儲かることよりも損をしないことを考えなかった花の企画社の倒産

倒産速報です。大分県竹田市で「くじゅう花公園を運営していた花の企画社が倒産しました。自己破産を申請しています。負債総額は26億円です。

会社について
花の企画社は、ピーク年間60万人以上が訪れていた竹田市の「くじゅう花公園」を経営する会社でした。
「くじゅう花公園」は1993年開園、20ヘクタールにチューリップやラベンダーなどの植物園。2003年にはピークとなる60万人が訪れた。

倒産の経緯
その後は入場者数が伸び悩み、設備投資の借入金も嵩み経営悪化。06年には中小企業再生支援協議会に私的整理での再生を要請、京都市のマンション開発「ジェイ・エス・ビー」を再生支援スポンサーとして経営再建をめざしていたが、入場者数は不況もあり好転せず、JSBが支援継続を断念したことから今回の事態に陥った。
 「くじゅう花公園」は、既に元社員により設立された「花公園」に引き継がれているが、今後については新たにスポンサー探しをするとしている。

倒産から教えられること
経営を行っていると赤字になることもあります。しかしそのときに儲かることよりも損をしないことを考えることも大切になってきます。
「必勝」より「不敗」の構えで会社を存続させろ!
企業の長たるもの、倒産させる事はお取引先や社員だけでは無く、社員の家族も不幸にしてしまう事なので、よく倒し逃げして私腹を肥やす社長もおりますが、この一冊を読んでいて、当たり前の事を再確認する時間を持てたのが良かったですね!

何があっても倒産させない社長力

「社員の給料を保証することから始める」「会社を倒産させないことが最大の使命」を土台に、お金・商品・人のリスクマネジメントを大胆に分析・提言します。また、専門のマーケティングを駆使した考え方・ノウハウは、中小企業の社長にとって変化に対応するための有効な方策になります。



格安国内ツアー

親会社の倒産によって破産した合同会社マホガニー・デベロップメント

倒産速報です。東京都豊島区で不動産業を行っていた合同会社マホガニー・デベロップメント(代表者:小川聡)が倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は37億 円です。
会社について
3月10日に会社更生法を申し立てたパシフィックホールディングス(株)(千代田区、前田俊房管財人、旧東証1部)の関係会社で、不動産取得、保有、売買、賃貸および管理ほかの不動産事業を行っていた。

倒産の経緯
不動産購入資金をはじめ事業資金の大半を調達していたパシフィックホールディングスが3月10日、東京地裁に会社更生法を申し立てたことにより以後の事業運営が困難となり法的措置を執った。平成20年11月期末時点でパシフィックホールディングスの同社向け長期貸付金として36億4600万円計上されていた。
なお、破産申立時点においてパシフィックホールディングスとの資本関係はなかった。

結局社長の力不足を露呈している感じ。人間を見る目がなかったと回顧しているが全くその通り。
金食い虫を見て見ぬフリをしていたのは社長の責任。自分も社員としてその体質を変えようと頑張ったが時既に遅しだった事を思い出した。
リストラ組一人だが人生で底辺まで落ちたのはある意味いい経験になった。

なぜ会社は大きくすると潰れるのか

「行政不況」「行政倒産」に追い込まれるな。「会社破産」の教科書。

身の丈に合わない経営を行って信用を失い倒産した正華産業

倒産速報です。大阪府大阪市西区で化成品卸を行っていた正華産業梶i代表者:分島克)が倒産しました。事業を停止し、自己破産の申請を予定しています。負債総額は54億9,100万円です。

会社について
正華産業鰍ヘ、1971年(昭和46年)8月に設立の化成品商社。大阪市内で数度の移転を経て、2001年12月現所に本店を移転。2005年3月、京都市の化学薬品メーカー傘下(100%出資)となっていたが、2009年2月に分島代表が個人出資する資産管理会社が同社から株式を買収。無機・有機化学品の卸売、輸入化成品の販売を行う化成品卸売事業(31.6%)を中心に、ISK酸化チタンの韓国向け輸出代理店やゴム薬品・チーク間伐材などの輸出入を行う国際貿易事業(25.7%)ほかを手掛けていた。

また、東京・札幌に事業拠点を設け、長年の業歴の下、上場化学薬品商社や大手総合商社、農薬メーカー、製紙業者など安定した顧客基盤を有する一方、ISO14001認証やISO9001認証など国際規格も取得するなど社内体制も確立。加えて、2004年頃から積極的なM&Aにより、エクステリアなどのアルミ建造物の設計製作事業や農薬梱包材の企画販売事業など異業種に進出、さらに2008年4月からは飲食店向けの食材物流管理に参入するなど事業領域を拡大させ、2009年3月期には、ピーク時となる年売上高約133億5600万円を計上していた。

倒産の経緯
正華産業鰍ヘ、多業種にわたる事業展開で売上は急伸していたものの、M&A資金や設備投資資金などから金融債務が増加していたほか、新規事業の収益性も低調であったことから、2009年6月に社外から取締役を招聘(11月に辞任)し、財務内容改善に乗り出し、不採算事業の廃止・撤退や人員削減などのリストラに着手。そうした中、所有不動産に対する取引先の根抵当権設定仮登記や金融機関による仮差押のほか、債権譲渡登記が相次いで設定されたことから信用状況が大幅に低下。さらに、事業撤退による資金回収難などから資金繰りが急激に悪化、返済の延滞や仕入債務の支払遅延を発生していた。

倒産から教えられること
身の丈に合った経営でない場合に、信用を失うと全てを失ってしまうということでしょうね。7日間ですぐに人生は変わりませんが、本書で変わるきっかけが得られると思います。
お勧めは本書に付属されているCDです!
最初はちょっと怖かったけど、だんだん心地よくなります!

7日間で人生を変えよう

本書には読むだけで人生を変えられる暗示が隠されている!本書に付いているマインド・プログラミングCDを聴くと、みなさんの心はポジティブな暗示で満たされ、脳はその日に読む大切な情報を受け取る準備ができる。1日1章。たった7日間でみなさんは、何をやっても成功してしまうようにプログラムされた人たちの仲間入りをする。どんな試練にも、ひるまずに自信をもって立ちむかうことができるだろう。

返済猶予で銀行が一括返済求めれば業務改善命令

倒産速報 明日はわが身です。返済猶予で銀行が一括返済求めれば業務改善命令

亀井静香金融担当大臣は銀行が中小企業から返済猶予の申し出を受けて、申し出た中小企業に対して「一括返済」などを逆に求めるようなことがあれば「金融庁が出動し、直ちに(銀行に対し)業務改善命令まで行く」と、銀行側には、あくまで金融円滑化法案の趣旨に照らした対応をさせるとした。

これは閣議後の記者会見で示したもので、記者団から「金融円滑化法案のことなのですけれども、庶民といいますか、中小企業の方にしたら、この実効性がものすごく関心ごとで、一部新聞でも出ていますように、実際、銀行に猶予を言えば、逆に、一括返済させられたりとか逆効果もあるのではないかということで、戦々恐々という感じも一部であるように思うのですが」との問いに答えたもの。

亀井大臣は「そういうふざけた金融機関があれば、直ちに金融庁が出動いたします。そういうことをやれば、これは業務改善命令までいきますよ」ときっぱり答えた。

かなりよい本でした。事業を目指す方、企業内で事業戦略の仕事をしている方にはお勧めです。
著者の経験から、いろいろな業種における考え方がよくわかる本でした。

打つ手は無限

40年にわたり11万社にのぼる企業の経営指導に命を賭けてきた著者が贈る、自分を磨き、事業を大きくするための考え方物ごとのとらえ方。

「ワンストップ窓口」で相談=失業者支援で−全国77のハローワーク

倒産速報 明日はわが身です。「ワンストップ窓口」で相談=失業者支援で−全国77のハローワーク

政府は2009年11月30日、失業者が安心して生活できるようにするため、職業紹介に加え住宅問題などさまざまな相談業務を行う「ワンストップサービス」を17都道府県、77カ所のハローワークの窓口で開催する。今回は同日限りだが、今後は年末年始の実施や定期開催を目指すほか、自治体の協力を得て今回できなかった県でも実施したい考え。
 政府が10月に打ち出した緊急雇用対策で、失業による貧困・困窮者支援の柱として実施が決まった。菅直人副総理兼国家戦略担当相と原口一博総務相、福島瑞穂消費者・少子化担当相らが同日、都内のハローワークを視察する。
 ワンストップ窓口では職業紹介と住宅相談に加え、低所得世帯に生活費を貸し付ける生活福祉資金や生活保護の相談も実施。また、失業をきっかけとする自殺が多発しているため、保健所による「心の健康相談」なども行う。

強くしなやかな会社をつくり、日本経済を元気づけるために必要なこと。それは失敗に学び、新たな創造・挑戦に乗り出すことだ。優良企業としてのぼりつめながら倒産したベンチャー企業10社を「失敗学」で徹底的に分析。そこからはライブドアの失敗の本質も見えてくる。起業家のみならず、全ビジネスマン必読の失敗学実践書。

起業と倒産の失敗学

強くしなやかな会社をつくり、日本経済を元気づけるために必要なこと。それは失敗に学び、新たな創造・挑戦に乗り出すことだ。優良企業としてのぼりつめながら倒産したベンチャー企業10社を「失敗学」で徹底的に分析。そこからはライブドアの失敗の本質も見えてくる。起業家のみならず、全ビジネスマン必読の失敗学実践書。

【ヒットのからくり】ママの悩み解消簡単スタンプ シヤチハタ

倒産速報 明日はわが身です。【ヒットのからくり】ママの悩み解消簡単スタンプ シヤチハタ

「子どもの持ち物への名前書きは面倒。なんとかしたい」−。こんなママの悩みを解決する「おなまえスタンプ」を企画した。平仮名のゴム印をはめ込み、ぽんと押すだけで、紙、布、プラスチック、木など素材を選ばす名前書きが完了する。予想外の売れ行きで初年度は2カ月で完売、慌てて生産体制を見直した。「ありそうでなかった商品」を作ったことがヒットにつながった。

毎年約100万人の小学1年生が誕生する。親が名前書きをする道具は150点前後。「商品化できれば定番になる。名前書きペンで失敗した苦い経験があったが、スタンプならブランドイメージを活用できる」との読みもあった。

印字後アイロンで抑えるなどの後加工を不要にできたのは、社内に工業用特殊インキがあったから。クレヨンなど細い小物に押すため特別なカバーも設計した。名前書きペンなら120円程度。「スタンプだといくらまで出費してくれるか不安だったが、シリーズの中で最も高額の1449円のセットが一番売れたのはうれしい誤算だった」

開発中に娘が小学校に入学し名前書きの苦労を味わった。「スタンプは大文字だと最大8文字。当時の社長の長い名前は小文字しか使えなかったが、短い名が多い今どきの傾向を研究し尽くしていたので『問題ない』と押し切った」と笑う。

今後、日本が成長するのに必要なコンテンツや商品を具体的に紹介した良書。凄い時代になっていくなぁと思いつつ、日本の向かう先を明確に示しており、分かり易い。

日本は、このチャンスを生かせるのか?
シリコンバレーで数々の企業を成功させてきた実業家が初の著作で語る、日本の未来像。
繰り返される企業買収や日常化したリストラ。すでにマネーゲーム化しているアメリカ経済を、このまま後追いをしていては、日本も必ず行き詰まる。財務的なテクニックによる見せかけの景気回復に踊らされることなく、真に豊かな社会を作るためには、ほんとうは何が必要なのかを、いま考えなければ日本の未来はないだろう。本書に書かれている提案は、「机上の空論」でも「実現不可能なただの夢」でもない。すべて実行可能なプランである。これらの提案が実現すれば、日本は、先進国からも発展途上国からも、必要欠くべからざる名誉ある国になるだろう。私たちに必要なのは、まず一歩を踏み出すことだ。

21世紀の国富論

シリコンバレーで数々の企業を成功させてきた実業家が語る日本の未来。

“ドバイショック”東証暴落、終値301円安

倒産速報 明日はわが身です。“ドバイショック”東証暴落、終値301円安

27日の東京株式市場は、急激な円高進行に加えて、ドバイ首長国の政府系企業が債権者に債務返済延期を要請したことを嫌気して、自動車や電機などの輸出関連株のほか、ドバイと関係が深い建設、金融株なども大きく売り込まれた。

 日経平均株価は大幅続落し、前日終値比301円72銭安の9081円52銭でこの日の取引を終えた。終値ベースで9100円を下回るのは7月13日以来約4カ月半ぶり。

 前日の米国市場は感謝祭のため休場。欧州ではロンドン、フランクフルト市場が大幅下落した。

 続くこの日の東京市場は、取引開始前の外資系証券の売買注文が310万株の売り越し。為替市場で一時、1ドル=84円台に突入したことで、業績の悪化懸念が強まった自動車や電機などが売られた。

 さらに、ドバイと関係が深い業種も売り込まれた。大林組が一時、前日比50円安の261円と急落したほか、大成建設、清水建設、日揮なども大幅安となるなど、大手ゼネコン、プラント株が軒並み安となった。日本国内での公共事業の圧縮に伴い、大手ゼネコンなどは中東を中心に海外に活路を求める企業が多く、ドバイ発の金融不安が先行きに暗い影を落とした格好だ。

お金との付き合い方が読む前と後ではかなりかわりました。ためになったとおもいます。
人生における大切な言葉の宝庫。タイトルから連想される具体的なビジネスの話には触れていないが、人生における大切な心構えを教えてくれる。

ユダヤ人大富豪の教え(2)

ユダヤ人大富豪との出会いは、運命の序章にすぎなかった。「お金の奴隷になるのではなく、お金に導いてもらいなさい」。新たな出会いから始まる、愛と感動の物語。「お金の知性と感性を高める」「ビジネスをマスターする」「幸せなパートナーシップがお金を呼び込む」などなど、お金と幸せの知恵を学ぶレッスン。

プロの経営者になれなかった丸三書店の倒産

倒産速報です。愛媛県松山市で老舗書店経営を行っていた丸三書店(代表者:井門照雄)が倒産しました。再生法の申請をしています。負債総額は12億円です。本店以外は営業継続をしています。

会社と倒産の経緯について
丸三書店は1947年創業で、バブル期の90年代には9店舗を展開して約19億円を売り上げた。しかし、不況やネット販売の拡大などで、今年8月期の売上高は12億円にまで減少。4店舗に絞り、人件費などを切りつめてきたが、店舗拡大時などの負債の返済に行き詰まったという。

倒産から教えられること
インターネットの普及によって買い物の手段が大きく変化していますね。書店でも同じことが言えますし、他の商品と違ってアマゾンや楽天などの超大型書籍販売店がインターネットで活躍しているのでその影響は相当大きいでしょうね。書店に限らず、プロの経営者にならなければこれからは取り残される可能性が非常に高いでしょうね。

従業員100人以下の会社は、業績の98%が「社長」の戦略で決まる!相談企業1000社・倒産企業取材1600社に裏打ちされた「プロ★社長」になる方法とは!
経営は「人」なりというが、その「人」とは従業員のことではなく、「社長」その人のことである。
相談企業1000社・倒産企業取材1600社から明らかになったこの「原則」のなかで業績を伸ばすためには、社長の戦略実力を「上位3%」までに高める必要がある。そのためには2点。1「社長の役目」、2「役目のやり方」、この2つを明確にすることである。
本書では「プロ★社長」になるための6つのポイントを解説する!

社長なら是非読むべき。かくなる私も早速読みました。竹田先生いわく、戦略に新しいも古いも無い、最近の目新しいコンサルの目新しさ重視の小手先の戦術では無い「王道」がここにありって感じですね。

プロ・社長

建設業の不況の影響で倒産した潟Gスマックに教えられること

倒産速報です。群馬県高崎市で特殊車両製造を行っていた潟Gスマック(代表者:木阪修二)が倒産しました。事業を停止し、事後処理については弁護士に一任しています。負債総額は30億円です。

会社について
潟Gスマックは、昭和20年12月設立の特殊車輌製造業者。オーナー一族が旧須賀機械(株)を買収し平成6年に現商号へ変更。建築工事に使用される高所作業車の製造を手がけ、同分野では業界2番目のシェアを有し、建設機械大手への販路を確立していた。業績は平成19年8月期まで増収基調となり、同期売上高は83億円を計上。

倒産の経緯
平成20年8月期は不動産バブル崩壊の影響で経営環境が悪化した事で売上高は64億8,100万円内外と大幅減収に転じ、さらに特別損失の計上もあり最終利益は1億1,900万円内外の赤字。株主資本比率は3%台に低下、有利子負債は期末時点で56億9,214万円に達していた。平成21年8月期に入り業界環境はさらに悪化、受注減少が聞かれる中、社員40名内外のリストラに着手。稼働日数も今年2月から5月まで週休4日とし固定費削減に努めていた。さらに3月には前本社不動産を2億5,000万円内外で売却し借り入れ圧縮を図っていた。

倒産から教えられること
建設業界の不振が潟Gスマックにも影響したわけです。いまさら言っても仕方がないかも知れませんが、このピンチをチャンスに変換させる知恵を出すしか方法はありません。もう一度倒産ノンフィクションを読まれてみてはいかがでしょうか。会社倒産までのさまざまな出来事が書かれていて、自分の会社が倒産したら・・・考えさせられた。

社長失格

おれが書かなきゃ、だれが書く。注目のベンチャー企業は、なぜ倒産したのか。迫真の告白ノンフィクション。

景気の悪化と業界の不振で倒産したプレステック

倒産速報です。東京都文京区で印刷業を行っていたプレステック梶i代表者:河野忠一)が倒産しました。民事再生の手続開始を申立ています。負債総額は39億8,000万円です。

会社について
プレステック鰍ヘ平成8年1月、横浜市港北区で設立した印刷業者で、平成15年8月現在地に移転した。茨城県東茨城郡と愛知県豊橋市に支店と工場を、静岡市駿河区に営業所を配し広告や折り込みチラシ、ダイレクトメール、ポスター、パンフレット等の印刷を行っていた。特に加工代が割高とされるクーポンにミシン目を入れたチラシや、スクラッチ付きチラシの低価格提供を強みに平成20年3月期の年商は37億円を計上していた。

倒産の経緯
市況低迷、受注競争激化で平成21年3月期の年商は34億円にダウン。低価格受注により収益も低調に推移していたため、設備投資に伴う借り入れ負担が財務面を圧迫していた。

倒産から教えられること
景気の悪化によって、印刷物の受注が減少したことが最大の要因のようですが、パソコンやプリンターの普及によって印刷業界全体が苦境に陥っています。そこでランチェスターの法則を使ってもてはいかがでしょうか。
「ランチェスターの法則」。
何のことかな?という人は、購読お勧めです。
あなたが会社を作ったときには、力強い見方となることでしょう!
小さな会社の戦略と戦術が述べられていてGOOD!です。

小さな会社・儲けのルール

「将来、独立を考えるあなた&世の99%を占める中小企業の方へ」
書店の本や新聞や雑誌・テレビには、毎日様々な企業情報が流れています。しかし、その情報のほとんどは大企業のものですね。IBMがどうしたとか、ソニーがどうしたとか山ほど本がありますが、中小企業、特に従業員が100人以下の会社と、新聞や雑誌・本に載っている大企業のやり方は、商品の選定から営業方法、組織の作り方までまったく違います。つまり経営には強者=大企業のやり方と弱者=中小企業のやり方の2通りがあるのですが、ついつい普段、大企業の情報に囲まれているので、本来は弱者なのに、大手のマネをして失敗する会社が後を絶ちません。大企業にいた人がことごとく失敗するのも、この原則を知らないからです。



日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。