市場原理無視のTV局 放送開始58年で倒産、合併、買収0件

電波を県域内に限定した「県域免許」の導入により、政府は地方TV局および、局を経営する地方紙をコントロールする構造を確立した。その結果として、テレビ・ジャーナリズムが正しい情報よりも、権力にとって都合のいい情報を流すことに腐心してきた構造的堕落は、非常にわかりやすい。

政・官にとって衛星放送やケーブルテレビが発展してもらっては困る事情はそこにある。地上波がやらない「自由な報道」や「権力監視」を新しいメディアが始めたら非常に困ることになるからだ(現にいまや政府の規制を恐れないネットメディアが次々と政府と大メディアの嘘を暴き出している)。

テレビを地上波に固定化し、睨みの効くキー局発信の情報が全国に行き渡る県域免許こそ、テレビを「権力の道具」にするために不可欠だったのである。

「そんな政府の意向は、テレビ事業を地上波で独占して利益を確保したかったテレビ局にも都合がよかった。たとえば、地上波のライバルになるBS放送は、総務省とテレビ局があらかじめテレビ局の子会社でBS放送を占拠できるように枠組みをつくってからスタートさせた。政治と一体化して利権を確保してきたのが日本のテレビです」(地デジ化政策に詳しい政策研究大学院大学・福井秀夫教授)

地上波放送が始まって58年経つが、1局も倒産や合併、買収がないことは他業態ではありえない(イトマン事件で詐欺被害に遭ったため倒産した近畿放送は例外)。市場原理も国民利益も無視した電波メディアの「護送船団」がいまだ貫かれているからだ。

編集後記
2011年完全デジタル化目前!
ケーブルテレビ、スカパー!、IPTV、民放、NHK-それぞれの2011年戦略を考察する。

【送料無料】競合か協調か-メディア企業選択の時

2011年7月24日に予定されている地上アナログ放送停波。これにより、日本の放送事業のデジタル化が完成する。
この完全デジタル化を目前に、ケーブルテレビ、スカパー!、IPTV、民放、NHKといった各メディア企業は、どのような戦略をもって臨んだら良いのだろうか……。
これまで約20年にわたって、メディア企業の戦略アドバイザー・コンサルタント等を務める著者が、これらメディア企業の2011年戦略を考察し、今後の成長・発展のシナリオを1冊にまとめた。

チャンスが現れる前から努力をしている人が報われる。

ある日、突然自分の目の前に王子さまが現れた。
しかし、恥ずかしくて声をかけることができない。
王子さまに見合うだけの自分ではないから。
たとえ声をかけたとしても、教養もマナーも自信もない人に、王子さまは心動かされることもないでしょう。
それがわかっているだけに、余計に行動できなくなる自分がいる。

こんなときに、あなたは思う。
「ああ、このときのために自分磨きをしておくべきだった」と……。
チャンスとは、一瞬の好機です。
たとえチャンスがあったとしても、そのチャンスをつかむことができる人は、日頃からきちんと自分磨きをしている人なのです。

往々にしてチャンスは流れ星のように突然現れ、気がついたときには消えてなくなっているものです。
あとになって後悔するくらいであれば、今のうちに努力をして、自分を磨いて、いざとなったときにすぐ対応できるような姿勢をつくっておくことのほうが大切です。

チャンスが現れてから、努力するのではありません。
チャンスが現れる前に、努力するのです。
王子さまが突然現れても、すぐに声をかけられるように、今のうちから自分磨きをしておくのです。
そういう努力を積み重ねている人にだけ、チャンスをつかむ権利が与えられます。

編集後記
新規開拓営業が楽になる45のコツ
営業マンの誰もがスゴ腕に「なりたい!」と、思ったことがあるはず。
しかし、肝心の方法が分からぬままに、ルーチンワークに忙殺されている人がいかに多いことか。
本書はそうした悩める営業マンにスゴ腕になるコツを解説。
著者はリクルートにおいてシステムの営業を担当し、わずか1年でトップセールスマンになった営業のプロ。
彼の実績は退社した今でも語り継がれているほど。
現在は営業のコンサルタントとして大手企業での営業研修や受注支援業務を著者自ら第一線に立って行っているので、生きたノウハウを数多く持っている。
彼の営業研修のモットーは「誰でも明日からできる具体的な方法の提示」という。
本書にも具体的なノウハウが数多く詰まっている。

【送料無料】「資料送っておいて」と言われたらチャンスと思え!

結果を出す人とそのほかの違い
@部長用の企画書と経営者用の企画書を分ける配慮ができる
Aアポ取り電話、訪問件数でも「もう1件だけ」を欠かさない
B顧客に「おみやげ」となる情報や提案を欠かさない
C顧客のために自社を動かすことを厭わない
Dとにかく初動が早い  (p.22より)

納涼うちわの売れ行き好調、過去8年分の在庫放出/鎌倉市観光協会

鎌倉市観光協会が毎年製作している納涼うちわの売れ行きが、例年になく好調だ。ことし販売分は半月余りで完売。保存していた過去8年分のうちわも売り出したところ、すでに半分以上が売れた。東京電力福島第1原発事故による夏場の電力不足に備えて購入する人も多いといい、同協会は「こんなに早く完売するのは初めてだ」と驚いている。

同協会は1977年からうちわを作っている。鎌倉ゆかりの画家に絵柄を依頼しており、漫画家の横山隆一さんの「八幡宮舞殿に花火」(77年)、洋画家の奥西賀男さんの「金魚」(2005年)など、鎌倉や夏にちなんだ作品が描かれている。

ことしは、6月10日に日本画家の中島千波さんによる「からす瓜の花」を発売。一般向けに約3700本を準備していたが、追加製作した500本も含め、28日までに完売した。


写真は中島千波『寒緋牡丹』リトグラフです。

予想を上回る反響に、同協会はキャンペーン用などに保存しておいた過去8年分のうちわも販売開始。こちらも約3千本のうち1800本がすでに売れ、3種類が売り切れたという。

今夏は原発事故の影響で、夏場の電力不足が懸念されている。同協会を訪れて買い求める中には「節電しなきゃいけないからね」と話したり、家族の人数分のうちわを購入する人も。「東日本大震災の被災地に贈りたい」と50本まとめて購入した人もいたという。

「例年は9月ごろ、早い年でも8月ごろまでは売っていた」と同協会。「震災を経て、生活を見直す意味でも手作りのうちわが注目されたのでは」と話している。

「ワンランク上を目指す人」の人脈は、視点の高さと広さで考える

ワンランク上の人はどんなところに注意しているのか
仕事をするうえで、もっともっと自分自身を高めていきたい。
そんな、ワンランク上を目指す人の人脈はどこに注意すればいいのか。それはずばり視点の「高さ」と「広さ」です。

私は、20年ほど前、新卒で現在のリクルートに入社し、トップ営業として何度も表彰されました。同時に自身でも長年多くの勉強会を開き、幅広い方たちとのつながりを持ち、気付けば「人脈の達人」と呼ばれるようになっていました。

人脈は、とにかく誰とでもつながればいいというわけではありません。人脈づくりで大切なのは、自分自身に刺激を与えることです。つまり、いかに自分より高い視点、広い視点でものを考えられる人と出会うかが重要なポイントになるのです。

では、自分より高い視点、広い視点を持った人とはどんな人でしょうか。

自分より高い視点を持った人とは、「自分のいる位置からでは見えなかった景色をイメージさせてくれる相手」とも言い換えることができます。本質的に、人は自分の経験した範囲でしか物事を考えることができません。しかし、人と話していて「なるほど、そんな考え方があったのか」というように、思わぬものの見方や捉え方を教えられることがあります。このような気づきを与えてくれる人が「自分を高める人脈」です。

「広い視点」を持つ人は、自分を多様化させてくれる人
次に、自分より「広い視点」を持つ人です。これは、自分の知的領域・関心領域を広げてくれる相手、あるいは自分を多様化させてくれる相手と言ってもいいでしょう。自分を広げてくれる相手とつながりを持つ必要はどこにあるのか。もちろん、知識が広がって博識になるという効果は大きいでしょう。さらに別の世界の存在を知ることで、自分の活動領域をそちらに広げていくこともできる。環境の変化が激しく、いま自分がよりどころとしている業界が、根底から崩れてしまいかねない現代においては、異分野に活動の根を張っておくことは、ある種の保険にもなります。

しかし、それ以上に大きいのが本業へのフィードバックです。ある物事を捉えるとき、人は自分のいる世界の常識でそれを認識します。しかし、別の世界を知り、これまで自分になかった視点を獲得することで、目の前にあるものが立体的に浮かび上がり、これまで以上によく見えてくることがあります。

自分を高める相手が与えてくれる知見は、おそらくその人が10年、20年かけて培ってきたものでしょう。そのレベルに自分が達しようと思えば、本来は同じような時間を必要とするはずです。しかし、すでにそれを習得した先達の経験を追体験することによって、時間のショートカットができる。これこそが人脈で得られる何よりのメリットです。

このように、自分を高めてくれる人、広げてくれる人を人脈にしなさいといいましたが、かといって「背伸びした人脈」でもいけないので気を付けてください。

編集後記
強力助っ人となる人脈を短期間で手に入れる方法
異業種交流会にはもう行かない。これからは「本物の人脈」はこう作る。

【送料無料】仕事とお金を引き寄せる人脈構築術

インターネットなら人脈をつくるのも活用するのも早くて簡単!
お金がなくてもネットワーク力を使えば驚くほど人脈拡大が加速する。
しかし、あなたを応援してくれるホンモノの人脈構築にはツボがある。
顔の見えないネットツールだけに、誰もが犯しかねない「掟」がある。
これで築けた最強の人脈があれば、独立起業も顧客獲得も容易になる。
ちっぽけな自分でも他人の力を借りれば一夜にして有名人の仲間入り。

他人の考えよりも、自分が考えて間違えるほう、かっこいい。

考える人は成長します。
考える人が成功します。
学問は、考えないとできません。
学校の暗記では、考えることも学問もできません。
大切なことは、自分が考えることです。
ですから、成長ができるのです。

他人に考えてもらっては、他人が成長するだけです。
「間違うのが怖い。間違うとかっこ悪い」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
間違うことのほうが、成長します。
間違うことでも、かっこいいのです。
他人の考えの受け売りは、自分が考えたことではありません。
それは他人の考えた答えです。
答えが正しいのか、それとも間違っているのかは、あとの話です。

間違ってもかまわないため、まず自分が考えた答えを出すことです。
正解第一よりも、成長第一にしましょう。
他人の考えが自分の考えと同じなら、自分の考えを言って、他人の答えと重なることでいいのです。
「どうすればいい?どうすればいいと思う?」という人は、自分で考えようとしていません。
私は人の話を聞くのが好きですから、そのためかよくぐちの電話がかかってきます。
日常生活で起こるささいなトラブルのぐちです。

そんなとき「どうすればいい?どうしたほうがいいと思う?」とよく聞かれますが、私は逆に「自分はどうしたほうが、1番いいと思う?」と聞きかえします。
私が考えるのが面倒くさいからではありません。
自分で考えたことでしか身につかないからです。
成長は自分のためにあります。
成長するのは自分自身です。
他人に考えてもらっては、自分が成長するチャンスを逃してしまいます。
成長するということは、他人に考えてもらうのではなく、間違ってもいいから自分が考えることなのです。

編集後記
アスリート、音楽家、美術家、写真家、落語家、社会活動家、職人、企業家…国内外から様々なジャンルの人が寄稿、自分が変わる99の人生ストーリー。

【送料無料選択可!】100番目のメッセージ 私たちを元気にする先輩からのコトバ (単行本・ムッ...

Allen Miner―親日ベンチャーキャピタリスト
アニャンゴ―世界初女性ニャティティ奏者
秋元祥治―岐阜を元気にする男
雨谷麻世―クリスタル・ヴォイス・ソプラノ歌手
池坊由紀―華道家池坊次期家元
池間哲郎―アジアの子供たちを支える活動家
石山伊佐夫―高校中退でも天性の経営者
市川覺峯―千二百日修行を成し遂げた経営指導者
井上高志―初めてなったリーダーが社長
入住壽彦―ゴールドマン・サックスから起業家に〔ほか〕

買い物代行:中山間地の生活支援 三セクが事業受託、鳥取・佐治で開始 /鳥取

雇用創造モデル的事業
公共交通の便が悪く高齢化も進む中山間地域の鳥取市佐治町で、買い物に出掛ける足がない高齢者らに代わり買い物を代行するサービスが14日、始まった。同市の「雇用創造のための先進的・モデル的事業」の一環で、来年3月までの実証事業。同市と地元企業などが出資した第三セクター「さじ弐拾壱(さじ21)」(同町加茂)が事業の受託先となり、中山間地域の生活支援に取り組む。

サービスはさじ21が利用者からの注文を電話やファクスで受け付け、小売店に発注。届いた商品を仕分け、利用者宅に直接届ける仕組み。実証期間中の配達は週2回で、配達料は無料。商品は地域の小売4商店と連携して、食料品や日用品など250種類を販売する。
 
また、さじ21は同町がケーブルテレビ(CATV)の加入率が高い点に注目。CATVを放送する「鳥取テレトピア」と連携し、月〜木曜の1日5回、商品紹介を約5分放送してもらう。CATVを活用した買い物代行サービスは市内では初の取り組みとなる。
 
この日は、事業開始を祝う式典が開かれ、商品を積んで出発する配達車を関係者らが見送った。さじ21の中島早夫社長は「事業の実現には地域の商店などいろいろな方の協力があった。ぜひ事業を成功させたい」と話した。
 
佐治町は過疎化・高齢化が進む中山間地域。市の経済戦略課などによると、▽運行するバスの本数が少なく公共交通の便が悪い▽地元商店が減少傾向にある−−などの理由で、自家用車を持たないお年寄りらが買い物に不便を訴えているという。同課は「買い物代行サービスで、買い物を不便に感じる人たちの問題を解消し、地域活性化などの効果も期待できる」と話している。

編集後記
山村の第三セクターの現状と特徴を明らかに。今後のあり方を考える。

山村の第三セクター

経営と関係ない親戚や知人、連帯保証人禁止へ

金融庁は14日、金融機関に対し、融資先の経営と関係のない親戚や知人らを連帯保証人とすることを原則禁止とする新たな指針を発表した。

弁済についても保証人らの生活状況などを考慮するよう求め、すでに融資された分についても慎重な対応を促す。

金融機関が、主に中小企業向け融資で、返済の確実性を高めるため、親戚や知人などを連帯保証人とするケースがあった。ただ、企業が倒産した場合などには、経営責任のない個人が多額の借金を背負うことになりかねないため、金融庁が監督指針などを改正した。

編集後記
弁護士に聞きたい!
本書は、弁護士が日ごろ保証人の方からよく受ける相談を中心として、保証人のトラブルについて法律的にはどのようになるか、どのように対処すればよいかを保証人の立場に立って解説したものです。

【送料無料】保証人のトラブルQ&A


マスタープランがなければ会社は成長しない!

会社にはマスタープランが必要です。「5年後に会社はこうなっている」という長期的な事業計画です。「プランが達成できるとか、できないとか」「正しいとか、間違っているとか」そんなことは関係なく、マスタープランがあること自体が大事です。

カジノで有名なアメリカ・ラスベガスの人口は、ほんの20数年前まで70万人程度でした(市内、周辺地域含む)。ところが、それから10年のうちに人口が150万人に達するという、世界でも類のない急成長を遂げます。いったい、それはなぜでしょうか。

もちろん、街が自然に急成長するはずはありません。この成長の陰にはネバダ州がつくった巧妙なマスタープランがあったのです。街を発展させるために、彼らが最初にやったのがたくさんのホテルを作ることです。ここまでは単純なやり方ですが、彼らがじつにうまかったのは「ホテルで利益をあげても、投資をすれば税は取らない」というルールをつくったことです。

そんなルールができれば、ホテルのオーナーや経営者は当然投資をします。税金で持っていかれるくらいなら、投資をして、さらなる利益を狙ったほうがいいに決まっているからです。

この話を聞いて、「そんなやり方では税収が増えず、ネバダ州は困るのではないか」と考える人は実に浅はかです。投資をする人が増えれば、雇用が生まれ、所得税収が増える。人口が増えれば、住宅が必要になり、固定資産税も増える。人が生活するにはさまざまな消費活動が伴うので、その他の産業も飛躍的に成長します。

ホテルの利益から得る税収に比べたら、比較にならないほど巨額のお金がネバダ州に入ってくる。こうしてラスベガスは一気に成長しました。すべてはネバダ州がつくったマスタープランから始まっていることは言うまでもありません。

編集後記
300社以上の会社が導入し実績をあげている、「株式会社武蔵野」の独特な経営計画書のつくり方がこの一冊でわかる!著者が行っているコンサルティング内容を、より具体的・実務的に落とし込んでまとめました。

【送料無料】経営計画は1冊の手帳にまとめなさい

1.数字、2.方針、3.スケジュール。この3つを決定し、1冊の社員手帳にまとめる。全社員の意識が変わる!儲かる会社に変わる。

三洋電機:再編に伴い、地元従業員の雇用安定へ 知事が対策本部設置方針 /鳥取

家電部門の再編に伴う従業員の大規模な配置転換が予定されている鳥取市の三洋電機コンシューマエレクトロニクス(三洋CE)について、平井伸治知事は14日の会見で、来月上旬までに雇用の安定に向けた対策本部を立ち上げる方針を明らかにした。
 
再編の動きについて、平井知事は「今回のパナソニックと三洋電機は、世界的な意味での企業再編。人がいろいろな拠点の間を動くことが想定される」との見解を示した上で、「地元としては従業員の雇用を守る必要がある」と指摘。

雇用創出の一案として「家電の技術者はすばらしいものがある。人数は少ないかもしれないが、そのような技術者を生かせる企業を誘致することもある」などと話した。

編集後記
人のためにこそコンクリ-トを
土木工学者の熱い思いが公共事業、土木、政治、交通、都市計画などをとりまく世論へ切り込む。著者による元・内閣総理大臣中曽根康弘さんへのインタビューやコラムも掲載。

【送料無料】正々堂々と「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ

公共事業のマクロ経済効果はなぜ論じられなくなったのか、「大衆の弄舌ろうぜつと庶民の沈黙」に甘んじていてよいのか。藤井氏は「デフレ経済の今こそ、正々堂々と『公共事業』の雇用創出効果を論ぜねばならない」と訴えます。

フットワークが軽い人は、仕事ができる人。

できる人は、軽いフットワークを兼ね備えています。
突発的な仕事にもいつでも対応できるように、軽いフットワークを意識している人です。

軽さには2種類あります。
物が少ないという意味での「物質的軽さ」と、ストレスや悩みが少ないという意味での「精神的軽さ」です。
フットワークが軽い人とは、この両方ともが軽い人を指しています。

中でも重荷を下ろしにくいのは、精神的な重荷です。
今の社会において、ストレスを避けて通るのは大変難しくなってきています。
ストレスのない人のほうがめずらしいです。
人間関係もややこしくなりがちになり、精神的に重くなっています。

私が留学していたときの話ですが、当時の私は軽いフットワークを必要としていました。
フットワークが重いせいでホームステイもできないし、日本にも帰ることも難しいくらいに物質的に重い状態になっていました。
軽いフットワークを実現させたいがために、ある日、もっている大量の物を思いきって処分しました。

売った物もあれば、捨てた物もあります。
中心となるものは、本です。
500冊以上の本が、突然部屋からなくなることはさすがに大きな変化でした。
部屋から物がなくなると、思った以上に動きやすくなりました。
引っ越しのときはいつも大量の本に悩まされていて、引っ越しがおっくうになっていました。
フットワークが鈍くなっている状態です。

日本に帰国するにしても、ホームステイをするにしても、物質的な重さはとにかくどうしようもありません。
小さくできても、重さは同じです。
軽くすることができないのです。
そういうわけで、思いきって処分しました。

次に、精神的に重荷になるような物も捨てました。
写真や手紙です。
手紙は、死ぬまで一生もつ必要はありません。
「手紙は死ぬまでもつものなのだ」と信じてしまうと、今度は自分がプレゼントや手紙を出せなくなります。

なぜなら自分のあげた手紙やプレゼントのせいで、相手は精神的に重くなってしまうからです。
「もしこの手紙捨てたら、どうなるかわかってるんでしょうね……」という脅迫をプレゼントしてしまっていることになってしまいます。
手紙を見て、受けとった瞬間はうれしいです。
しかしそのあとは、もう必要ありません。
くりかえす思い出がひとつ増えてしまって、相手にとっては精神的に重くなってしまいます。
手紙は長い目で見ると、本当は困ってしまうものなのです。

優しい人は「読み終わったら、捨ててもいいよ」と言ってくれます。
優しい人は、その手紙をずっと持っていると、相手が精神的な重荷になることを知っている人です。
私は手紙をあげるときには「手紙読んだら捨てていいよ」と言うようにしています。
相手に手紙に縛られてほしくないからです。

しかしたいていほとんどの人が冗談と受けとってしまいます。
相手は「何言ってるの。捨てるわけないでしょ」と言います。
本当に捨てなかったら大変です。
一生が持ち続け、生まれるであろう子ども、そして孫へと受け継がれていくでしょう。
家宝になってしまいます。
棺おけと一緒に入れるつもりなのでしょうか。
それでは化石になってしまいます。

捨てることができる勇気をもつことです。
これを理解できない人は、烈火のごとく怒ります。
しかし手紙の将来の行方を深く考えていくと、必ずそこへ行き着きます。
私が今まで受けとったプレゼントで1番うれしかったのは「理解」というプレゼントです。
私の23歳の誕生日に、友達がもってきてくれました。

「今日は何かプレゼントしようかと思ったけど、今、物いっぱい捨ててるでしょ。だから、物は欲しくないだろうなと思って、結局決まらなかった。ごめんね」と言いました。
びっくりしました。

つい反射的に「どうしてわかったの?」と聞いてしまいました。
私のことをあまりに理解していると感じ、超能力でも使っているのかと思いました。
そのひと言だけで、十分にうれしかったのです。
「この人は、私のことを、本当に「理解」してくれている」と思いました。
これが「理解」というプレゼントです。
「理解」は、お金では買えるものではありませんし、販売もしていません。
物ではないから重いというわけでもないし、精神的に重荷になるということもありません。
逆に、精神的に軽くなるプレゼントです。
これが、今までで1番うれしかったプレゼントでした。

編集後記
「松下電器は人をつくる会社である」「完璧主義では会社も人も成長しない」-松下幸之助の経営哲学、人づくりの秘訣をつかみとれ。できるビシネスマンをめざす人必読の、ひとまわり大きな自分に出会うための書。

【送料無料】松下幸之助の人の動かし方

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。