東京都豊島区で水廻り陶器製品の潟tジデザインコーポレーションが倒産

倒産速報です。東京都豊島区で水廻り陶器製品の潟tジデザインコーポレーション(代表者:新津三雄)が倒産しました。6月30日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任しています。負債総額は3億円です。

会社と倒産の経緯
建築業界は不況に強いパワービルダーだけが元気がよいものの、ほかはまだリーマンショックから改善されておらず、こうしたデザイン性の高い水廻り陶器のニーズは大幅に減じている。

編集後記
企業倫理の確立に向けて
日本経営学会の公開シンポジウムを基にした企業倫理の体系的ガイドブック。
企業倫理学の課題、新しい企業システムのあり方、社会的責任、ガバナンス、コンプライアンス、労働組合の役割が究明されるとともに、資生堂、リコー、富士ゼロックスの企業倫理確立に向けた取り組みの実例などを収めた。

【送料無料】社会から信頼される企業


経営合理化もむなしく倒産した東京都葛飾区で建築、不動産業の潟Vティーホーム

倒産速報です。東京都葛飾区で建築、不動産業の潟Vティーホーム(代表者:柴尾弘一代表)が倒産しました。6月28日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任しています。負債総額は5億円です。

会社と倒産の経緯
潟Vティーホームは昭和63年3月に設立された建築、不動産業者。
新築住宅、注文住宅、リフォーム及び中古、賃貸、店舗物件など不動産業を併営、平成22年3月期には約4億円の年売上高を計上していた。
しかし、足下の需要環境は厳しく、妙味薄の転換を余儀なくされるなど業況は軟調に推移。
経営合理化等に注力するも抗せず、これ以上の事業継続も困難となった模様。

編集後記
すべての逆境、失敗、不幸な経験はいずれも不運にみえるが、実際には幸福になりえる。なぜなら、それらには不運と同程度の幸福の種子が内包されているからである。
失敗と挫折。この二つは、すべての人間を謙虚にし、理解力と知恵を身につけさせるために自然が与える試練なのだ。

苦境を乗り越えた者だけが生き残る ビジネスや人生に役立つ戦国武将の知恵 (日経ビジネス人文...

「困ったときこそ、力が試される」「こっぴどく負けた経験が、人を大きくする」――。危機を自己変革のチャンスと捉え、乱世を生き抜いた戦国武将15人の知恵を紹介する。

外食産業不振が影響!長崎県東彼杵郡波佐見町で陶磁器の昭和陶器鰍ェ倒産

倒産速報です。長崎県東彼杵郡波佐見町で陶磁器の昭和陶器(代表者:橋本昭次)が倒産しました。7月8日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。負債総額は2億円です。

会社と倒産の経緯
昭和陶器鰍ヘ昭和23年6月創業の老舗の陶磁器製造会社。
国民生活が20年以上も悪化しており、同社が得意とした大皿の需要が、消費者の購買欲が損なわれていることからホテル業界や外食産業からのニーズが細り続け、今回の事態に至った。

編集後記
人事のプロは知っている
仕事力を発揮するためのヒント50項目。

【送料無料】「仕事力」のある人、ない人

ホテルマンとしての下積みから始まり、外資系コンサルティング会社のトップへと上り詰め、人生の「成長カーブ」を急上昇させた著者。
次に社長として雇われたベンチャー企業もわずか1年ばかりで再建!
そして、さらなる挑戦の場として選んだのは、誰もが知る一部上場企業の牽引役!!
人を活かして組織を伸ばすことの重要性を、コンサルティング時代に徹底的に「身体」で覚えた著者のメルマガは、多くの実力あるビジネスパーソンにこれまで評価され頼りにされてきた。

京都府久世郡久御山町で精密機械部品製造の癌V村精工が倒産

倒産速報です。京都府久世郡久御山町で精密機械部品製造の癌V村精工(代表者:澤村加津子)が倒産しました、6月30日に破産手続き開始決定を受けています。負債総額は1億5000万円です。

会社と倒産の経緯
癌V村精工は、エアバックのコネクタ部品や携帯電話のマイクロチップ部品などを製造していたが、リーマンショックで受注減少・在庫過多により資金繰りに窮し5月31日事業を停止していた

編集後記
「7つの習慣」の原則を、ビジネスでの役割、特に経営・マネジメントの視点から捉え、経営者として預かる会社あるいは部門の経済的な成功に加え、文化的な価値創造を見事に実現した8つのストーリー集。

フランクリン・プランナーのオススメ書籍『「7つの習慣」実践ストーリー3 マネジメントを考える...

本書は、「7つの習慣」の原則をビジネスでの役割、特に経営・マネジメントの視点から捉え、経営者として預かる会社あるいは部門の経済的な成功に加え、文化的な価値創造を見事に実現した8つのストーリー集です。いずれのストーリーも自分自身の内面の課題に真摯に取り組み、信頼関係を築くために、長く険しい道のりを歩むことを選択し、実現した実話に基づく感動的なストーリーとなっています。

代表者が死去!愛知県安城市で土木工事の石原建設鰍ェ倒産

倒産速報です。愛知県安城市で土木工事の石原建設梶i代表者:石原和子)が倒産しました。7月7日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。負債総額は7億円です。

会社と倒産の経緯
石原建設鰍ヘ昭和28年3月創業の護岸工事や道路工事を得意とする土木工事会社。
名古屋新国際空港などに従事した平成16年5月期は約14億円の売上高を計上した。
しかし、その後は大型工事もなくなり、総じて公共投資工事が減少して平成22年5月期は約8億円まで売上高が落ち込み赤字となっていた。
その上、本年代表が亡くなり、奥さんが継ぎ頑張ったものの財務体質は脆弱で、自己資本は29百万円(内、資本金23百万円)しかなく、資金繰りに窮し、今回の事態に至った。

編集後記
4年連続no.1が明かす
「緊張してうまくお客様と話ができない」「何を説明してもお客様が心を開いてくれない」「訪問してお客様から嫌がられるのはもうウンザリだ!」そんな悩みをもっているあなたへ。
ズバリ、「営業レター」を活用すれば、あなたの世界は180度変わります。
この本は机上の空論でもなければ、才能のある人だけが使える方法が書かれたものでもありません。
長年、ダメ営業マンだった人間がつかんだ、だれでもできる実践ノウハウです。
実行すれば、きっとあなたも「訪問しなくても結果を出し続ける営業マン」に生まれ変われることをお約束します。

【送料無料】訪問しないで「売れる営業」に変わる本


長野県茅野市で老舗旅館経営の渇。谷温泉旅館が民事再生へ

倒産速報です。長野県茅野市で老舗旅館経営の渇。谷温泉旅館(代表者:篠原元文)が倒産しました。7月11日に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けています。負債総額は66億2000万円です。た。

会社について
渇。谷温泉旅館は、1935年(昭和10年)6月創業、76年(昭和51年)6月に法人改組した温泉旅館経営業者。
奥蓼科高原横谷峡に位置する和風旅館「横谷温泉旅館」(客室72室、収容人員400名)の経営を行っていた。
積極的な設備投資を行う一方、天然温泉、大岩風呂などの特色を生かした展開を図り、99年9月期には年収入高約12億1400万円を計上、地元を代表する宿泊施設としての地位を築いていた。
また、2005年に東京営業所、2007年に名古屋営業所、2008年には大阪営業所(その後閉鎖)を開設して県外での顧客開拓にも力を入れていた。

倒産の経緯
近年も様々な企画やプランを打ち出して集客に努めてきたが、景気低迷にともなう観光客の減少、観光消費額の伸び悩みなどから2009年12月期(2007年に決算期変更)の年収入高は約9億2400万円に後退。
翌2010年12月期は新企画の実行などから年収入高約9億6100万円と前期比約4.0%の増収となったが、従前の設備投資にともなう借入金負担も重荷となっていた。
さらに、今年3月に発生した東日本大震災後に予約キャンセルの発生など宿泊客の減少に見舞われたため資金計画に狂いが生じたうえ、過去の保証債務の処理を行う必要も生じたため、民事再生法の適用を受け抜本的な再建を目指すこととなった。

編集後記
サ-ビスと利益両立の法則
軽井沢の老舗温泉旅館から、日本各地でリゾート施設を運営する企業へと飛躍した星野リゾート。その成長の背景には、星野佳路社長が実践した「教書通りの経営」がある。本書は、星野社長が戦略やマーケティング、リーダーシップの参考にした#ネタ本#30冊と、それらの本から学んだ理論の実践事例を一挙に紹介する。

【送料無料】星野リゾートの教科書

「課題に直面するたびに、私は教科書を探し、読み、解決する方法を考えてきた。それは今も変わらない」

建設市況の悪化で倒産した静岡県静岡市葵区で建設資材卸の釜h野建材

倒産速報です。静岡県静岡市葵区で建設資材卸の釜h野建材(代表者:鷲野潤一郎)が倒産しました。6月29日に破産手続開始を申請しています。負債総額は8億円です。

会社と倒産の経緯
釜h野建材は昭和22年12月創業、27年12月に設立された建設資材卸業者。
生コン、セメント、土木資材、住宅設備など幅広く取り扱い、県下において相応の知名度を確立するに至っていた。
しかし、近年は建設市況の悪化を背景に売上高、利益ともに苦戦が続くなど業況は軟調に推移。経営合理化、資産売却等に注力するも抗せず、今年5月13日には事業を停止し事後を弁護士に一任するに至っていた。

編集後記
ビジネスの世界に一つ確かな事があるとしたら、それは、不確実性が存在するということ。
それでもなお、どんな条件下でもつねに卓越したパフォーマンスを発揮する組織がある。
今、この不透明で困難な時代にリーダーが行うべきこと。

フランクリン・プランナーのオススメ書籍結果を出すリーダーになる

現代を一言で言うならば、「変化」の時代だということでしょう。これまで通用したセオリーが、一瞬で通用しなくなっています。このような時代において、ひとつだけ確かなこと挙げるとするならば、それは「不確実性が存在する」ということです。
驚くべきことにこの不確実な現代において、業績を伸ばし続けている組織があります。彼らに共通するものとは? それこそが本書の核である「予測不能な時代に、予測可能な結果を生み出す4つの原則」です。この予測不可能な時代に、予測可能な結果を得る組織とは、この原則に基づいて実行している組織なのです。
本書で述べているように、本書の目的は、あなたがすでに目撃してきた事を指摘して警告することではありません。あなたが予測不能な時代に予測可能な結果を得る手助けをすることにあります。

預託金返還が出来ずに倒産した東京都港区でゴルフ場運営の大多喜ゴルフ

倒産速報です。東京都港区でゴルフ場運営の大多喜ゴルフ梶i代表清算人:池永 惠一)が倒産しました。6月30日に特別清算手続開始決定を受けています。負債総額は72億円です。

会社について
大多喜ゴルフ鰍ヘ昭和48年4月に設立したゴルフ場運営会社。昭和51年11月、千葉県大多喜町に、東・南・西コース各9ホール合計27ホールからなる「大多喜カントリークラブ」を開業、運営していた。
当時、上場ゼネコンの佐藤工業(東京都中央区)が40%出資し、他、生保や銀行グループなども出資。ピークで会員1,700名内外を数え、平成11年3月期の年商は7億3,900万円内外を計上していた。

倒産の経緯
しかし、その後は国内業況の悪化や個人消費の冷え込み等から利用客数の減少が続き減収基調を余儀なくされていた。
この間、預託金償還の10年延長を行い、低価格パックの導入等で集客に努めていたが、今年5月を期限としていた預託金の償還が難しい状態だった。
このため、潟激Cクウッド大多喜(千葉県夷隅郡大多喜町下大多喜2419)を新設分割し、同社にゴルフ場運営事業を継承。当社は6月8日開催の株主総会で解散を決議し、清算手続きを進めていた。

編集後記
強くしなやかな会社をつくり、日本経済を元気づけるために必要なこと。それは失敗に学び、新たな創造・挑戦に乗り出すことだ。
優良企業としてのぼりつめながら倒産したベンチャー企業10社を「失敗学」で徹底的に分析。
そこからはライブドアの失敗の本質も見えてくる。起業家のみならず、全ビジネスマン必読の失敗学実践書。

【送料無料】起業と倒産の失敗学


豪州便400円!ジェットスターが限定チケット

日本就航4周年を記念し、豪州の格安航空会社・ジェットスター航空は9日に限って片道運賃400円の日本―豪州のチケットを販売した。

同社は2007年3月に日本で運航を開始。日本―豪州を結ぶ最大の航空会社として週25便を運航している。記念チケットは通常の約60分の1の価格で、会員を対象にした先着1000席に限定した。11〜12月搭乗分の関西空港、成田空港―ケアンズ、ゴールドコースト便で、燃油サーチャージなどは別料金。

この日、兵庫県西宮市内でPRイベントがあり、イメージキャラクターでタレントのベッキーさんが「シーフードがおいしく、景色もきれい」と豪州の魅力を紹介。その後、パネルで「400円」の運賃が発表されると、会場に集まった人たちから驚きの声が上がった。

編集後記
人が育てば、お店が育ち、顧客が育って、売上が育つ。

【送料無料】お店を必ず元気にする店長のオキテ

同じスキルなのに、売れる人と売れない人がいるのは、このオキテを知っている人と知らない人の差です。本書に書かれた60のオキテが、あなたのお店を元気にし、人生を上昇させます!
「リーダーシップのオキテ」「仕事の仕方のオキテ」「人とチームを育てるオキテ」等、販売サービスの現場で必要なオキテを伝授する。


赤字が続いて倒産に追い込まれた岐阜県七宗町で土木工事の樺キ谷部工務店

倒産速報です。岐阜県加茂郡七宗町で土木工事の樺キ谷部工務店(代表者:長谷部孝社長)が倒産しました。6月30日に事業を停止し、自己破産申請の準備に入っています。負債総額は4億1000万円です。

会社と倒産の
樺キ谷部工務店は1927年創業。主に土木や造園などの公共工事を手がけ、99年8月期の売上高で約8億4100万円を計上したが、08年以降は財政難による公共事業削減の影響を受け、赤字経営が続いて債務超過に陥った。

編集後記
自己破産させない、会社を潰さない、目からウロコの裏技満載。

【送料無料】破産・倒産・競売も呪縛を解けば大爆笑!

救済を求める経営者に危難の呪縛を解く秘策を紹介。
過重債務によって破産・倒産に追い込まれた経営者は数知れないという。
著者は長年、不動産コンサルティングやオーナー経営者の資産運用アドバイスを生業としてきた。
そこで出会った多くの人が、過重債務などで苦しむ経営者だったという。
こうした実例に基づいて、解決への道筋を紹介したのが本書である。
会社を潰し、自己破産することが真の救済ではないと著者は力説する。
その救済するための裏技的な要素が盛り込まれたところも大きな特徴といえる。
本書では、既成の概念に捉われ、自己破産以外に救済の道がないと説く専門家に対しても苦言を呈する。
破産・倒産・競売という呪縛に気がつき、適切な対応策を講じれば問題は解決できるという。
激変消滅の時代を生き抜くキーワードは「大変身」だ。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。