販売の共栄物産梶i代表者:林康幸)が倒産しました。6月21日に民事再生法の適用申請を行っています。負債総額は6億円です。

会社と倒産の経緯
共栄物産鰍ヘ昭和53年6月設立されたセメント、各種建設機械や資材・燃料の販売会社。同社は、共栄産業グループの商社部門であり、グループ内の生コン会社や建機会社などへセメント類や石油類を販売、重機類の賃貸を手掛けていた。
しかし、官庁工事の減少で、グループ内各社の業績が悪化、同社の業績も悪化して、赤字経営が続き、資金面に限界が生じ今回の事態に至った。
民事再生の可能性は、仕入先のセメント会社や燃料会社・重機会社及び借入銀行などへの支払は、今後凍結され、資金的には安定してくるが、グループ内への売掛金は債権としてあるものの、それが回収できなければ、再建は厳しい。
グループ全体で民事再生の申請を行えば、民事再生による再建の可能性も増すが、単独での申請での再建は非常に困難なものとなろう。
今回の民事再生は、清算・消滅型の民事再生なのかもしれない。

編集後記
正しい方法で大切な家族を守れ!
破産手続も民事再生手続も、ちょっと待って!
打つべき手はまだある

【送料無料選択可!】本物の事業再生はこれだ!-経営者自身を守 / あなたは間違っていないか?騙...

債権回収のノウハウがない”自称”専門家や、無資格者による間違った事業再生アドバイスが横行している。
法的整理の前にすべきこと。再生支援協議会や裁判外紛争解決手続(ADR)の限界。別会社の資金手当てはどうすべきか。

北海道中小企業再生支援協議会に断られ破産した建築土木の丸金佐々木建設

倒産速報です。北海道札幌市白石区で建築土木の丸金佐々木建設梶i代表者:佐々木昭)が倒産しました。7月4日に破産手続き開始決定を受けています。負債総額は10億円です。

会社と倒産の経緯
丸金佐々木建設鰍ヘ昭和21年2月創業の老舗の建築土木会社。
官庁工事を主力に以前は40億円以上の年商を計上していた。
しかし、官庁工事が大幅に減じてきたことから、同社の売上高も減少の一途をたどり、経営も赤字状態に至り、平成22年1月期には、9億3800万円まで売上高を落とし、経常利益段階で▲3700万円の赤字、自己資本も▲7200万円の債務超過に陥っていた。
こうした事態に同社は、北海道中小企業再生支援協議会に対して支援を申し入れていたが、同協議会に力はなく、スポンサーの目途も付かず、今回の事態に至った。

編集後記
“長期的な視点”で見る
「今さえ凌げば何とかなる」は通用しない! 企業再生のプロである著者が、これからの中小企業再生に必要な考え方をわかりやすく解説。2005年から2006年までの、企業再生に関する制度や運用の改正に対応した改訂新版。

【送料無料】中小企業再生完全マニュアル改訂新版

「最近の企業倒産の傾向」データ、「私的整理に関するガイドライン」の解説、都市部を中心とした不動産価格バブル化の影響、「改正破産法」に関わる内容の改訂、「保証協会付き融資」についての改訂、「平成17年度税制改正による民事再生法における評価損・欠損金の扱いの変更」のポイント解説・他、企業再生のプロ・川野雅之が、制度改正等を踏まえて、これからの中小企業再生の考え方を分かりやすく解説。

代表者の体調悪化もあって事業を停止した舶用機械製造修理の拠キ崎機工

倒産速報です。長崎県長崎市で舶用機械製造修理の拠キ崎機工(代表者:江口智彦)が倒産しました。6月27日に事業を停止しています。負債額は1億5000万円です。

会社と倒産の経緯
拠キ崎機工は平成14年7月設立された比較的新しい船舶用機械の製造・修理業者。造船業者からの受注により、平成18年6月期には約2億5,000万円の売上高を計上していた。
しかし、その後のリーマンショックにより受注は減り、単価競争も激しくなり、平成22年期には約1億7,000万円まで減少して赤字となっていた。そうしたなか代表が体調を悪くして今回の事態に至った。

編集後記
一流アスリートのようにベストコンディションで成果を上げる!くたびれた貴方を元気にするマル秘テクニックとは。

【送料無料選択可!】できる社員の健康管理術 産業医が教える、生産性を高める暮らし方・働き方...

長引く不況で、賃金・ボーナスも上がらない中、ビジネスマンは会社から「業績アップ!」「成果を出せ!」「部下を育てろ!」と無理難題を突きつけられる。たまるストレスを発散させようと、盛り場に繰り出すと愚痴に深酒。
アルコールの量が過ぎると、興奮作用が安眠を妨げる。
多くのビジネスマンは、ストレスをため、疲れていくという「負のスパイラル」に陥っている。負のスパイラルに陥る要因は
 1睡眠不足
 2飲酒習慣
 3運動不足
 4荒れた食習慣
があげられる。この要因を少し改善するだけで、生産性が上がり、明るくイキイキとした毎日が取り戻せる。
社員のストレス管理と健康管理をテーマに企業、団体から年間100回以上も講演を頼まれる著者が、簡単な方法で体調を管理し、明るく元気に過ごせ、生産性を上げる方法をわかりやすく解説する。

集めた資金はどこに行ったのか?会員制リゾートクラブの潟pルアクティブが破産へ

倒産速報です。東京都新宿区平で会員制リゾートクラブの潟pルアクティブ(代表者: 齊藤幹夫)が倒産しました。5月24日に再生手続きの廃止決定を受けています。負債総額は45億円です。

会社について
潟pルアクティブは、昭和46年6月創業、平成元年11月法人改組して、バブル当時の花形であったリゾートクラブの運営、ホテルなどのレジャー施設などの運営、会員権の販売を手がけていた。
会員制のリゾートクラブの会員権は、四季ホテルシリーズの「アクティブトレンドゴールド」・「ユニバーシティ倶楽部」などの名称で販売され、海外のリゾートホテルやゴルフ場とも提携していたことから、民事再生申請した平成20年時点でも約1万人の会員数があった。

倒産の経緯
しかし、不況により会員券販売の減少・施設利用客の減少・借入負担の増加などにより経営が行き詰まり平成20年5月12日負債額約45億円で民事再生法の適用申請を行い、民事再生途上にあった。
ところが、不況は深刻さを増すばかりであり、会員権は売れず、施設利用客を減少一途であることから、再生の実現性に乏しく、今回の措置となった。
ゴルフ場と同じく、リゾート会員業界は、会員権の販売で業をなし、その資金で購入や提携した施設などを会員が利用、その利用料金で、会社の運営費用に充てられる。
利用客が少なくなれば、会員権の販売代金や借入金で購入された施設が、維持・運営され続けるには無理がある。
他のビジネスと組み合わせない限りビジネスモデルとしては破綻する運命にある。
潰れたそうした施設を格安で買収して成長を遂げるリゾート会員会社も長い目で見れば一緒である。1万人の会員権で集めた資金は、それまでの経営者たちの懐に雲散霧消しているのが現実である。

編集後記
ある平凡でおとなしい少年が、ひとりの恩師との出会いをきっかけに治療家となることを志す。
彼は6年間、新聞配達をしながら六つの学校を卒業して治療家となり、やがて経営者へとなっていく。
そして、恩師の教えを守ることで、経営者から“成功し続ける成功者”へと大きく成長していく。
これまで、30数店舗のサロンの開業実績を持ち、また(財)日本オリンピック委員会強化スタッフトレーナーとして指導する他、出版、セミナー活動、さらに新規事業を数多く立ち上げている著者の、成功するための考え方と生き方をわかりやすく解説する。

【送料無料】成功し続ける起業家はここが違う

6年間の新聞配達を通じて会得した「継続の法則」。
どんなことであれ、何かに継続して取り組んでいくのはとても大変なことだが、苦痛を受け入れ、それを乗り越えた先には必ず喜びが待っている。「大変」というのは文字通り、自分自身が大きく変わるチャンスでもあるからだ。
毎年多くの会社が設立される現在、その中でも10年にわたって安定経営できるのは1000社に1社とも言われている。
そんな中、成功し続ける起業家になるための3つの力と7つの習慣を解説する。

自然が美しく狭い宮古島にゴルフ場を作って倒産した葛g野

倒産速報です。沖縄県宮古島市でゴルフ場「オ−シャンリンクス宮古島」の葛g野(代表者:岩崎拓)が倒産しました。7月4日に民事再生法の適用申請を行っています。負債総額は57億円です。

会社と倒産の経緯
葛g野は、狭い宮古島の島土に、何故ゴルフ場を作ったりしなければならなかったのだろうか。
海の自然リゾートにゴルフ場はいらない。当時買収に応じた守銭奴の地主がいっぱいいたのであろう。
東平安名崎岬には、巨岩が大昔の津波により打ち上げられ、眼下にも岩がゴロゴロしている。
琉球海溝にも大きなズレが生じている部分が判明したと本年4月琉球大などが調査報告している。
先般の東北沖の地震の影響が、琉球海溝も位置するフィリピン海溝に生じない保証されていない。
大地震+大津波が発生しなければよいが・・・。
もしもの場合は九州の東シナ海側にも巨大津波が襲ってくる。
原発が2ヶ所あり、念のため対策工事が急がれる。災害は忘れた頃にやってくる。

編集後記
環境破壊を許さないためのガイドブック
農薬汚染、環境破壊、地域住民無視のゴルフ場造成計画の現状と反対運動の成果をリポートする。

【送料無料】ゴルフ場はいらない


2011年7月4日の全国倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。2011年7月4日の全国倒産状況と倒産続報です。

北海道 
医療法人共生会病院 破産へ
潟Pイテック 土木工事、破産開始決定
丸金佐々木建設梶@建築・土木、破産開始決定

青森県 医療法人真生会 美容皮膚科、破産

栃木県 鰹ャ池建設 建築

千葉県 ムトウ住建販売梶@化粧合板卸、破産開始決定

東京都 
潟Gイチワイシステム 飲食業、自己破産
株~村工務店 オーチャードホーム、自己破産へ
牛イ久間工務店 土木工事業、自己破産
潟iショナル・アドバタイジング 野外広告、自己破産へ
潟Aイ・ピー・ジー・アイ アパレル関連の商標権管理会社、民事再生申請
且井電気 電気工事
潟Pイなど2社 眼鏡小売、破産開始決定
潟pルアクティブ リゾートクラブ、再生廃止決定
鞄洋開発 解体工事、自己破産申請へ

神奈川県 鰹テ厚 破産開始決定

長野県 樺Y平建材店 破産開始決定

新潟県 潟潤[ルド オイスターマッシュルームの栽培、自己破産申請

静岡県 潟rー・フード 破産開始決定

愛知県 
ミレニアム司法書士法人 司法書士事務所
イノウエ産業求@破産開始決定
潟潟oー 広告代理、破産開始決定
気ONCEPT 破産開始 
巨シ川金型製作所 破産開始 
潟Aコード 建築工事、自己破産申請へ

滋賀県 共栄物産梶@セメント卸、民事再生申請

兵庫県 潟uロードティーヴィ ブロードバンド動画配信、民事再生へ

愛媛県 加藤開発工業梶@土木工事業、弁護士一任

福岡県
樋口建設梶@建築工事、弁護士一任
鞄建コーポレーション マンション開発ほか
汲ュるめチマキヤ ディスカウントスーパー経営
旧苧T工業 建設業、自己破産
医療法人福永会 自毛植毛専門クリニック
ダイサン商事梶@靴卸、自己破産申請へ

沖縄県 葛g野 ゴルフ場、民事再生申請

編集後記
6つのマジックで思考と行動が変わる
周囲の環境が高速で激変する今、変化に対して二の足を踏むことは死を意味する。
逆に、モチベーション高く変化に挑むことができたら、どんな時代も軽々と生き抜いてゆける-。
本書では、絶対化された状況を「アンフリーズ=解凍」し、「チェンジ=変化」させる誘因を提供、新たな行動が正しいと認識させて「リフリーズ=再凍結」する6つのマジックを紹介。
部下を生き生きと変化させ、組織を変革する方法論をわかりやすく解説する。

【送料無料】変化を生み出すモチベ-ション・マネジメント

節電で生まれる“アーリータイム市場”とは何か

朝食市場、スクール需要、百貨店の来客増…アーリータイム市場の持つ価値
朝は出社時間が1時間早くなり、夕方は退社時間が1時間早くなる。これがサマータイムによるワークスタイルの変化です。

つまり、朝8時の出社が、朝7時の出社になるため、今までよりも早く仕事を始める人が増えます。早く仕事を始める人が増えることによって、そこに新しい市場が生まれると考えられます。

まず、朝食市場です。これからは5〜7時までの朝食マーケットが伸びていくことでしょう。喫茶店やファストフード店、ファミレスは朝5時頃から店を開ければ、アサイチ客を取り込めるはずです。

コンビニでも朝食需要が一層高まることでしょう。おにぎりやサンドイッチ、それにドリンクをセットにした朝食セットや、味噌汁などのスープ類、また、朝食用の新しいメニューなども注目されるでしょう。

また夕方、会社を出る時間が早くなる人も増えます。サマータイム導入企業では、これまで終業が夕方5時だった人は、4時頃には帰宅することになります。

その時間に仕事を終えて、すぐに家に帰ればいいのですが、家に帰りたくない人も多いはず。そんな人たちは新しくできた夕方の時間を満喫しようとします。そこで生まれるのが、いわゆる“アフター4市場”です。

そんな動きを捉えて、居酒屋ではアーリータイムが動きます。5時前の入店は割引などのサービスがどんどん増えていくことでしょう。居酒屋チェーン運営のコロワイドは関東地方で展開する系列の「北海道」40店舗で、夕方の開店を1時間早い午後4時に繰り上げるなどの対応を始めています。8月31日までは、午後4時〜6時に来店したお客様に対し、アルコールの一部を半額にするなどのサービスで集客増を仕掛け始めました。

また、語学学校や専門学校などのスクール需要も増えるでしょう。語学学校のGABAは7月をめどに、仕事帰りの会社員らを対象とした「夏の短期集中プラン」を始めるそうです。朝が早くなったことで朝早い時間帯から語学教室を始めたところもあります。

スポーツジム、ジョギング、マラソン、自転車などのスポーツ人口も増えていくことでしょう。

編集後記
顧客や市場の動きを見据え、自ら手を上げて新しいことを仕掛けていく行動特性を身に付けるための方法を具体的に提示する。

【送料無料】「変化対応力」入門

成果主義時代の必須能力
これからの人材とは「変化対応力」の豊かさ、その能力の向上のために努力をする人であろう。
これが企業社会の新しい人材観である。人材への新しい視点として「変化対応力」を提唱するのは、個人の発達・前進のための手がかりを得るためである。
ホリスティックに人間を理解することが、今日の激動の企業社会で成果を発揮する個人を育成することにつながる。


尾瀬・那須塩原、風評被害で観光客激減

福島第一原子力発電所の事故で、原発から約150〜120キロ・メートル離れた尾瀬栃木・那須塩原が、観光客の減少に苦しんでいる。

福島県檜枝岐村の観光客は前年比3割減の状況で、ニッコウキスゲが見頃となる今月中旬の書き入れ時を前に、観光業者らが悲鳴を上げている。

福島県側の入山口にあたる檜枝岐村によると、檜枝岐村内にある旅館や民宿計37軒の5〜6月の宿泊客は、前年比3割減。ある民宿経営者は「『福島県内なので心配になった』という人がいた。福島と名が付くだけで客足が遠のく」と嘆く。

福島県の放射線測定では、同村役場の最大値は3月21日の毎時0・12マイクロ・シーベルト。今月3日でも同0・10マイクロ・シーベルトと、水戸市の0・093マイクロ・シーベルトよりわずかに高い程度で、県は健康に問題ないとしている。

同村内にある尾瀬沼に近いある山小屋は例年、ニッコウキスゲが見頃となる7月中旬〜下旬は予約でいっぱいになるが、今季の満室は2日間だけ。林間学校として毎年来ていた首都圏の中学校2校からもキャンセルされた。一方、会津若松市など県内や隣の新潟県の小中学校計10校は予定通りに来るため、この山小屋の担当者は「風評被害と考えざるを得ない」とした。

編集後記
チェンメ、リツイート…災害流言という人災!流言やデマはどのように生まれ、どのように広がるのか?真偽を確認するにはどうすればいいのか?そのメカニズムを解説し、ダマされない・広めない基礎知識を伝授。

【送料無料】検証東日本大震災の流言・デマ

◎有害物質の雨が降る?
◎被災地で外国人犯罪が増えている?
◎あの政治家がこんな失言をした?
◎関西電力の節電呼びかけチェーンメール
◎放射性物質にヒマワリが効く?
◎トルコが日本に一〇〇億円の援助?
◎ヨウ素入りのうがい薬は放射性物質に効く?
◎天皇陛下が京都に逃げた?
◎日本では物資の空中投下が認められていない?
◎避難した被災地の子どもには教科書が配布されない?
----なぜデマが広まるのか? デマはなぜダメなのか? デマを防ぐには?

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。