千葉県 2018年1〜12月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。千葉県 2018年1〜12月の倒産状況

千葉県で2018年1〜12月の倒産件数は256件で、前年比19件増。
負債総額は294億8600万円で、前年比31%増。

人件費を含めたコストアップ要因などで倒産件数は緩やかな増勢をたどる可能性があるとしている。
倒産件数を業種別にみると、サービス業が70件で最も多く、全体の27%を占めた。消費者の生活防衛意識の高さが中小零細企業の業績改善を妨げているという。2番目に多かったのは建設業で59件(23%)だった。
従業員数別では、倒産した企業の86%が10人未満だった。倒産に伴い失職した「従業員被害者数」は1184人で、前年から181人増加した。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。